TOP > > ダメージは肺だけじゃない!喫煙者が考えたいお口への悪影響と対策

ダメージは肺だけじゃない!喫煙者が考えたいお口への悪影響と対策

喫煙は肺以外にも悪影響を及ぼす

喫煙が健康に有害として禁煙がすすめられるようになって、煙草をやめた人は随分増えてきたようですね。煙草の煙に含まれる物質のうちおよそ200種類が有害な化学物質で、そのうちおよそ60種類以上に発がん性があるとされています。

そう聞くだけで喫煙するのが怖くなりませんか。喫煙が肺がんや気管支ぜんそくの原因になっていることはよく知られていますが、これらの物質を吸いこむことは循環器以外にも全身にさまざまな悪影響を与えています。

喫煙によって起こりやすい病気

喫煙によってリスクが高まるとされる病気には以下のようなものがあります。

がん、気管支ぜんそく、閉塞性肺疾患、高血圧、動脈硬化、心疾患、歯肉炎、歯周病

煙草に含まれるニコチンには中毒性もあります。喫煙者のほとんどはニコチンの依存症になっており、そのために喫煙がやめられない人も多いのです。

そして喫煙者以外に、受動喫煙(煙草から流れる煙を非喫煙者まで吸い込んでしまうこと)や妊婦の喫煙によって、有害物質の影響を受けやすい赤ちゃんや子どもの健康を害することも心配されます。

煙草を吸っている人のお口は

喫煙では、特に煙草の煙が直接触れる部位に炎症が起こりやすくなります。そのため、口腔内、喉、食道、呼吸器、胃に病気が起こりやすくなります。特に口の中は煙草の煙が最も触れる部位ですからヤニなどの成分がこびりついてくさい口臭を発しやすくなります。

歯にヤニが着色して黄ばんだり歯茎まで黒ずむことがあり美容上にも良くありません。味覚も鈍くなるので食べ物がおいしく感じられなくなることもあります。

また、発がん性物質によって喉頭がん、口腔・咽頭がん,舌がんのリスクが高まるとされています。歯周病の原因にもなります。特に歯周病のリスクを高めるとして海外では煙草のパッケージに喫煙が歯周病の原因であることを警告するケースもあるほど危険と考えられています。

実は怖い歯周病

歯周病というのは、歯茎が歯周病菌に感染することで炎症を起こし悪化すると歯を支えている骨が溶けて破壊されるために歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。

歯周病菌は歯垢の中で繁殖し、免疫力が低下していると症状が悪化しやすくなります。歯周病の原因は、歯垢、歯のかみ合わせ、ストレス、そして喫煙などがあげられます。歯を失う人の多くが歯周病によるものです。

また、歯と歯茎にダメージが起こるだけなく、歯周病菌によって全身に別の病気を引き起こすこともあるのです。その病気には心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気もあります。

歯周病菌は血管に動脈硬化を引き起こし血管に血栓を作らせます。血栓がはがれて心臓や脳の動脈に詰まると心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまうのです。歯を失うだけでなく命を失うことにも…そう考えると歯周病は実はとても怖い病気ですね。

喫煙でなぜ歯周病に?

喫煙すると非喫煙者と比べて歯周病のリスクは3倍に高まるとも言われています。なぜ喫煙で歯周病が起こるのでしょうか。以下のような現象が原因で喫煙によって歯周病を発症させ悪化させてしまうのです。

・煙草の化学物質が歯茎を刺激して炎症を起こす
・ニコチン・一酸化炭素によって血管が収縮し歯茎の血行が悪くなる
・ヤニがこびりつき、そこに歯周病菌が繁殖しやすくなる
・免疫力低下によって炎症を起こしやすくする
・喫煙によって出血が抑えられるため歯周病の症状を見落としてしまう

子どものお口にも影響が?

実は喫煙者が吸い込む煙よりも煙草から流れる煙のほうが有害物質が多く含まれた状態のため、受動喫煙者の健康被害は予想以上に大きいようです。

というのも、喫煙者は煙草のフィルターを通して有害成分が濾過された煙を吸っていますが、煙草から流れる煙はフィルターを通されていないからです。

そして赤ちゃんや子どもほど有害成分に対する感受性が強いので、受動喫煙してしまうとぜんそくや口腔のトラブルを引き起こしやすくなります。

お父さんが家庭で喫煙している場合、小さな子供の歯ぐきや歯に煙の成分が沈着して黄ばむケースも実際にあるほどですから、子どものいる家庭では特に注意が必要でしょう。

禁煙が一番

やはり健康のためには禁煙が一番でしょう。自分の意志で禁煙が難しい場合はニコチン依存が考えられるので禁煙外来で専門治療を受けることをおすすめします。

禁煙すれば歯周病のリスクはなくなり症状も改善されます。歯周病の治療は早めに開始するのが効果的です。歯や歯茎にこびりついたヤニは普通に歯磨きしても落ちません。口臭予防・歯の美白・歯周病予防のためにはヤニ落とし効果のある歯磨き粉を使いましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る