TOP > > 帯状疱疹は何科でどんな治療を受ける?症状原因から肌を守る方法

帯状疱疹は何科でどんな治療を受ける?症状原因から肌を守る方法

women-itch

帯状疱疹という病気をご存知ですか?名前の通り、体に帯状の発疹が出る病気です。

実は誰もが発症する可能性を持っている病気なので、現在健康な人も帯状疱疹に関する予備知識を持っておくことをおすすめします。どのような症状が出るのか、発症したらどのような治療をするのか、帯状疱疹の特徴についてまとめました。

水ぼうそうの経験者は誰でもかかる!帯状疱疹は免疫低下で起こる

「帯状疱疹」は水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)に感染して発症するヘルペスの一種です。

ヘルペスとは小さな水疱が集まった急性の皮膚疾患のことで、ヘルペスの仲間には「熱の華」と呼ばれる口唇ヘルペスなどがあります。

水痘とは水ぼうそうのこと。つまりVZVは、水ぼうそうと帯状疱疹を引き起こすウイルスなのです。VZVは初感染の時に水ぼうそうを引き起こし、次に帯状疱疹を引き起こします。

VZVは感染力が非常に強く、90%の子どもが10歳までに感染を済ませているといわれます。水ぼうそうは一度かかると免疫がつくため、2度と発症することはありません。

しかしヘルペスウイルスは一度体内に侵入すると一生すみつく性質があるため、VZVは水ぼうそうが治った後も背骨の近くの神経節(神経の集まり)にすみついてしまいます。

普段は免疫がVZVの動きを抑制しているので症状はありませんが、体の免疫力が低下するとVZVが活性化し、神経節とつながっている神経や皮膚に飛び出して増殖しながら攻撃を開始します。これが帯状疱疹です。

免疫と神経節がおこす帯状疱疹

帯状疱疹は水疱に激痛を伴うことで恐れられている病気ですが、ヘルペスウイルス自体は特に怖いものではなく、成人のほぼ全員が持っているごくありふれたウイルスです。つまりほとんどの成人に帯状疱疹の起こる可能性がある、ということになります。

以下に症例写真があります。苦手な方はご注意ください。

帯状疱疹の症状と前兆をチェック!受診は皮膚科が基本

帯状疱疹は自然に治ることもある病気ですが、治療しないでいると重症化して激痛を伴ったり後遺症が残りやすくなってしまい危険です。皮膚に症状が出たらすぐ受診しましょう。

発疹だけでなく痛みが起こるので、どこの病院を受診すればよいのか迷う人もいますが、皮膚の症状が中心に出ているので専門科は皮膚科となります。

ただし、内科やペインクリニックにかかりつけ医がいる人は、そちらの先生に相談してみるのもよいでしょう。よく知っている先生なら安心でき、帯状疱疹も治療してもらえることがほとんどです。

では、どのような症状があれば帯状疱疹と気づくことができるのでしょうか。帯状疱疹の特徴を覚えておきましょう。

帯状疱疹は痛み症状と皮膚の変化に特徴がある

帯状疱疹は、帯状に見える水疱の集まりが体の右側または左側に一カ所だけ出るのが最大の特徴です。これは水疱が神経に沿った部分だけに出るためで、体の両側にまたがったり同時に全身のあちこちに複数出たりすることはありません。

帯状疱疹が発生する体の箇所

また発症する前に前兆がある病気で、この時点で気づくことも可能です。発症すると初期症状から治るまでに2~4週間かけ、次のような経過で症状が変化していきます。

  1. 発疹が出る1週間前に体の片側に痛みやかゆみといった前兆が起こる
  2. 虫刺されに似た赤い発疹が出始める(初期症状)
  3. 発疹が透明な水疱に変わり、やがて黄色く濁る
  4. 水疱が破れ、びらんができる
  5. かさぶたがはがれて新しい皮膚に生まれ変わり治っていく

帯状疱疹の症例写真
帯状疱疹の症例写真2

発疹が出ている間、ピリピリ、ズキズキといった神経の強い痛みを伴います。また倦怠感や発熱などの全身症状を伴うことがあります。ただし症状には個人差があり、中には軽症で済む人もいます。

