TOP > > 寝苦しい夏にこそ質のいい睡眠を!夏に実践したい睡眠対策

寝苦しい夏にこそ質のいい睡眠を!夏に実践したい睡眠対策

地球温暖化の影響もあって、数十年前に比べて明らかに地球全体の気温が上昇しているように思えます。

その証拠に毎年のように、最高気温の記録が更新されています。オリンピックでの新記録は喜ばしいことですが、夏の暑さが更新されるのは正直あまり気持ちのいいものではありませんね。

郊外でも盆地になっていると、夜になっても気温が下がらず熱帯夜となることも増えています。こういう日は決まって寝苦しい夜を過ごすことになります。

こういう場合はクーラーや扇風機をつけっぱなしで寝ることもできますが、体を冷やすと体調不良など、別なところに問題が出てしまいます。かといって暑さで眠れず、寝不足になるとこれもまた問題ですね。

郊外でもこうなのですから、ヒートアイランド現象が起こる都心では毎日のように熱帯夜が続くこともあります。

夏におすすめの睡眠対策

熱帯夜にはやせ我慢をすると、夜寝ている間に熱中症を起こすこともあります。これを防ぐために、ほとんどの家庭でクーラーをつけたまま寝るので、室外機から出る熱風がさらにヒートアイランド現象を加速させてしまいます。

こればかりはどうすることもできませんが、少しでも気持ちよく眠るための対策を考えてみましょう。皆がこれを実践する事で、都会のヒートアイランド現象にも、地球環境にもちょっぴり貢献できるかもしれません。

まず快適な眠りのためには「温度」が重要です。室温が高いときは体感温度を下げることができれば、少し快適になります。

室内でクーラーをつけているときには、扇風機を回し冷たい空気を部屋中に循環させれば体感温度も少し下がります。クーラーのフィルターはホコリを吸い込み目詰まりすると効きが悪くなります。面倒でもこまめにフィルター掃除をすれば、クーラーの効きもよくなり、28度でも十分涼しくすごせます。

次は寝具にも工夫をしてみましょう。

今は熱帯夜対策グッズも増えています。例えば肌が触れるとひんやりと冷たく感じるシーツや枕もありますね。寝具を丸ごと変えるのは費用もかかりますが、シーツやカバーだけなら費用も控えめです。

布団やベッドのマットは熱がこもりやすいので、寝苦しく感じてしまいます。繊維に特殊な加工を施し放熱性や吸放湿性を高めたことで、体温よりも寝具の表面温度を低く保てます。これなら夜の寝苦しさからも開放されますね。

寝るときに着るパジャマも、放熱性や吸放湿性に優れたものを選べばさらに快適に眠れます。

もうひと工夫でさらに快適!

女性の場合は冷え性の人も多いので、寝るときは暑くてもクーラーは使いたくないという人もいます。しかし扇風機にしても、常に風が当たっていると体は冷えてしまいます。

こういう時オススメなのが、保冷剤を使う方法です。冷凍庫で凍らせて使う冷たい枕も効果があります。ただし大きすぎると冷えすぎてしまうので、こういう時は小さめの保冷剤も便利です。

凍らせた保冷剤をタオルに包み、首筋や脇の下に当てます。太い血管がある場所を冷やすと体温も下がるので涼しく感じます。小さめの保冷剤を使えば、冷え過ぎも防げます。保冷剤はお中元やお歳暮、グルメの取り寄せなどに入っているものでも十分使えます。

ハーブの中には体温の上昇を防ぐ作用を持つものもあります。ミントは爽快感もありますが、体温を下げる作用もあります。冷たいものを摂りすぎると腸を冷やすので、免疫力も低下しますが、ミントなら一時的に体温を下げるだけなので免疫力を下げずに済みます。

ミントのスーっとした爽快感は、鎮静作用もあり寝る前に飲めば寝付きも良くなります。寝ている間は寝汗をかくので、少量の水分補給が必要です。飲むことで体を涼しくしてくれるミントティなら、水分補給と安眠効果もあり一石二鳥です。

いかがでしょうか?ちょっとした工夫で、寝苦しい熱帯夜も快適にするができます。睡眠の質を高めれば、夏バテ防止にも役立ちますので是非お試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る