TOP > > やめたいけれどやめられない!禁煙治療ってどうなの?

やめたいけれどやめられない!禁煙治療ってどうなの?

今、世間の流れは禁煙に向かっています。飲食店では分煙、禁煙が進んでいます。タバコが体に良くないことはほとんどの方が知っていますが、わかっていても止められないという方も多いことでしょう。

タバコの害とは?

ガン

タバコの煙には多くの化学物質が含まれ、その中には発ガン物質も含まれます。タバコで肺ガンになりやすいというのはよく知られていますが、胃ガンや肝臓がんなど他の部位のガンのリスクも高まります。

COPD

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは咳や痰が続いたり、息切れして呼吸がしづらくなる病気です。COPD患者の10人中9人は喫煙歴があるとされます。治ることのない病気で徐々に悪化していきますが、禁煙することによりその進行を遅らせて、健康な人と同じ生活を送ることもできます。

動脈硬化

タバコを吸っていると悪玉コレステロールが血管の壁にたまり、血液が流れにくくなる動脈硬化になります。善玉コレステロールはタバコにより減ってしまいます。動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなります。

胃潰瘍

胃は、胃酸と胃壁を守る粘液のバランスで成り立っています。このバランスが崩れると胃潰瘍になります。タバコを吸うと胃酸の分泌が増え、胃壁を守る粘液の分泌は減ります。これにより胃潰瘍になりやすくなるのです。また、喫煙者は胃潰瘍の再発率も高くなっています。

赤ちゃんへの影響

赤ちゃんへの悪影響があることは常識になっていて、赤ちゃんのために禁煙をされる方も多いでしょう。喫煙していると赤ちゃんが低体重になったり、流産、早産の危険も出てきます。喫煙していると妊娠しにくくもなります。

母親が妊娠中にタバコを吸っていたり、生まれてから家庭の中で誰かが吸っていた場合、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクも高くなることがわかっています。ニコチンは母乳に移行するため、その母乳を飲んだ赤ちゃんはよく眠らなかったり、イライラするなどといった報告もあります。タバコの誤飲も大きな問題です。

この他にも糖尿病やうつ病などもタバコを吸うことでリスクが高まるとされます。

禁煙治療とは?

「絶対に止める!」と決心しても止められない。これは意志が弱いからではなく、ニコチン依存症のせいです。ニコチンには快感を生じる作用があるため、繰り返し吸いたくなり、止めようとするとイライラしたりなどの禁断症状が出てしまうのです。

健康保険で禁煙治療を受けるにはいくつかの条件があります。ニコチン依存のテストやこれまでの喫煙歴などをチェックし、最終的には医師の診断により保険の適用が決まります。どこの病院でも健康保険での禁煙治療が受けられるわけではないので、「禁煙外来」のある病院を受診してください。

もしこれらの条件を満たせなくても、自由診療で禁煙治療を受けることもできます。

治療の流れとしては、初回に今までの喫煙歴などから医師の診断を受けます。そして呼気中の一酸化炭素濃度の測定をしたりして薬を処方されます。薬の服用を続けて2週間後、4週間後、8週間後に受診し、一酸化炭素濃度の測定や医師のカウンセリングを受けます。そして12週間後の受診で治療終了になります。

禁煙治療にかかる費用は保険適用で自己負担3割の場合、12週間で2万円弱くらいです。自由診療でも6万円前後くらいで禁煙ができます。(これらの金額は治療内容、使用する薬などによっても変わってきますので、ひとつの目安にしてください。受診前に病院へ確認するとよいかもしれません。)

タバコ1箱400円として、1日1箱を12週間吸っていると33,600円になります。禁煙していなければ、これを永遠に払い続けていくことになります。そして自分や周囲の人の体にも影響を与えてしまいます。そう考えると、禁煙をしてしまった方が金銭面でも健康面でも良いのではないでしょうか。

自分ひとりの意思の力で禁煙を続けるのは大変です。お医者さんのアドバイスを受けながら、薬の力も借りて禁煙をしてもよいと思います。またネット上には禁煙を応援してくれるようなものもあります。ひとりでは難しくても、禁煙仲間を探して励ましあってやっていくのもよいでしょう。

禁煙のメリット

禁煙することでガンやCOPDなどのリスクが減ります。長年吸ってきた方でも、禁煙期間が延びるにつれてリスクはだんだん減ってきます。COPDにかかっても進行を遅らせることができます。胃潰瘍は再発率が低下します。

周囲の方への悪影響もなくなります。周りの方の健康への影響やタバコの臭いのことも考えてみてください。禁煙により体重が増えてしまう方も多いですが、それよりも健康面へのメリットの方が大きいです。

タバコを止めることで金銭面でのメリットも大きいです。将来のことを考えたら、この機会に禁煙を始めてみてもよいのではないでしょうか。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る