TOP > > 本来夢は忘れるもの!なら何故「悪夢」は覚えている事が多いのか?

本来夢は忘れるもの!なら何故「悪夢」は覚えている事が多いのか?

「貴方は昨日、夢をみましたか?」と聞かれた時、ほとんどの人は「見ていない」と答えると思います。でも、実は「夢」を見ていたとしても、記憶が残らない為に「見ていない」と感じてしまう事がとても多いのです。

夢の記憶

ほとんどの人は、ほぼ毎日の様に「夢」をみているはずなのです。が、記憶には残っていません。これは脳が、「夢」を長期に記憶するシステムを持たないからなのです。たとえ目覚めたときは覚えていたとしても、すぐに忘れてしまうように出来ているからなのです。

「夢」の存在理由には、様々な説がありますが、有名な説として「起きていた時の情報を整理している」というのがあります。情報が整理されたのなら、確かにその過程を記憶しておく必要はありませんよね。

ですから、「夢」を見た記憶がない。覚えていない。ということは、キチンと情報が整理されたということで、「睡眠」として考えた場合とてもBESTな状態といっていいと思います。

つまり、「夢」は起床時に消去されてしまう事が正常な事なのです。ところが、実際には「夢」を断片的にでも記憶している事があります。

「夢」の途中で目が覚めてしまった場合など、まだ記憶している部分があると、その記憶を思い返すことで新たな記憶として脳にインプットされてしまいます。つまり「覚醒時の記憶」として「夢の記憶」を覚えている事になるのです。特に「悪夢」と感じられる「夢」の記憶は、残りやすいように思います。

「悪夢」の記憶

「悪夢」だけは、やたら覚えている。なんていう人は、「夢を覚えている」というよりは、その「夢」を思い返すことで「覚醒時の記憶」として上書きしてしまった為に、しっかりとした記憶になってしまっているのではないかと思われます。

体調の悪い時や熱がある時、どこかに痛みがある時ほど「悪夢」と言われる不快な「夢」を見やすくなります。「夢」は蓄積された記憶から形成されています。それプラス寝ている状態の環境も影響します。特に外的刺激には敏感に反応するようです。大きな物音や痛みなどが「悪夢」へと誘う要因に成りかねません。

いずれにしても、本来なら起床時には「夢」の記憶は全て消去されるはずなのですが、恐怖を感じる「夢」であればある程、人は反復して思い出してしまいがちです。結果、「夢の記憶」というより「こんな夢を見てしまった」という記憶に変換されてしまい、いつまでも記憶に残ってしまうのです。

「繰り返し思い出すから」 これが「悪夢」をいつまでも記憶してしまう最大の原因だったのです。自分の見た「悪夢」を人に聞かせてしまう事は、自分の記憶をより顕著な物にしている事になるのです。「悪夢」を見たら、原因など考えずに「忘れる」事が一番良い方法です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る