TOP > 捻挫

捻挫の処置と予防法

捻挫とは、転倒やスポーツ時などの強い力によって関節の可動範囲を超えてしまった時に生じる怪我です。関節であればどこにでも生じますが、特に多いのが足首、手首、指です。指の場合は突き指と呼ばれているものです。

・捻挫の仕組み
捻挫は関節と関節をつなげ、関節の動きをコントロールしている靭帯が無理な力により、伸びてしまったり、靭帯の繊維の一部が切れてしまったりするために起こる怪我です。

この靭帯の損傷が重度になり、複数の靭帯が断裂してしまうと靭帯損傷になります。靭帯損傷はスポーツ選手に多いですね。捻挫は靭帯の断裂までは至らない軽い靭帯の損傷ということになります。

対処方法

捻挫は軽症であることが多く、そのイメージからそのまま放置してしまいがちです。ひどい場合は後遺症も残ります。正しい対処方法を知り、ひどい場合は受診し、適切な治療を受けましょう。

・適切な治療で後遺症を防ぐ
応急処置の基本は「安静にする」「冷却する」「圧迫する」「高く上げる」の四つです。捻挫でもこの基本を適用します。捻挫程度であれば受診しない人も多いですが、痛みが強い、腫れているなどの症状があれば受診しましょう。

治療が適当だと後遺症が残りやすい?捻挫の適切な対処とは

・応急処置のポイント
冷やすだけでは不十分!?足首を捻挫した時の正しい対処法

・痛みを長引かせないために
一瞬の隙に起こる捻挫。長引かせない為には応急処置の「RICE」が必須

受診のポイント

捻挫の場合、ひと昔前ならレントゲンを撮って骨折がなければ捻挫という風に診断されていましたが、今はMRIや超音波で診断できます。

早期の正しい診断をするには超音波などの設備が整っている整形外科に行くといいでしょう。いざというときのために、設備が整った整形外科を探しておきましょう。

捻挫に限らず、設備が整っているということはあらゆる検査ができるので、チェックしておいて損はありません。

最近の「捻挫」診断は奥が深い話

・病院、整骨院の選び方
捻挫した時は、まず最初に整形外科を受診しましょう。レントゲンで骨折の有無を調べ、超音波などで靭帯の状態を見てもらうことで確実な診断を素早くできるので安心です。

病院では痛みを止めるなどの対症療法が主ですので、正しい判断をしてもらったあとは、整骨院などで治療を受けると早く治癒する可能性が高くなります。

同じ整骨院でも最近はスポーツ障害を専門にしているところもあります。そういうところに行くとスポーツなどによる捻挫などの症状に強いため心強いですね。

テーピングの方法を指導してくれたりもするのでおすすめです。また、スポーツ障害専門の整骨院がないという場合は、整骨院に直接問い合わせてみて、テーピングの指導をしてくれるかどうか聞いてみるといいでしょう。

整骨院でもお年寄りの不調に強いところとスポーツ障害を得意としているところなど多様です。整骨院の選び方で治癒の早さも変わってきます。

予防方法

・準備運動をしっかりと
スポーツや体を動かしたりする時は必ず準備運動をしましょう。急激に体を動かすと転倒などの原因になります。

しっかり筋肉をあたため、ほぐしてから体を動かすことで転倒や捻挫などの怪我を防ぐことができます。体を動かす前だけではなく、入浴後にストレッチをすることで、筋肉の疲労を癒し、しなやかな筋肉をキープできます。

毎日の生活にストレッチを取り入れるようにするとさらに効果的です。

・自分の足に合った靴選び
足に合っていない靴は転倒を招きます。転倒することで足の捻挫や、転倒したときに変な手のつき方をして手首の捻挫になったり、骨折したりとリスクが増えます。

特に子どもの靴はどうしてもすぐにサイズアウトしてしまうのでついつい大きめを買ったりしがちですが、転倒による怪我を防ぐためにもジャストサイズの靴を用意しましょう。特にスポーツで使う靴は重要です。走り回るスポーツの場合は気をつけましょう。

・テーピング
テーピングには怪我が起こりやすい場所を補強し、怪我を予防する目的があります。一度捻挫すると再発リスクが高くなります。特にスポーツをするときなどにテーピングをしておくと関節の動きが制限できるので万が一無理な力がかかっても捻挫になりにくくなります。

ただし、過度の期待は危険です。怪我をする可能性は低くなりますが、完全ではありません。万が一怪我しても軽度ですむようにするためのものです。

関節の動きをしっかり理解できていないと効果的なテーピングをするのは難しいので、最初は、かかりつけの整形外科や整骨院などで指導してもらうのが確実でしょう。

・サポーターを利用する
もしどうしても自分で患部を補強したい時はサポーターを利用するのがよいでしょう。手軽に補強できるのでおすすめです。捻挫用のサポーターもたくさん出ています。ある程度調整できるものもあるので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • 足首の捻挫を甘く見るな!専門家が教える処置RICEとテーピング法

    足の捻挫の痛みを長引かせないためには受傷後の適切な処置がなにより肝心です。効果的な冷却方法と100円グッズを利用した圧迫固定、予防のテーピング法など柔道整復師(ほねつぎ)の秘伝を解...

  • 足首の捻挫が治った後に見直して!意外と知られていないケアとは

    足首の捻挫をすると、しばらくの間、捻挫した側の足に体重をかけずに歩きます。左右の体重の掛け方がアンバランスになることで、全身に影響を及ぼします。でも、足の痛みがとれたら何もケアしな...


  • 治療が適当だと後遺症が残りやすい?捻挫の適切な対処とは

    日常生活やスポーツ時に起こりやすい怪我には捻挫(くじき)があります。軽症な場合も多いのですが適切な治療を施さなかった場合には後遺症が残ることも少なくありません。応急処置は?受診するべきか?後遺症を残さないためにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。 ...


  • 冷やすだけでは不十分!?足首を捻挫した時の正しい対処法

    捻挫をすると、冷やせばよいというイメージがあります。でも、冷やすだけでは不十分です。冷やす事は必要不可欠ですが、後々後遺症が出ないようにするためにも、しっかりとした対処法をとる必要があります。そこで今回は、足首を捻挫した時の正しい対処法をご紹介します。 ...


  • 一瞬の隙に起こる捻挫。長引かせない為には応急処置の「RICE」が必須

    ちょっとした動作で捻挫は起こります。そして意外と放って置いてしまいがち。しかし最初の見極めが肝心です。何年越しにもなる後遺症やくじき癖などで普段の生活に不便を抱えたくはないですね。その為にもっとも重要な最初にするべき処置「RICE」をマスターしましょう。 ...


  • 最近の「捻挫」診断は奥が深い話

    昔は、捻挫というとレントゲンを撮って骨に異常がなければシップと固定でした。今は、靭帯の損傷程度を確認してくれて、最悪ギブスの装着も。こうなると、完治まで月単位に。「捻挫した」というお子さんの言葉を聞いたら、整形外科で靭帯の様子を確認して貰いましょう。 ...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る