TOP > 視力低下

視力低下の予防と回復法

視力は目で物を見る能力のことです。視力低下とは見る力が低下し、遠くのものがかすんで見えたり、二重に見えたりすることにより、視覚に支障がでる状態のことをいいます。

視力低下には近視、遠視、乱視があり、目の中にある水晶体と網膜の間で起こる光の屈折と調節の異常により、ピントが合わないという現象によるものです。

こちらのカテゴリーでは視力低下の原因や予防方法、治療方法についてご紹介いたします。

視力低下の原因

視力低下の原因には子どもの場合、ゲームなどのしすぎなどが有名ですが、他に、近くにあるものを見続けたりする(読書や勉強など)と近視になり、その逆で遠くのものを見続けることは遠視の原因となります。

また、ものが二重に見える乱視の場合、目が悪い人は遠くのものを見る時など見えにくいものを見るときに目を細めますが、その際に角膜に歪みができるのが原因となります。

ゲームやパソコンの画面を見続けることが原因になるのは眼精疲労のせいです。眼精疲労から目の血流が悪くなるためです。総合的に言えるのは目の周りの筋肉が衰えることで目に入る光の屈折と調節ができなくなるということです。

また、遺伝的な原因や病的な原因がある場合があります。遺伝が原因の視力低下は全体の5パーセントほどのようです。病的な視力低下の場合はメガネなどで矯正してもほとんど回復しません。

視力低下の回復

視力低下を回復させる方法は様々です。

病的な視力低下の場合は、その病気自体を治さない限り回復できませんが、それ以外の方の場合は視力低下の原因となる目の周りの筋肉をしっかり動かすトレーニングをコツコツ行ったり遠くを見ることで少しずつ改善していきます。

・毎日できる簡単なトレーニング
メガネなし生活を実現!効果的に視力回復させるトレーニング法
低視力は眼の筋力トレーニングで改善できる?!その驚きの方法とは

トレーニングといっても道具も何も使いません。ちょっとした時間でいつでもどこでもできるトレーニングをコツコツ積み重ねましょう。効果が出るには早ければ数ヶ月、1年くらいはかかります。

途中でやめてしまうとせっかく鍛えた目の周りの筋力が落ちてしまいます。体の筋力トレーニングと同じですね。筋肉は使わなければどんどん劣化していきます。日課として気長に行うことが成功の秘訣です。

・視力回復のコツ
夏だからこそできる視力回復のコツ!

視力低下の原因を理解することでトレーニングを効果的にすること、環境を変えることで得られる相乗効果を狙って効率的に回復しましょう。目の周りの血流が悪くなることも視力低下の原因です。

全身の血流がよくなっている入浴後にトレーニングすると効果がアップします。

最近は年代を問わずパソコンや携帯など、近いところを見続けたり、生活自体が狭い中での暮らしだったりするので、ときには山や海にでかけて一日中自然の景色を楽しめる場所に行って遠くを見る環境を作ることも効果的です。

トレーニングも大切ですが、原因を取り除くということも同時に行えればさらに効果が期待できるのではないでしょうか。

もし、忙しくて自然を満喫する時間などないという方の場合でも、遠くの山を見る時間を増やしたりすることは可能でしょう。ぜひ、遠くの景色を意識してみてください。

視力低下の予防

まだ視力が低下していなくても、日ごろから予防を心がけるだけで随分違います。

・視力低下の予防法
目が悪くなりかけているあなたに!簡単な方法で視力ダウンが防げる?

最近少し遠くが見えづらいなどの症状がある方は視力が少しずつ低下してきています。見えづらいと感じた時にすぐに予防することで視力低下は防げます。

視力低下してからトレーニングするのはとても時間がかかります。早めの対応で視力低下を防ぎましょう。

パソコンを使うお仕事をされている方は、時々目を閉じて目を休憩させてあげてください。体力を使うお仕事をされている方であればひどくなると体を休めずにはいられませんが、目は目を開けている限り働き続けます。

目が乾燥する、眼精疲労を感じる前にこまめに目を休ませてあげることでまたしっかりと働いてくれるでしょう。

目を休ませる時に少し熱めのおしぼりを目に当てて血行をよくしたり、保冷剤などで冷やしたりするとリフレッシュできます。

・ちょうどよい照明
知っていますか?暗闇は「視力」にほとんど影響を与えないことを。

昔は手元が暗い状態で文字を読んだり書いたりすると目が悪くなるといわれてきましたが、最近そうではないことがわかってきました。

逆に、読み書きするときに十分な明るさがあるのにさらに手元を別の照明で明るくするということが主流です。

しかし、この二重に明るくすることが「明るすぎ」て視力を悪くしている場合があるようです。明るすぎるところにいると目が疲れませんか?ちょうどよい明るさを意識してみましょう。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る