TOP > > 15分の昼寝で体と頭のだるさを吹き飛ばせる!良い昼寝の取りかた

15分の昼寝で体と頭のだるさを吹き飛ばせる!良い昼寝の取りかた

食事をすると血液が胃に下がるので、眠くなるのは仕方のないこと…とはいえ、午後の仕事や授業に支障をきたすほどの眠気が襲って来るとさすがに困ってしまいますね。立ち上がってみたり、濃いコーヒーを飲んでみたり、それぞれに工夫をしているようですが、なかなかスッキリと眠気を取るのは難しいようです。

そんな強い午後の眠気ですが、実は「昼寝」で解消出来ると知っていましたか?それも、たった15分の軽い睡眠で充分なのです。なぜそんなに短い時間でスッキリするのでしょう。

昼寝のもたらす効果とは

昼寝と言えば子供がするもの、という人もいるかもしれませんが、実はこの昼寝にはとても良い効果があるのです。子供にはもちろん成長のために必要なものですが、一日中フル回転で働いている大人にこそ実感して欲しい効果があります。

朝から午前中いっぱい働いた脳には情報がいっぱいです。そこへ昼食の時間が来て食事を取れば、疲れもあわせて眠くなるのは自然のことです。ここで睡魔を我慢すると、疲れが解消されずに、脳からは「休みたいサイン」が出され続けることになります。

ここで15分の昼寝をすることで、脳を休ませ、午前中にたまった情報を処理すると、明らかに午後の活動が楽になります。損なわれた集中力も取り戻せますし、高校生くらいの年齢では成績や試験の結果にはっきりと差が出ているという報告もあるほどです。

なぜ15分なのか

人は眠り始めて10~15分ほどの間に、「レム睡眠」という浅く眠る時間があります。そこから「ノンレム睡眠」と呼ばれる60~90分ほどの深い眠りが訪れ、また「レム睡眠」に戻り、「ノンレム睡眠」に入る…という波があります。

この「レム睡眠」を上手に活用出来るのが15分の昼寝というわけです。ノンレム睡眠に入ってしまうと、むしろ身体がリラックスしすぎますので、途中で起きようにも脳が目覚めるのに時間がかかってしまい、無理に起きるとぼーっとした状態になってしまいます。その手前で目覚めることでスッキリ感を得られるのですね。

上手に眠り、上手に起きるコツ

とはいえ、昼休みに眠ってしまって、寝過ごしたりしたら大変ですから、携帯などを使ってアラームをかけておくことも忘れないようにしましょう。そして、意外かもしれませんが、横にならないことがコツのひとつめです。

横になってしまうと身体がリラックスしすぎて本格的に眠ろうとするので、あくまで仮眠であることを身体に理解させるためにも、軽く机に突っ伏すような感じで目を閉じるのが理想的です。

そして、もうひとつのコツは、眠る前にカフェインを取っておくこと。コーヒー1杯で充分に効果があります。休んでいる15分のあいだにカフェインが消化され、目覚めの手伝いをしてくれるのです。

イタリアの人などはシエスタといってしっかりと昼寝を取るようです。日本は夏の湿度が非常に高く体への負担が大きいのに、なぜ昼寝をしないのかと他国の人達から不思議がられることがありますが、社会的に休めない作りになってしまっている以上、なかなか抵抗するのは難しいですよね。

せめて午後からの行動の質を上げるためにも、この15分の短い昼寝を試してみてはいかがでしょうか。多少個人差はありますから、30分寝た方が楽だったという人もいるようですが、それでもかなり頭がスッキリするのを体感して頂けると思います。

この昼寝が習慣づくと、夜の睡眠の質も上がるという報告もありますから、試すだけの価値は大いにありますよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る