TOP > > 歯ぎしりが睡眠を邪魔する?質のいい睡眠をとるための歯ぎしり対策

歯ぎしりが睡眠を邪魔する?質のいい睡眠をとるための歯ぎしり対策

寝ている間のことは自分ではわからないものです。いびきや歯ぎしりというのは寝ている間に起こることですが、人から指摘されないと気づかないままということもあります。

また歯ぎしりは寝ている間に歯をこすり合わせ、キリキリと音を立てる行為だけを指しているように思われていますが、実はグっと強く歯を噛み締めたり、歯をカチカチとぶつけるように噛むのも歯ぎしりの一種なのです。

歯ぎしりをするのはストレスが原因だと言われていますが、その一方で軽い歯ぎしりをすることでストレス解消になるという説もあります。

毎日のように歯ぎしりをしている場合は、顎や歯以外にも睡眠の質を妨げたりと健康にも様々な影響を与えることもあります。

歯ぎしりのセルフチェック

寝ている間に歯ぎしりをしても自分ではわかりません。一度でも家族に歯ぎしりをしていたと言われた場合は、思い当たることがないかチェックしてみましょう。

  • 朝、目が覚めたとき顎や歯に痛みがある
  • 硬いスルメのようなものを長時間噛んだ時のような顎の疲れがある
  • 歯の噛み合わせ部分が磨り減っている
  • 知らない間に歯の一部が欠けていた

このような症状がある場合は、寝ている間に歯ぎしりをしている可能性があります。

また起きている時でも、何か嫌なことがあったりストレスを感じた時に、無意識に歯を強く噛みしめてしまう場合も歯ぎしりになるので注意しましょう。

歯ぎしりの原因の多くはストレスによるものだと言われていますが、お酒やタバコも歯ぎしりの原因になると言われています。お酒やタバコが多い人も注意しておくといいかもしれませんね。

歯ぎしりが睡眠に与える影響

人は睡眠をとることで疲労回復をし、気持ちを落ち着かせ翌日に備えます。しかし寝ている間に歯ぎしりをしていると、眠っていても実際は顎を酷使しているので完全に疲労回復になっていません。

また歯ぎしりをすることで睡眠時無呼吸症候群になりやすいとも言われているので、ここも注意しておきたい理由のひとつです。寝ているのに睡眠の質が低下してしまうので、いずれ健康面でも影響が出てしまいます。

歯ぎしりの対処法

少しでも自覚があったり家族に指摘された場合は、早めに対処することも大切です。対処法としては歯科医院に行って診察をしてもらえばすぐにわかります。

歯ぎしりで歯がすり減ると、知覚過敏や元々ある虫歯や歯周病を悪化させることもあります。この場合は適切な処置も行いますが、予防策としてマウスピースを作ってもらうことも出来ます。

マウスピースをすることで、歯ぎしりをしても自分の歯が直接擦れることがなくなりますし、自分の歯型を取りそれに合わせて作ってもらえるので、ピッタリフィットします。正常な噛み合わせでフィットしているので歯ぎしりをしようと思っても顎をスライドさせにくいので歯ぎしりが出来なくなります。

ただしマウスピースをしたまま眠るのは、慣れるまでに時間がかかることもあるので、日中もつけるようにして早めに慣れていきましょう。どうしても歯科医院に行く時間がない人は、ドラッグストアなどでも市販されているマウスピースがあるので、それでも代用できます。

また眠りの質を高めるためには、寝具の見直しもしてみましょう。これには少し費用もかかりますが、枕やマットが自分に合っていないと眠りも浅くなります。これもストレスになるので歯ぎしりをひどくすることもあります。特に枕は自分に合ったものを使いましょう。

理想としては仰向けに寝た時、きをつけの姿勢でまっすぐ立っているのと同じ姿勢になれる状態です。枕が低すぎても高すぎても不自然な姿勢になりますし、枕に頭と首の付け根まで乗せた時、少しでも違和感があると枕が合っていないということになります。

今は高さの調節が出来る枕などもあるので、そういうものを取り入れるのもいいですね。枕が替わるだけでもかなり睡眠の質は変わりますし、体にかかるストレスも軽減されます。リラックスできれば深い眠りが可能になるので、歯ぎしりも徐々に減っていきます。

枕とマウスピースを両方取り入れることも効果的ですね。しっかりと眠れると朝の目覚めも変わったと実感できるはずです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る