実は帯状疱疹の症状はほかの病気ともまぎらわしく、対処を間違えてしまう人も多くなっています。

グラクソ・スミスクライン株式会社が帯状疱疹の患者にアンケート調査をしたところ、自己判断でほかの病気と間違えている人が7割以上もいることが分かりました。

間違えやすいのは虫刺されやかぶれです。約4割の人が受診するまでに自分で薬を塗って対処していたのだそうです。

言うまでもなく帯状疱疹と虫刺され・かぶれは原因も治療法も全く異なり、自己判断で薬を塗っても一向に良くならないため、帯状疱疹と思われる症状に気付いたらすぐ皮膚科を受診することをおすすめします。

区別すべき帯状疱疹と帯状疱疹後三叉神経痛

帯状疱疹は顔、特に三叉神経の付近にも発生することから、三叉神経痛と間違えてしまうことがあるようです。三叉神経痛はその神経が通る顔が痛む症状がでますが、帯状疱疹のように皮膚の異常は見られません。

水ぼうそうや帯状疱疹のウイルスが三叉神経にとどまってしまい起こる帯状疱疹後三叉神経痛というものもありますので、皮膚の炎症などを参考にしましょう。しかし、やはり自己判断よりも専門科にかかってしっかり診察してもらった方がいいですね。

「帯状疱疹による発疹が胴体を一周したら死ぬ」という噂があります。でもこの噂は真っ赤なウソです。帯状疱疹は基本的に右か左どちらかにしかでませんから、まず胴体を一周すると言う事はほとんどないのです。

万が一胴体を一周したとしても、帯状疱疹で死に至る事はありません。

ウイルスや痛みをブロック!帯状疱疹の治療法について

診察では、問診だけでも帯状疱疹と診断することが可能です。ただし症状がかぶれや単純ヘルペスとよく似ている場合には、発疹の一部を採取して含まれるウイルスを検査することもあります。

帯状疱疹に必要な治療は次の3つです。

  • ウイルスの増殖を抑える
  • 皮膚の炎症をしずめる
  • 痛みを抑える

個人の症状の程度にあわせ、これらの治療を組み合わせて行ないます。

帯状疱疹の治療法1.ウイルスの増殖を抑える

帯状疱疹で最も重要な治療はVZVの増殖を抑えることです。ウイルスの活性化を抑えると、皮膚の炎症や神経の痛みが強くなるのを防ぐことができ、回復にかかる期間を短くすることができます。

ウイルスの活性化を抑える薬は、アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビル、ビダラビンなどの抗ウイルス薬です。

帯状疱疹が軽症の場合は内服薬を飲んで通院治療となりますが、重症の場合は、抗ウイルス薬を点滴するために入院が必要となります。

抗ウイルス薬は、毎日決められた分量を投与しないと効果があらわれません。また症状が軽快したからといって薬を飲むのを途中でやめてしまうと、再発しやすくなります。処方された薬は指示通りにきちんと飲み終えることが大切です。

抗ウイルス薬の投与は早ければ早いほど効果的です。発疹や痛みのピークが来るまでに薬でVHVの活性化を抑えておけば、なるべく軽症で済ませるができますよ。

一番良いのは、前兆の症状が出た時点ですぐ受診し抗ウイルス薬を飲み始めることです。

帯状疱疹の治療法2.皮膚の炎症をしずめる

帯状疱疹の水疱はつぶれやすく、雑菌に感染しやすいので注意しなければなりません。雑菌に感染すると皮膚の炎症が悪化し、回復が遅れたり跡が残りやすくなってしまうので、患部の清潔を保つと同時に薬で皮膚の炎症をしずめることが必要です。

皮膚の炎症をしずめる薬には、非ステロイド抗炎症薬や化膿疾患外用薬などの軟膏を用います。ただれている時は潰瘍治療薬を用いて皮膚の修復を促します。

痛みを抑える

「火傷をした時のようにジンジン」「夜も眠れないほどズキズキ」など感じ方は人それぞれですが、増殖中のVZVが暴れながら神経を移動するため、神経が直に刺激されてこのような疼痛が起こります。

帯状疱疹の激痛は強い不安を与えたり安眠を妨げたりと、患者に大きな負担をもたらします。闘病のストレスが痛みに対する警戒心を強め、症状をさらに悪化させてしまうことがあるため、帯状疱疹の治療では痛みを積極的に抑えていきます。

