TOP > > 夏だからこそできる視力回復のコツ!

夏だからこそできる視力回復のコツ!

現代人の視力低下の原因は?

現代人に多いのは、近視です。近視は遠くを見る力が落ちていく事で近くのものしか見えなくなる症状です。しかし、近年ではより近くのものばかりを見る生活になってしまったため、近くのものだけでなく、ものにピントを合わせる力自体が落ちてきている傾向にあります。

そのため、近視の人は老眼になりづらいなどと言われたのは一昔前までの話で、現代人の生活においては近くも遠くも、ものを見る事自体の力が衰えてきてしまっています。その原因は、日本の狭々した家庭環境や、パソコンやオフィス中心の社会環境に切り替わってきている事があります。

日本は非常に国土が狭いですから集合住宅であまり距離感のない居住空間に住んでいる人も多いです。また、一人暮らしの世帯も増えましたし、職場でもプライベートでもパソコンや携帯電話を眺める事が中心の生活になる事で視力が低下してきているのです。現代人の視力は、ある意味環境適応能力によって近距離型に順応した視力ともいえます。

夏だからこそできる視力回復法を実践しよう

夏は、視力回復にも非常に向いている季節といえます。キャンプに海水浴にとアウトドアな活動の機会が非常に増えるからです。このアウトドアな活動というのが、私たちの視力回復にはとても欠かせない環境なのです。

人間には遺伝での視力低下もありますが、基本的に環境適応能力によって近視になってしまうと言っても過言ではありませんから、環境に順応して近視になったように、トレーニング次第では必ず視力を回復する事ができます。

視力回復の方法はたくさんありますが、今は真夏ですから夏にしかできない快適な視力回復の方法をいくつか提案していきたいと思います。

アウトドアで視力回復

では、夏におすすめの視力回復法を考えていきましょう。まずひとつ目はやはりアウトドアで視力を回復する方法です。夏になるとキャンプや海水浴に登山など、非常に多くのアウトドアに恵まれます。海であれ山であれ普段の日常生活では得られないほど広大な景色と広い視界が広がっているのがわかるかと思います。

視力低下の原因が近くのものばかりを見るようになった生活習慣であるように、遠くを見るような癖を付ける事で視力は回復させていく事ができます。少なくとも今より低下する事はなくなるはずです。山や海などの宏大な自然に広がる景色を眺める事で効果的に視力を回復させていく事ができます。

海や山などの自然を眺める事によってリラクゼーション効果も期待できますし、リラックスする事によって血行が良くなりますのでより視力回復には効果的だと言えます。

明るい日差しときれいな景色を満喫しよう

夏場は何よりも一年のなかで一番太陽が近いわけですから、それだけ暑く、日差しも強いです。日差しが強いという事は一年のなかで一番外が明るく鮮やかに見える季節という事にもなり、視力回復にはうってつけの季節になります。

私たちの脳は、目から取り入てた太陽光の光によって自律神経を調節しているなど、非常に太陽の明るい光というのは私たちにとって欠かせません。より強い日差しが照らしてくれる事によって目のものを見る力が活発になり、脳に入ってくる情報量も増えるため、視力回復だけでなく脳の老化防止にも繋がります。

ものを見る時というのは、目から光を取り入れて最終的に脳で処理をしてものを認識しています。そのため、脳も一緒に鍛えなくては視力は回復しません。視力を回復させるための脳の鍛え方は、ものを見ようとする力を鍛える事になります。

強い日差しでより鮮やかな景色を眺める事で、ものを見ようとする力も活発化しますからより視力回復にはうってつけというわけです。

眼球運動と筋トレ

最後になりましたが、現代人がものを見る力が衰えてしまっているのには、なにも近くばかりを見続けた事によって近くを見る事に特化した近視になってしまっている事だけではありません。

本来、人の目というのは近くや遠くなど、さまざまな距離感のものを見るために、ピンと調節ができるようにできています。しかし、パソコンなどの常に一点のものばかりを見ている事で、このピント調節の昨日自体が低下してしまいます。

一点のものばかりを見つめている事によって、目を動かしたりピントを調節するのに必要な目のまわりの筋肉が衰えていってしまいます。これによってものを見る力や、対象にあわせて目を最適な向き弥一に調節する筋肉が衰えていってしまう事で、視力が低下していってしまいます。

毎日の日課として、眼球を動かす運動と、目のまわりの筋肉を適度に鍛える筋トレをおこなっていく事でより視力改善に効果があります。目のまわりのさまざまな筋肉を鍛えるには、目を上下左右に動かすのが一番です。

まずは、正面を向いて顔を固定して目だけを上に向けます。そのまま数十秒間上を見続けた後に、一度目をぎゅっと強くつぶり、続いて下を数十秒、また目をつぶった後に左右というふうにおこなっていくと良いです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る