TOP > > 【驚きの3D視力回復法】立体視で近視と老眼をやっつけろ

【驚きの3D視力回復法】立体視で近視と老眼をやっつけろ

皆さん、ステレオグラムってご存知ですか?たぶん誰もが一度はやってみたことがあると思います。これは普通に見れば、平面上に描かれた2つの画像が、特別な見方をすることによって、突然奥行きのある3D画像が目の前に現れるというものです。

あれって、初めて見えた瞬間は、驚きとともに感動すら覚えたものです。あのステレオグラムによる立体視が、視力回復に大きな効果をあげています。今回は、このステレオグラムの立体視による視力回復法について紹介します。

ステレオグラムはなぜ、立体的に見えるのか

ステレオグラムでは、なぜ2次元の画像が立体的に見えるのか不思議でなりませんよね。それにはまず、人間の目がどうやって立体を認識しているのかを確認しましょう。

そもそも人間の目はどうして、立体的に見えるのか

そもそも人間の網膜は平面なのに、どうして立体的に見えるのでしょう。実は、はっきりした答えがあります。それは目が二つあるからです。ふざけているわけではありませんよ。これが答えなんです。

ある物を目で見たとします。両目で同じものを見るわけですが、右目と左目では視点が異なるため、若干画像が異なります。この両目の視差によって立体視できるように脳が処理してくれるのです。

ステレオグラムが立体視を可能にできる理由

ステレオグラムは、この人間の両目の視差を利用して立体視を可能にしています。つまり平面に2つの同じ画像を表示させ、右目と左目でそれぞれ別のものだけを見るようにすると、視差を感じた脳が立体的に感じるというものです。ステレオグラムの立体視が慣れるまで難しいのは、この特別な見方を習得するのに時間がかかるからです。

なぜ立体視に視力回復の効果があるのか

ステレオグラムの立体視をしようとする時の、焦点をぼかすような特別な見方が、目の周辺の筋肉をほぐし、疲労回復を促進してくれるからです。テレビやパソコン、スマホを見ることにより、酷使されている目を癒してくれます。これは、遠くの景色や星空を見ることによって得られる効果と同様の原理です。

普段使用しない目の筋肉を使うことにより、目の調節機能を回復させることができます。地道に継続訓練をすれば、効果を期待できます。遠くを見たりするのはなかなか長続きしませんが、3D立体視は面白いので結構はまる人も多く、効果を実感している人も多いようです。

ステレオグラムの立体視の方法

ステレオグラムの立体視の方法は、慣れれば簡単ですが、最初のコツをつかむまでは、多少の訓練が必要になります。

並行法と交差法について

ステレオグラムの特別な見方には、並行法と交差法という2つの方法があります。並行法は近視に効いて、交差法は遠視や老眼に効くとされています。

並行法のやり方

ステレオグラムの2つのうち、画像の右側については右目で見て、左側の画像を左目で見る方法です。視線が交差せず、並行のようになるため並行法と言います。私は近視ですのでこの方法でやっています。

こつとしては、画像に焦点を合わせるのではなく、画像と目の中間距離くらいに焦点を合わせて、リラックスして、ボーッとした感じで見ていると、突然見えてくる感じです。一度こつを掴めば、いつでも再現できるようになります。

交差法のやり方

ステレオグラムの2つの画像のうち、右側については左目で見て、左側の画像を右目で見る方法です。視線が交差するので交差法と言います。私は近視ですのでこの方法ではやっていませんが、立体視することはできます。

私の感覚では、並行法の方が断然簡単です。こつとしては、最初はきちんと焦点を画像に合わせます。それから両目を徐々に寄り目にしていきます。何度もトライする内には、突然見える瞬間がやってくるはずです。

ステレオグラム立体視で近視と老眼をやっつける

最近、夢の視力回復法ともてはやされたレ―シック手術のトラブルや副作用が、社会問題になっています。劇的な効果がある半面、失敗や副作用で苦しむ人が続出しています。私もレ―シックで近視を治そうと思った時期もありましたが、今は怖くてできません。やはり3D立体視のように、時間が多少かかっても安全な方法がいいですよね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る