TOP > > 健康被害に配慮してタバコを楽しむ5つの喫煙方法

健康被害に配慮してタバコを楽しむ5つの喫煙方法

タバコが体に与える害

喫煙は体に良くないこと、様々な病気の危険因子と成り得ることはとても有名ですね。最近は街中でタバコを吸えるスペースも急激に少なくなり喫煙者は肩身の狭い思いをしている方が多いようです。そんな現状に加え禁煙治療にも保険が適用されるようになったこともあるのか、国内の喫煙者も徐々に減少傾向にあります。

それでもどうしてもタバコが止められないという方は多いのではないでしょうか。もちろん健康のことを考えるとタバコを完全に止めることが望ましいです。ですがどうしても吸いたい、止めるつもりはないという方の為に「健康被害に配慮してタバコを楽しむ5つの喫煙方法」を紹介します。

1.1日に吸う本数に留意する

あなたは1日に何本くらいのタバコを吸っていますか?もちろん吸った本数だけ体に影響があることはご存知かと思います。何本以内なら安全と言うことはないですが、できる限り今吸っている本数より減らすことを心がけてください。2箱吸う方は半分の1箱、1箱吸う方は1日10本まで…と少しずつ努力しましょう。

2.ダラダラと吸わない

休憩時間の度に喫煙所へ、暇さえあればすぐにタバコに火をつけてしまうという方も多いと思います。これでは自然と吸うタバコの本数が増えてしまいます。

1日のタバコを吸うシーンをある程度決めて(食後、3時の休憩中など)それ以外はなるべく我慢する心がけをしましょう。タバコをガムやキャンディーに変えるというのも有効な手段です。

3.家族の前では吸わない

自分の健康はともかく、家族の健康を考えれば少しは我慢できるという方は多いのではないでしょうか。特に可愛い我が子の健康を考えてみましょう。家でタバコを吸う場合はベランダに出たり換気扇の下で吸うようにし、家族がタバコの害にさらされないようにしてあげてください。

このような思いやりを持てれば自然と喫煙の回数も減らせるかもしれません。タバコを吸う度にいちいちベランダに出るのは面倒ですし、そんな時間があるなら子どもと遊んでいたほうが良いと思えるかも。もしかしたら喫煙へのチャンスとなるかもしれません。

4.野菜やフルーツを積極的に食べる

喫煙する女性には特にお勧めの情報です。タバコを吸うと体内のビタミンCが破壊されやすくなります。ビタミンCは体にも肌にもとても重要なもの。破壊されたビタミンCを少しでも補う為に野菜やフルーツを積極的に食べるようにしてください。

特に多くビタミンCが含まれるのはフルーツ類です。イチゴやグレープフルーツ、蜜柑等を日常的に食べることをお勧めします。サプリメントでも効果は期待できますがやはり生の果実を食べたほうが食物繊維も摂取できますしお勧めです。

5.スポーツを取り入れる

タバコを吸ってしまう理由として「暇だから」「イライラしたから」という理由を挙げる方がいます。時間を持て余したり嫌な事があるとついタバコに火をつけてしまう方が多いようです。それをカバーするのにお勧めなのがスポーツ。

スポーツジムに通ったりランニングをすると、心のモヤモヤもどこかに飛んで行ってしまい清清しい気もちになることが多いですよね。またスポーツの後すぐにタバコを吸いたいという気持ちにはあまりならないと思います。

スポーツの後に求めるのは冷たい水やスポーツドリンクですよね。そのような健康的な習慣がタバコの本数を減らしやがて禁煙と繋がるかもしれません。

やはり禁煙が一番

健康被害に配慮してタバコを楽しむ5つの喫煙方法を紹介してきました。ですが最初も述べたようにやはり禁煙することが一番望ましいことは変わりません。

今回紹介してきた方法は健康状態に配慮してタバコを吸うと同時に、少しずつ禁煙と向かえる可能性のある方法です。いきなり禁煙することは無理があるという方はまずこの方法をお試しください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る