TOP > > 青汁にも副作用があった!2つの副作用と飲まない方が良い人について

青汁にも副作用があった!2つの副作用と飲まない方が良い人について

青汁は、とっても体に良い事で知られています。コレステロール値低下、免疫力アップ、便秘解消など、うれしい健康パワーがたくさん秘められています。でも、青汁にも副作用があるって、ご存知ですか?

実は青汁を飲むと体調を崩す人もいらっしゃいます。そこで今回は、青汁の2つの副作用と飲まない方が良い人についてご紹介していきます。

青汁の副作用で便秘や下痢になる!?

青汁には食物繊維がたっぷり含まれています。その為、便秘解消効果がある事で有名ですよね。しかしその反面、便秘や下痢になる人もいらっしゃいます。まず便秘になる原因として考えられるのは、消化が良くなりすぎてしまう事です。

消化が良くなりすぎると、便秘になる事があるようです。その為、青汁を飲んだ人の中には、消化が良くなりすぎ、便秘になってしまう事があるようです。また下痢に関しては、青汁に含まれている食物繊維を大量に摂り過ぎたことが原因となるようです。

青汁で高カリウム血症のリスクアップ!?

青汁にはたくさんの栄養が詰まっています。その為、健康維持を目的としてたくさんの人が飲んでいます。しかし飲みすぎると、高カリウム血症のリスクがアップします。青汁には、カリウムがたっぷり含まれています。

カリウム自体は塩分を体外に排出させるなど、重要な働きを担っています。しかしカリウムを摂りすぎると、高カリウム血症になり不整脈や嘔吐といった症状を引き起こしてしまうのです。ただ、健康な人の場合は、いくらたくさん青汁を飲んだからと言って、高カリウム血症になる事はほとんどありません。

注意して頂きたいのは、腎臓が弱っている人です。腎臓が弱っていると、カリウムを上手く排出できなくなりますので、高カリウム血症になるリスクがアップするのです。腎臓が弱い方は、青汁を飲む前にドクターとよくご相談ください。

青汁を飲まない方が良い人

青汁は、とっても体に良いドリンクですが、飲まない方が良い人もいます。それは、先ほど説明した通り、腎臓が弱っている人です。腎臓が弱っていると高カリウム血症になるリスクがアップしますので、青汁を飲むことはあまりお勧めできません。

そしてワーファリンを服用している人も、青汁は控えた方が良いです。ワーファリンと青汁を一緒に飲むと、ワーファリンの働きを弱めてしまう恐れがあります。でもなぜ、青汁を飲むとワーファリンの働きを弱めてしまうのでしょうか?

それは、青汁にビタミンKがたっぷり含まれているからです。ビタミンKには、血液を固める働きがあります。そのため、血液凝固抑制剤であるワーファリンの働きを弱めてしまうのです。

ですから、ワーファリンを服用している人は、青汁を飲むことを控えてください。どうしても青汁が飲みたい方は、必ずドクターや薬剤師さんにご相談ください。

このように青汁には、副作用や飲み合わせの悪い薬があります。ワーファリンを服用中の人や腎臓が弱い方は、青汁を飲む前にドクターとよくご相談ください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る