TOP > 副作用

副作用の危険性

薬というのは体に毒である、というのは聞いたことがあるでしょうか。体に毒というのは本当のことで、量や使い方を間違えると体に悪影響を与えます。

副作用もその一つで使い方を間違えると危険な目にあいかねません。

・あまり知られていない副作用
よく効くけど特に女性は注意が必要!モーラステープの怖い副作用

・こんな副作用も
認知症による幻覚?薬による精神症状の副作用の可能性も大です

副作用とはなにか

薬には原則として主作用と副作用があり、一般的に主作用の方が病気に効きます。抗生物質だったら細菌をやっつける作用がありますし、解熱鎮痛剤だったら熱を下げて痛みを和らげる力が作用としてあります。

ただし、それだけではなく、副作用というものも必ず持っているものなのです。この副作用は例えばたくさん摂取する、もしくは摂取の仕方を間違える、飲み合わせが悪いものを飲んでしまう等の場合に起こりえます。

・飲み合わせでも危険になる
副作用が強くなる!?薬と食品のとっても危険な飲み合わせ5つ

副作用の中には酔い止めのように車酔いなどを抑えてくれる代わりに眠たくなるというようなものもあれば、痙攣やめまいなどを起こしてしまうようなものもまれにあります。

もちろん市販されているものや処方箋で出されるものを正しく飲むことで、問題なく飲むことは出来ます。副作用の出るような飲み方などをしないことが肝心です。

・健康食品でも副作用が
青汁にも副作用があった!2つの副作用と飲まない方が良い人について

副作用は危険ではない?

たまに副作用が危険だからということで服薬をやめる人がいたり、医者の治療について異議を唱えたりする人がいます。

漢方的な東洋医学であれば副作用はたしかに少ないかもしれませんが、西洋医学ではしっかりと根拠のある薬を投与するので、効果は全く違います。

副作用は怖がりすぎる必要はないのです。水も適量飲む分には問題ありませんが、あまりにもたくさん飲み過ぎるとそれは水毒症という病気になります。

何事も適切な摂取をすることで副作用を押さえることが出来ますので安心してください。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る