TOP > > 1度挫折した方も必見!禁煙を成功させやすくする5つのポイント

1度挫折した方も必見!禁煙を成功させやすくする5つのポイント

禁煙が難しい理由

現在、日本全体における喫煙率は徐々に減少傾向あります。タバコは様々な病気の原因となりますし、タバコの値上げを受け禁煙を決意する方は増えているようです。

ですがいざ禁煙を決意してもそれを成功させるのは簡単なことではありません。どうして禁煙がそんなに難しいことなのでしょうか。

タバコがやめられない原因はニコチン依存にあります。タバコに含まれるニコチンを取り入れることで、快感を感じる物質「ドパミン」が分泌されます。これがタバコをやめられなくなるメカニズムです。

禁煙に踏み切ると、このドパミンが分泌されなくなりイライラしたり集中力がなくなったりします。このイライラ、タバコを吸いたいという欲求が禁煙の最大の敵なのです。

1度禁煙に挑戦したけど途中で挫折した、という方は多いと思います。中には何度も禁煙に失敗している方もいるのではないでしょうか。そこで今回は過去に禁煙を諦めてしまった方も必見の「禁煙を成功させやすくする5つのポイント」を紹介していきます。

ポイント1.ガムや飴を持ち歩く

禁煙を始めて最初に感じるのは口寂しさだと思います。「何となく口寂しい。タバコを吸いたい」という理由で癖のように1本取り出して吸ってしまった、という経験はありませんでしたか?

そんな時はタバコの代わりとなるよなものを口にしましょう。お勧めなのはガムや飴。小さくて常に持ち歩きやすいですし、移動中や仕事の合間に気軽に口にすることができるからです。これで口寂しさを誤魔化してみましょう。

ポイント2.まずは3日だけ我慢するつもりで

禁煙を始めてまず最初に壁にぶち当たるのが3日目と言われています。3日目にタバコを吸いたいという欲求がピークに達し誘惑に負けてしまう方が多いのです。逆に言えばこの3日目を乗り切れば少しだけ楽になるとも言えます。最初から長期の目標を立てるのではなく「まずは3日」という意気込みで頑張ってみるのはいかがでしょうか。

3日目を乗り切れば「もう少しがんばってみようかな」という気持ちになれるはず。次に辛い時期は3週間後と言われていますが、あまり先のことは考えずとりあえず3日間を乗り切ってみましょう。1日1日を乗り切ることが大切です。

ポイント3.食事を楽しみにする

禁煙に成功した多くの方が言う言葉。それは「以前よりご飯が美味しく感じるようになった」ということです。味覚が敏感になる、元通りになるというのが大きな理由です。ですので禁煙中もご飯に楽しみを求めることでタバコを吸いたい欲求を軽くすることが可能です。

タバコ代がかからない分、少しだけ夕飯を豪華にする、自分へのご褒美として大好物のケーキを食べるなど食事や間食に「楽しみ」を見出すようにしましょう。禁煙期間中の辛さを、美味しい食事が少しだけ解消してくれるかもしれません。

ポイント4.禁煙外来に行く

禁煙外来とはその名の通りタバコをやめたい人の為に治療を行う場所。今まで禁煙は個人でするものというイメージが強かったと思いますが、現在は医師と一緒に禁煙に取り組むという方法もメジャーとなってきています。一定の条件を満たせば保険適用となるので費用的にも大きな負担を強いられる心配はありません。

禁煙外来では専門の医師がアドバイスや治療を行ってくれます。治療方法は主に飲み薬や貼り薬となります。1人では乗り越えられなかった壁も医師と2人なら乗り越えられる可能性が上がると思います。実際、自力で禁煙を行った場合より禁煙外来にかかったほうが禁煙率は数倍に上がるといわれています。

ポイント5.タバコ貯金をする

今までタバコに使っていたお金を貯金するという方法です。貯金箱を用意し、そこに毎日お金を入れていくという方法をお勧めします。通帳の中で確認するだけではあまり実感が沸きません。実際に貯まっていくお金が目に見える方法を取りましょう。

禁煙を勧めるうちにどんどんお金が貯まっていき、数ヵ月後には「こんなに?」と改めて実感するはずです。それで好きなものを買うのも良いですし、禁煙を応援してくれた家族に美味しいものを買ってあげるのも喜ばれると思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る