TOP > > その眠り、熟睡ですか?深い眠りをとる方法について

その眠り、熟睡ですか?深い眠りをとる方法について

日中いつも眠い、寝起きがスッキリしない、頭がぼーっとするなど、経験された事はありませんか?もしかしたら今その真っ最中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

良質な睡眠がとれず、睡魔と戦いながら日々を過ごすのはかなりツライものがあります。睡魔と戦いながら日中活動されている方は、そうでない方に比べてかなりのハンデを負っている様に感じます。

私たちは、適切な睡眠によって健康を維持し、日々の活力を作り上げています。

ここでは、どうしたら深い眠りがとれるのか?どうしたらいつも眠い状態から解放されるのか?という事について、自律神経の観点からお伝えして行きたいと思います。

日中の眠さの原因は自律神経にある

日中、眠い人と眠くない人がいます。同じ睡眠時間をとっているにも関わらず、日中元気に活動出来る人と睡魔と戦う日々を過ごしている人に分かれてしまいます。

なぜ、こういう事が起こるのか?それは、「自律神経」が大きく関係しています。

自律神経は、体内リズムで形成される

「自律神経」とは、身体の機能をいつもベストの状態に保ってくれようとしてくれる、素晴らしい神経です。この神経がある事で、私たちの健康は守られています。

例えば、体温が上がれば汗をかいて体温を下げようとしたり、心拍数が上がってくればそれを整えてくれます。

実は、睡眠も「自律神経」の機能が大きく関わっています。自律神経には、主に「交感神経」と「副交感神経」という二つの神経があります。私たちの身体は、状況に合わせてこの二つの神経のどちらかが優位な状態に働いています。

「交感神経」とは、普段活動的になっている時に優位になっている神経です。適度な緊張を作り出し、集中力を高め、物事にしっかりと取り組む時に効果を発揮してくれます。

「副交感神経」とは、身体を休めている時に優位になっている神経です。身体をリラックスさせ、緊張を取り、脳の働きもリラックスモードに入れてくれます。

通常、寝ている時は副交感神経が優位になっているのですが、この切替えが上手く行かない時があるのです。その原因は、主に生活リズムにあります。

自律神経は、良くも悪くも生活リズムによって安定する

自律神経の切り替わりは、いくつかの性質を持っています。それは、強い光に反応する、腸の働きに反応する(つまり食事のタイミングに反応する)、ストレスに反応する(気持ちが緊張している時など)などです。

このうち、睡眠に大きく関係しているのは「光」です。人の体は通常、朝起きて太陽の光が眼に入ると、眼が覚める様に出来ています。これは実は、寝起きの時は副交感神経が優位でまだ眠たい状態なのですが、太陽の光による刺激が起こる事によって交感神経が優位になるからです。

また、夜寝る時には長時間暗い所にいる事で、段々眠くなってきます。これは、光が弱くなる事で、副交感神経が優位になるからです。これが一時的な事であれば良いのですが、人の身体は「サーカディアンリズム」と言って、一定の体内リズムを形成する様に出来ています。

この自律神経の切り替わりも例外ではなくて、一定の期間繰り返された切り替わりのパターンを身体が覚え、いつもその最適な状態になる様に、身体を調整させようとするのですね。これが体内リズムの正体です。

自律神経のリズムを整えるにはどうしたら良いのか?

さて、この自律神経のリズムを整える為には一体どうしたら良いのでしょうか?基本的な考え方は、最も活動する時間帯に交感神経を合わせ、活動しない時間帯に副交感神経を合わせる事です。

最も良いのはいわゆる「早寝早起き」ですが、人によっては早く起きる習慣をお持ちではない方もいらっしゃるかと思います。そんな方は急に早起きをしようとしても挫折してしまいます。

では、どうすれば良いのか?というと、そういう方は、まず「午前中に起きて太陽の光を浴びる」という事を目標にされると良いと思います。つまり、11:59までに起きて太陽の光を浴びるというわけです。

これだけでも大きな効果が得られます。次に、夜に強い光を浴びない様にする事が大切です。特に、コンビニなどの店舗は照明がかなり明るいので、自律神経が刺激されて交感神経が優位になってしまいます。

自分が寝る1時間前位からは、間接照明など柔らかい明かりの中で過ごす事が大切です。これを3ヶ月程繰り返していくと、段々と体内リズムが整っていき、睡眠の質が向上して来ます。

深い眠りを得る方法は、様々なアプローチがあるのですが、一番重要なのは、「複数を一気にやらない」という事です。今までにしていなかった事を変える事になるので、挫折してしまうリスクが非常に高いのです!

深い睡眠は神経作り

この様にして、自分の自律神経のリズムを意図的にコントロールする事が可能です。思った以上の効果が得られますので、ぜひ試してみて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る