TOP > > 睡眠障害にはパターンがある!あなたの眠り症状チェック方法

睡眠障害にはパターンがある!あなたの眠り症状チェック方法

近頃、よく眠れていますか?寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、朝方早くに目が覚める…そんな悩みを抱えていませんか?睡眠について何かしら問題がある状態のことを「睡眠障害」と呼びますが、この睡眠障害には様々なタイプがあります。

そして、心療内科あるいは内科などに行き、処方してもらう薬にも、様々な効果があります。あなたの睡眠障害に、その薬は合っているでしょうか?睡眠障害の改善のためにも、まずは自身の睡眠障害のタイプをしっかり把握しましょう。

複数のタイプが共存している場合もありますから、ご自身の睡眠の状態をしっかり思い出して、考えてみてくださいね。

なかなか寝付けない!入眠障害タイプ

夜、寝る時間になってベッドへ入っても、なかなか眠れない。何度も寝がえりをうったり、羊を数えたり…。そんなこんなしているうちにもう明け方。そんなあなたは寝つきの悪い「入眠障害タイプ」です。ベッドに入ってから1時間程度たっても眠れない方は、このタイプに当てはまると考えてよいでしょう。

起きたら真夜中!中途覚醒タイプ

入眠について問題はないのに、夜中・明け方に何度も目が覚めてしまう。目が覚めて朝だと思ったらまだ夜中の3時!そんな経験ありませんか?このように夜中・明け方に目が覚めてしまうあなたは「中途覚醒タイプ」です。年齢を重ねるにつれ、眠りというものは浅くなっていきますので、高齢の方に多い睡眠障害であると考えられています。

まだ眠っていたいのに起きてしまう!早朝覚醒タイプ

目覚まし時計を6時にセットして、いざ眠ると、自然と目が覚める。時計を見るとまだ4時…。そんなことが頻繁に起こるあなたは「早朝覚醒タイプ」です。早朝覚醒タイプの特徴は、「自分が起きたい時間よりも数時間早く目が覚めてしまう」ということです。

この睡眠障害も、体内リズムが前倒しになりやすい高齢の方に多く見られます。「おじいちゃん、おばあちゃんは朝早い」というのは、この早朝覚醒タイプの睡眠障害からきているのかもしれませんね。

たくさん寝たのに、熟睡感がない!熟眠障害タイプ

夜の10時にベッドに入って7時に起きる。合計9時間も眠れているし、途中で目が覚めることもない。だけどなんだか熟睡した感じがなくて、昼間ひどく眠たくなったり体が重くなったりする…。そんなあなたは「熟眠障害タイプ」です。

この睡眠障害は他の睡眠障害より少し厄介です。なぜなら、他の病気が隠れているかもしれないからです。熟眠障害タイプの方に多く見られるのが、むずむず脚症候群や、睡眠時無呼吸症候群を併発しているパターンです。

熟眠障害タイプに当てはまる方は、自覚症状があまりないので注意が必要です。しっかり眠れているつもりなのに、昼間に眠たくなったり調子がおかしいと感じた時は、早めに心療内科や睡眠外来を受診されることをお勧めします。

いろんなタイプの睡眠障害には、いろんなタイプのお薬を!

上の4つの睡眠障害に、どれかひとつでも当てはまったあなたは要注意です。睡眠は、人間にとって必要不可欠なものであり、それが阻害されることで体に異常をきたします。まずは心療内科・精神科などを受診し、お医者さんに相談しましょう。

この時に、上の4つのタイプを知っていれば、お医者さんも的確なお薬を出しやすいのです。なぜなら、睡眠薬・睡眠導入剤にも、いろいろなタイプがあるからです。睡眠薬には、超短期間作用型、中期間作用型、長期間作用型などがあります。

例えば、入眠障害タイプの人に長期間作用型の睡眠薬を処方しても、翌日眠気を引きずってしまうだけで、あまり効果的とは言えません。入眠障害タイプの人には、超短期間作用型などの睡眠薬が効果的です。眠りに入るその瞬間を、手助けしてくれればそれでいいからです。

このように、睡眠障害のタイプによって、お薬の処方が変わってくることが、お分かり頂けたと思います。人は人生の3分の1を眠って過ごすとも言われています。まずはご自身の眠りを振り返り、上記の様な異常を感じた時には早めにお医者さんに相談してみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る