TOP > > うるさいイビキの原因は肥満だけじゃない!意外と知らない4つの原因

うるさいイビキの原因は肥満だけじゃない!意外と知らない4つの原因

イビキの原因と聞くと、「肥満」を一番に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?でも、イビキの原因は肥満だけではありません。実は、肥満以外にも、イビキの原因はたくさん存在します。そこで今回は、肥満以外で考えられるイビキの原因を4つご紹介します。

イビキの原因はストレス!?

1つ目のイビキの原因は、「ストレス」です。でもなぜ、ストレスが溜まってしまうとイビキを掻きやすくなるのでしょうか?

それは、ストレスが溜まると、睡眠時に酸素をたくさん欲してしまうからです。酸素をたくさん欲してしまうと、鼻呼吸だけでなく口呼吸もしてしまう事が分かっています。そしてそれが原因となり、イビキを掻いてしまいます。

一般的に、呼吸は鼻で行います。呼吸を鼻で行っていると、イビキのリスクが低いです。しかし、ストレスが溜まり酸素をたくさん欲してしまう事で、鼻呼吸だけではなく口呼吸も行われ、イビキを掻きやすくなるという訳です。

イビキ解消のためには、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。ストレスのない生活を送る事は難しいですが、上手に発散させながら生活する事は可能ですよね。ストレスを上手に発散させる事が出来れば、イビキの解消につながるかもしれません!

イビキの原因は体質!?

2つ目のイビキの原因は、「体質」です。では、どのような体質の人がイビキを掻きやすいのでしょうか?

それは、歯並びが悪い人、鼻筋が曲がっている人、アレルギー性鼻炎の人などです。でもなぜ、こういった体質の人は、イビキを掻きやすいと言われているのでしょうか?

それは、歯並びが悪かったり、鼻筋が曲がっていたりする人は、睡眠時の呼吸が上手に出来なくなる事が多いからです。また、アレルギー性鼻炎の方は、鼻が詰まってしまい口呼吸になりがちです。口呼吸になると、イビキを掻きやすくなってしまいます。

イビキの原因は病気!?

3つ目のイビキの原因は、「病気」です。特に睡眠時無呼吸症候群が、その代表となります。睡眠時無呼吸症候群は、放っておくと成人病などのリスクがアップします。また、夜ぐっすり眠れていない事から、居眠り運転などによる交通事故のリスクも上がると考えられています。

ですから、睡眠時無呼吸症候群が原因のイビキがある方は、早めに病院で治療を受けた方が良いです。

イビキの原因は口呼吸!?

4つ目のイビキの原因は、「口呼吸」です。口呼吸とは、読んで字のごとく口で呼吸をするという事です。通常鼻で呼吸する事が一般的なのですが、鼻が詰まっていたり、小さなころからの癖などで、口呼吸をする人がいらっしゃいます。

口呼吸をすると、イビキが誘発されやすくなります。ですから、日ごろからなるべく鼻で呼吸をする習慣をつけて下さい。鼻で呼吸する習慣が付く事で、イビキを掻かなくなるかもしれません。

このように、イビキの原因には、ストレス、体質、病気、口呼吸などの要因があります。この中で特に心配なのは、睡眠時無呼吸症候群などの病気です。睡眠時無呼吸症候群が原因でイビキを掻いている方は、一刻も早く治療に取り掛かって下さい。病気が改善に向かう事で、イビキを掻きにくくなるかもしれませんよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る