TOP > > 休前日に試したい!にんにくを使った安眠健康法

休前日に試したい!にんにくを使った安眠健康法

あなたは、「眠りたいのにぐっすり眠れない」という悩みを抱えていませんか?もしそんな眠りに対する悩みがあるのなら、休前日の夜にちょっとしたノウハウを試してみましょう。

もちろん、「休前日の夜に睡眠改善薬を飲む」などといった、薬に頼ったノウハウではありません。「にんにく」を使った画期的なノウハウです!実はにんにくには強力な安眠作用があるのですが、にんにく特有のニオイが気になってしまうのが最大の弱点。

しかし、休前日の夜であれば、翌日に仕事に行く」などということもありませんから、にんにくのニオイを気にせずに、安眠ノウハウを試してみることができるのです。前置きはこのくらいにして、にんにくをどうやって安眠に役立てるのかをご説明しましょう!

にんにくの安眠作用とは?

さて、そもそも「にんにくに安眠作用がある」ということそのものを知らない人が多いと思いますので、まずはこの点から説明していきましょう。

にんにくには、「アリシン」という物質が豊富に含まれているのですが、このアリシンは殺菌・抗菌作用があるだけでなく、体内でアリチアミンという物質に変化し、ビタミンB1と同様の働きをしてくれるのです。

ビタミンB1は、精神安定のためにとても役立つビタミン。副交感神経を優位にして心身をリラックスさせ、安眠へと導いてくれる作用を持っています。

ですが普通のビタミンB1は体内での消化率が低く、せっかくの効果をあまり活かせないという欠点も持っています。これに対してアリシンは吸収率が高く、しかも血液中に長くとどまっていられるため、「精神安定ビタミンが長く体内に存在する」というのと同じ状態になるのです。

ちなみにこのアリシンは、「にんにくのニオイ」の原因となっている物質なので、にんにくを食べなくても、ただニオイをかぎ続けるだけで、アリシンによる安眠作用を得ることができるのです。

つまり・・・「枕元に、皮をむいて半分に切り、しっかりとニオイが出る状態になったにんにくを置いておく」というだけでも、かなりの安眠作用が得られるというわけなんですよ。「にんにくの香りの安眠枕」なんてピンと来ないかもしれませんが、一度は試してみる価値がありますよ。

にんにく風呂もおすすめ!

にんにくの香りを吸って心身をリラックスさせ、安眠実現に繋げる方法としては、「にんにく風呂に入る」という手もあります。適度に潰したにんにくを6片ほどガーゼに包んで湯船に入れ、湯気を通じてにんにくの香りを胸いっぱい吸い込みましょう。

もちろん、湯船に浸かっている間に、ガーゼに包まれたにんにくの香りを直接かぐ、というのもOKです。

にんにくはどのくらいまで食べてOK?

「にんにくに含まれるアリシンの安眠作用を生かすために、にんにくを食べる」というのも、もちろんおすすめの方法です。ですが・・・いくら安眠したいからといって、大量ににんにくを食べるのは禁物ですよ。

なぜかというと、にんにくは殺菌や抗菌作用にすぐれている反面、消化される際に内臓にかける負担が大きいという欠点も持っているのです。にんにくの食べすぎは胃腸や肝臓を荒らしてしまう可能性もありますので、食べるにしても、半玉程度までにしておくことをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る