TOP > > 昼食後はなぜ眠い?眠気を解消して脳をスッキリ覚ます方法

昼食後はなぜ眠い?眠気を解消して脳をスッキリ覚ます方法

昼食後の眠気対策はこれでバッチリ!脳をスッキリさせていこう!昼食後って、どうして眠くなるのでしょうか?仕事中にも関わらず猛烈な眠気に襲われて、ハッと目を覚ます人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

単なる眠気だと思っていたら、内臓の疲れからきている眠気かもしれません。その日の体調によっても大きく関係している午後の眠気。生体リズムとの関係を中心に、眠気を解消してくれるさまざまな対策を、これからご紹介していきたいと思います。

生体リズムとの関係から

人間は、昼間活動して夜眠るという、24時間の生活パターンを繰り返しています。中には、逆パターンで生活を送っている方もいらっしゃると思いますが、ここでは前者の昼間活動パターンに視点をおいて話を進めていきます。

昼間の活動パターンで生活を送っていると、生体リズムとの関係から、1日に2回眠気のピークが訪れます。1回目の眠気は深夜の3時前後です。この時間帯は成長ホルモンの分泌が頂点を達し、深い眠りとなっています。

そして2回目の眠気が、午後の3時頃だといわれています。これが午後の眠気にあたるところですね。食後は血糖値が一時的に上昇します。そして覚醒ホルモンの「オレキシン」が一気に下降します。

この血糖値とオレキシンの関係から、覚醒する脳の働きが鈍くなり眠気が起こるのです。すなわち、眠気の正体は脳から送り出される命令だったのです。

血糖値との関係から

食後は一時的に血糖値が上昇し、覚醒ホルモンのオレキシンが一気に下降します。この作用で眠気が起こります。そう、血糖値が上昇しても眠気は起こり、血糖値が下降しても眠気が起こるのです。

お腹が空きすぎると、手先が微妙にふるえたり、妙にイライラしたりしませんか?これはいわゆる低血糖の典型的な症状なのです。低血糖の改善には、アメやチロルチョコを口に入れるだけでもだいぶ違うと思いますよ。

内臓の疲れが原因かも?!

午後の眠気に内臓の疲れも大きく関係しています。とくに胃と脾臓が弱ってくると、消化吸収に支障をきたすようになるため、食後の眠気が強くなってきます。つまり、消化吸収に対して余分なエネルギーを使い果たしてしまうため、眠気が出現してくるのです。

普段の食事が外食中心で、自炊をほとんどしない人や、飲酒の機会が多い人などは、内臓が疲れている場合があるのです。

食事の改善につとめていきましょう

①食事内容をチェックしていきましょう

内臓を強くする食事内容にしていきましょう。脾臓に効果がある食材はキャベツとカボチャです。この食材を毎日の食卓に取り入れてください。そして、胃にかかる負担をできるだけ減らすためにも、おかずは煮物がベストですね。カボチャの煮物やロールキャベツはまさにパーフェクトです。

②食生活を見直していきましょう

外食中心の方はなるべく自炊を心がけていきましょう。自炊は身体を労わる健康的な食生活です。仕事中の居眠りに頭を抱えているくらいなら、自炊の食生活を取り入れていくことは、理にかなっていることなのです。

③食事の仕方や方法を見直していきましょう

いくらお腹が空いたからといって、お腹いっぱいに食べてしまえば、眠気が襲ってくるのは当然です。食後は血糖値が上昇し、覚醒ホルモンのオレキシンが一気に下降します。この原理を上手く活用し、昼食は腹八分目にしていきましょう。

午睡(昼寝)を取り入れてみましょう

可能であれば午睡を勧めます。どんなに忙しくても、仕事中トイレには必ず行くと思います。トイレ休憩とまではいかなくても、たった5分の午睡でも効果は得られます。トイレで午睡なんてあまり大きい声では言えませんが…。生体リズムに逆らわず、5分という短い午睡タイムをぜひ取り入れてみてください。

睡眠時間を確保していきましょう

1回目の眠りのピークは深夜の3時前後でしたね。この時間帯に深い眠りに就いていることが大切になってきます。睡眠時間は個人差も大きく、一概に睡眠時間を断言することはできませんが、最低でも6時間の睡眠を確保するようにしていきましょう。

眠気解消に効くツボへアプローチする方法

以下、2つのツボは眠気に効果があるツボとしても有名です。ツボ押しは「押して」「揉んで」「叩いて」がベースとなっています。ぜひこれらを意識してトライしてくださいね。

①足臨泣(あしりんきゅう)

右足の小指第3関節の真ん中にツボがあります。

②中衝(ちゅうしょう)

手の中指の爪の付け根(親指側に該当)から数ミリ外側に、中衝のツボが存在します。右手の場合は爪の左下になり、左手の場合は爪の右下になります。

午後からの仕事効率をアップさせるためにも、眠気対策を上手く活用して、脳がスッキリすることを心から願っています。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る