TOP > > どうしてもタバコがやめられない人が本数を減らさず害を防ぐ方法

どうしてもタバコがやめられない人が本数を減らさず害を防ぐ方法

健康のためにタバコをやめたいと思ってはいても、なかなかやめられない人は多いと思います。禁煙の誓いを立てても、しばらくすると依存症の症状が出てくるので、挫折するのです。どうしてもタバコがやめられない人が行うと良いタバコの害を減らす方法をご紹介します。

タバコが万病の元になる理由

タバコはあらゆる病気の元になりますが、その原因の1つは、タバコを吸うと活性酸素が大量に生じるということです。活性酸素は本来、強力な殺菌・消毒作用があり、外から侵入したり体内で発生した病気の原因となるウイルスや細菌などを攻撃して体を守ります。

しかし、その一方で、活性酸素が過剰になると、体の正常な細胞まで攻撃してしまい、その細胞を変質させることがあります。この細胞の異常な変質が、がんや病気の元になるのです。

また、タバコに含まれる有害物質を除去する時に、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用のある成分が大量に消費され、体全体へのビタミンCやEの供給が不足するため、病気にかかりやすい体質になるのです。

タバコの有害物質は根元ほど濃縮される

タバコに含まれる有害物質は様々ですが、タバコのパッケージに書かれてあるニコチンやタールの含有量は1本のタバコを先端から根元まで全部吸った場合の含有量です。

当然、1本のタバコをどこまで吸うかによって体内に入るニコチンやタールの量は変わるはずです。このとき実は、タバコをどこまで吸ったか、ということは、ニコチンやタールを吸い込む量と正比例しないのです。

例えば、タバコの先端から3分の2まで吸った場合、肺に吸い込まれるニコチンとタールの量は、全部吸った時に比べておよそ半分です。また、タバコの先端から半分のところまで吸った場合は4分の1に減ります。

これは、タバコに含まれるニコチンやタールが、タバコの根元に向かって移動して、濃縮されていくからです。タバコは根元に近い部分を吸うほど、濃縮されたニコチンやタールの煙を吸うことになるのです。

健康のためには、1本をどこまで吸うかが重要

どうしてもタバコをやめられない人がタバコを吸う時は、できるだけ根元まで吸わないようにして、すぐに消して捨ててしまうことです。

健康のことを考えるのであれば、けちけちせずに、せめて半分くらいのところで吸うのをやめるようにすると、その害は4分の1に減ることになります。逆に1本を根元の方までしっかりと吸っていると、半分でやめる人の4倍も濃縮された煙を吸うことになるのです。

また、一度吸い終わって、残った部分を再度吸う、いわゆる「シケモク」をすると、有毒物質が濃縮した部分だけを吸うことになるので、体にとっては最も悪いことになりますから、健康のことを考えるなら、やめるべきです。

タバコを吸う間隔も重要

タバコは、吸う間隔を長くするほど、病気にかからずに済むことが分かっています。吸う間隔とは、1本のタバコを吸ってから、次の1本を吸うまでの間の時間です。

立て続けに数本のタバコを吸うよりも、1本吸ったら数時間あけてから次のタバコを吸うようにすると、その間に肺の中に残っている有害物質を除去する時間が取れるというわけです。

チェーンスモーカーのように、一日中ずっとタバコを吸っているような人は最も危険です。休憩時間などタバコを吸う時間をしっかりと決めて、吸いたくなったら吸うという習慣は見直すことが必要です。

タバコが健康に良い理由は何一つありません。また、周りの人にも迷惑がかかります。禁煙を目指す意欲は大切ですが、健康を考えるのであれば、できる限りの工夫をして害が少なくなるようにして注意していただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る