TOP > > 肩こりも解消!5つの習慣を身につけて身体のゆがみを治そう!

肩こりも解消!5つの習慣を身につけて身体のゆがみを治そう!

一般的な肩こりは誰もが経験する症状の一つですが、大抵の人は気がつかない間に症状が治まっています。しかし、一年中肩こりを訴える方も多く、慢性的な症状となります。

このような方は「慢性的肩こり」と呼ばれ、「肩揉み」などのマッサージ療法では改善しきれないのが現状です。この様な慢性的な肩こりが発症する要因として、生活習慣も多く関連していることが判明しています。

中でも身体のゆがみが原因の肩こりはその代表と言えます。身体のゆがみを調整する5つのポイントで肩こりの解消を目指しましょう。

(ポイント1)身体のゆがみを確認する

自分の身体のゆがみを知ることがまず大切になります。肩こりを訴える大多数の方が、身体のバランスを崩しています。大きめの鏡に上半身を映した状態で両肩の高さを比較します。この場合、リラックスした状態で普通にまっすぐ立つことが重要です。両肩の高さの位置が違えば、低いほうに身体が傾いていることになります。

骨盤のゆがみを確認したい場合は、床の上で仰向けになりひざを抱えて両足の膝頭のずれを確認します。正常状態では膝頭は揃うのですが、骨盤にゆがみがある場合は膝頭の位置にずれが生じています。自分のゆがみを理解することは、解消時の確認にも必要です。簡単な方法で身体のゆがみが確認できますので、ぜひ実践して下さい。

(ポイント2)正しい座り方によってゆがみを改善

骨盤のゆがみを矯正するには正しい姿勢で座ることが効果的です。今ではあまりすることの少なくなった正座をイメージすると分かりやすいと思います。綺麗な姿勢とは横から見て、背骨(頚椎、胸椎、腰椎)がS字になっている状態を指します。

正座をしてみるとかかとがお尻の下に位置するため、必然的にお尻の位置が上になります。このお尻が持ち上がる姿勢が背骨を綺麗なS字ラインにしてくれるのです。

長時間椅子に腰掛ける場合は、お尻の下にクッションなどを敷いて、少し前傾になるように座るように心がけましょう。これで綺麗な姿勢で長時間の作業が可能になります。

(ポイント3)正しい歩き方でゆがみを改善

普段の歩き方がアンバランスな方は、身体のゆがみが生じやすいと考えられています。本来人間の身体は左右のバランスが取れているようになっており、左右のどちらかに重心がずれてしまった場合は普段のウォーキングだけで身体のゆがみが出てきます。

身体のゆがみを改善する歩き方はまず姿勢をととのえます。手を自然に大きく振って歩いて下さい。手の振りは前よりも後ろに意識した大きな振りをしながら歩きます。手を前後に大きく振って歩くことにより、自然にバランスの良い姿勢が作られてくるのです。

歩く時はかかとから着地し指先で蹴り上げる感覚で歩くと良いでしょう。前に歩くだけではなく、同じく手を振って後ろに歩くことも効果的です。

(ポイント4)ストレッチによるゆがみ改善

身体のゆがみを改善するためにストレッチは有効な方法です。肩こりに有効なストレッチを紹介します。

1.綺麗に正座をした状態から両膝立ちの姿勢を取ります。

2.次に両方の手のひらを上にした状態で、お腹の前で指と指を絡め合わせて組みます。

3.組んだ指を離さないように両手を両耳に沿わせながら真上に上げる。この時、肩甲骨を上に持ち上げるような感じで行う。

4.そのまま手のひら側を頭の後ろ(後頭部)下にあてる。身体が前屈みにならないように胸を張る。

5.手は後頭部につけた状態で肘を後ろに反らせる。肩甲骨を意識して行う。

6.胸を意識した姿勢でこのまま左右に肘を動かす。

このストレッチは肩から胸のゆがみを改善する効果が期待できます。胸を開いたり閉じたり、肩甲骨を開いたり閉じたりしますのでこわばった筋肉をほぐしてくれます。胸を張った姿勢で行って下さい。

(ポイント5)食生活の改善によるゆがみ改善

身体の健康を考える時、食生活はとても大切なファクターと言えます。身体のゆがみの改善にも重要で、カルシウムが不足して骨が弱い場合、弱い骨では重さを支えられなくなり、身体にゆがみを生じさせることがあります。

たんぱく質の少ない食生活では筋肉量が減ってしまい、体重を支えることが難しくなります。どちらのケースも骨盤などに負担がかかり、ゆがみの原因になってきます。ビタミン、ミネラル、カルシウム、たんぱく質などバランスの良い食生活を意識して強い骨や筋肉量を増やすことが重要です。

身体のゆがみは日常生活におけるその人の生活そのものであり、一瞬で直すことは大変難しいと思います。しかし、ゆがみの改善を意識した生活を送りることにより、少しづつ効果は現れることでしょう。そして、ゆがみが解消したことにより、辛い肩こりも自然に治るのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る