TOP > > 良質な眠りで老化を防止 今日からできる眠りの質を上げる方法

良質な眠りで老化を防止 今日からできる眠りの質を上げる方法

あなたは毎日ぐっすりと眠れていますか?日本人の5人に1人は不眠症であると言われています。

仕事や人間関係のことが気になって寝付けなかったり、身体の不調で夜中に何度も目が覚めてしまったり、眠れない原因は人それぞれありますが、浅い眠りが続くと人は老化の道を辿ることに繋がります。逆に質の高い睡眠は心身ともに若々しく、輝いていられるものです。

不眠が引き起こす体調不良

浅い眠りは日常生活をする上で様々な弊害をもたらします。慢性疲労や動機、息切れ、頭痛やめまいを感じたり、胃腸の調子が良くない、肩こりや腰痛に悩まされ、さらには体重が減少してしまう。

一つや二つぐらいは経験したことがある人もいることでしょう。こんな状態が続けば精神的にもイライラしやすくなり、ネガティブな状態に陥る負の連鎖の始まりです。そうなる前に是非とも快眠習慣を取り戻したいですよね。

毎日の眠りの質を高めることは気持ちと工夫次第で可能です。お医者さんに通わなくてはならないほど不眠が重症化する前に、今夜からできる安眠のヒントをご紹介します。

軽い運動を意識する

肉体が疲れると眠くなるのが人間のカラダ。エレベータではなく階段を使う、歩く距離を増やしてみる、電車では座らないようにするなどいつもの日常生活に少しの運動をプラスしてみてください。

夕方に完熟フルーツを食べる

小腹が減る夕方の時間帯に完熟した酸味の少ないフルーツを食べましょう。イライラを鎮めてくれる効果や、ゆったりとして心を落ち着かせてくれる作用があると同時に、夕食の食べ過ぎを防ぎ、寝ている間の胃腸の負担を軽減してくれるので睡眠の質を上げてくれます。

ただし必ず単独で、常温のもの食べてください。ドライフルーツでも代用できます。

自然の音を聴く

聴覚は神経系と直結しています。聴覚を使って自然の音を聞くことで不安や緊張を和らげ、不眠を軽減することに繋がります。近所に散歩に出かけて外の虫の音や鳥の声に耳を傾けてみましょう。

寝る2時間前にはパソコンやテレビを消す

パソコンやテレビから発せられている光は刺激が強く脳が休まりません。またパソコンでいつでも情報を取り出すことのできる現代では、生活のリズムが崩れがちです。安眠を得るためには生活のリズムを整えて、夜はゆったりとリラックスすることが大切です。

就寝前にホットミルクを飲む

夕食後のお腹が落ち着いた状態で、眠る前の30分前くらいに飲みましょう。心が落ち着き、よく眠れるようになります。これらのことは安眠だけでなく、日々のストレスをほんの少し緩和してくれることにも繋がります。心地よい眠りを手に入れてハツラツとした毎日を手に入れてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る