TOP > > 睡眠時無呼吸症候群の疑問を徹底解決!5つのQ&A

睡眠時無呼吸症候群の疑問を徹底解決!5つのQ&A

睡眠時無呼吸症候群は、テレビなどのメディアでも度々特集が組まれるほど注目を集めている病気です。しかし、まだまだ睡眠時無呼吸症候群に関する疑問をお持ちの方も、たくさんいらっしゃいます。そこで今回は、睡眠時無呼吸症候群に関するよくある疑問を5つご紹介します!

Q:睡眠時無呼吸症候群で死ぬ事はある?

A:睡眠時無呼吸症候群で、死亡する事はありません。しかし、心疾患や成人病などを合併し、その病気が原因となり死に至るケースはあります。その為、合併症予防の為にも、なるべく早期発見して睡眠時無呼吸症候群の治療に取り掛かる事がお勧めです。

ですから、夜度々目が覚める人や、寝ているつもりでも翌朝疲れが取れていない人など、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方は、病院で検査を受けた方が安心です。

Q:睡眠時無呼吸症候群の治療は保険適用内?

A:一般的に行われている睡眠時無呼吸症候群の検査や治療等は、全て保険適用内です。その為、それほど高額な治療費を請求される心配はありません。治療費は、検査方法や治療内容によって異なります。

一応の目安としては、初診料が5,000円~10,000円程度。それ以降は月々5,000円前後の治療費である事が多いようです。ただあくまでも目安の費用となりますので、詳しくは各医療機関に問い合わせて下さい。

Q:検査は入院が必要?

A:睡眠時無呼吸症候群は、簡易検査の場合、入院の必要はありません。しかし、精密検査となると、入院が必要となる場合がほとんどです。ただ、夜の7時~朝の7時までの入院といった具合に、入院期間は非常に短くて済みます。

その為、朝起きてから、そのまま仕事や学校に向かう事ができます。仕事の休みが取れず忙しい方は、ドクターと相談して、無理なく検査を受けて下さい。

Q:検査や治療は痛みを伴う?

A:睡眠時無呼吸症候群の検査において、苦痛を伴う事はありません。また、治療も専用の機械を使用したりマウスピースを着用したりといった、痛みのないものが中心となります。ただ、睡眠時無呼吸症候群の症状によっては、外科手術が必要となる事もあります。

手術で気道を広げる治療を受ける場合は、リスクや苦痛も多少は発生します。手術を伴う治療を受ける際には、ドクターから事前にリスクなどの話も聞いておきましょう。

Q:睡眠時無呼吸症候群は遺伝する?

A:睡眠時無呼吸症候群が遺伝する事はありません。睡眠時無呼吸症候群の原因は、肥満、顎の形、年齢などが関係していますが、遺伝に関する報告はなされていませんので、ご安心ください。

ただ、家族全員あごが小さいといった場合は、遺伝ではありませんが全員睡眠時無呼吸症候群にかかる恐れもあります。顎が小さい方は、どうしても気道が狭い傾向にある為、睡眠時無呼吸症候群にかかりやすいのです。

以上が睡眠時無呼吸症候群に関する5つのQ&Aです。睡眠時無呼吸症候群の疑問が生じた際には、ぜひ参考になさって下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る