ある程度の痛みは抗ウイルス剤や副腎皮質ステロイド剤で抑えることもできますが、痛みが強い時には神経の痛みを抑える薬が処方されます。

帯状疱疹に処方される代表的な鎮痛薬・抗神経痛薬

種類 薬品名 主な製品名
鎮痛薬 アセトミノフェン カロナール
抗神経痛薬 アミトリプチリン トリプタノール
抗神経痛薬 プレガバリン リリカ
鎮痛薬 トラマドール
アセトアミノフェン
トラムセット配合錠

アミトリプチリンは抗うつ剤ですが神経障害性の疼痛をしずめる作用を持つため、帯状疱疹の治療薬としても使われています。

プレガバリンとトラムセット配合錠は2010年以降に製造承認された新しい薬です。眠気や吐き気などの副作用が起こりやすい欠点もあります。

内服薬が効かないほど疼痛が強い場合は、「神経ブロック療法」を行ないます。神経ブロック療法は、痛みを感じる神経の周辺に局所麻酔を打って痛みを感じさせないようにする治療法です。

神経ブロック療法は「星状神経節ブロック」と「硬膜外ブロック」の2種類があります。

治療名 施術法 対象となる場所
星状神経節ブロック 首の付け根にある星状神経節に局所麻酔剤を注射する 上半身
硬膜外ブロック 脊髄(背骨)の硬膜外から局所麻酔剤を注に射する 首から下

神経ブロック療法を行なうと、痛みを感じさせる交感神経の緊張がほぐれて痛みがやわらぐほか、血行が良くなることで患部の炎症が回復しやすくなる効果も得られます。

神経ブロック療法は麻酔科やペインクリニックのある病院でなければ受けることができず、定期的に通院して注射する必要がありますが、耐えがたい疼痛を伴う患者にとっては救世主のような治療法ともいえます。

怖いのは合併症!後遺症の帯状疱疹後神経痛とは

帯状疱疹で注意したいのが、帯状疱疹が治った後に残る「帯状疱疹後神経痛(PHN)」です。これはVZVによって神経が損傷してしまったために皮膚症状が消えた後も神経の痛みが長期間続いてしまう、後遺症のような症状です。

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹が重症の人に起こりやすく、特に高齢者にみられます。帯状疱疹を発症した人の約3%が帯状疱疹後神経痛を併発するといわれています。

損傷した神経は元に戻りにくいため、帯状疱疹後神経痛が治るまでには1年~10年もの時間がかかってしまうこともあります。

またその痛みは「電気が走るような」「えぐられるような」と形容される鋭い痛みであることが多く、生活の質を妨げてしまう可能性があるので、発症しないように予防することがのぞましいです。

帯状疱疹後神経痛は、初期のうちに抗ウイルス剤を投与して神経の損傷を最小限に抑えることで予防が可能になります。帯状疱疹の前兆や疑わしい発疹が出たら、すぐに受診してください。

もしも帯状疱疹の皮膚症状が治って3か月経過しても痛みが残る場合は、帯状疱疹後神経痛を併発している可能性があるので我慢せずに受診してください。帯状疱疹と同じ鎮痛剤の投与や神経ブロック療法で痛みをしずめることができます。

他にもある帯状疱疹の合併症

難聴
帯状疱疹による水泡性の発疹が耳周辺に発生し、内耳の神経に負担がかかると難聴の症状が出る事があります。帯状疱疹を自覚した時に、めまい、頭痛、耳痛の症状がある場合、難聴になる可能性が高いのですぐに病院で治療を受けてください。
眼の病気
帯状疱疹の合併症として出やすいのは角膜炎や網膜炎などです。治療が遅れてしまうと失明に至る事もまれにあります。
顔面神経麻痺
耳や顔に帯状疱疹が現れた場合、顔面神経麻痺を起すリスクがあります。顔面神経麻痺になると顔が引きつったり、強張ったりと言った症状が現れます。
髄膜炎
耳のまわりや耳の中に帯状疱疹が出た場合は、髄膜炎にも注意が必要です。髄膜炎にかかると治療が遅れた場合後遺症が残ったり、最悪死に至ります。
脳炎
脳炎は髄膜炎よりもさらに深刻な症状です。高熱、嘔吐、頭痛、意識障害などの症状が現れます。脳炎は帯状疱疹が耳周辺に現れた時に発症しやすいと言われています。顔や耳などに帯状疱疹が現れた場合は、すぐに病院で診察を受けるましょう。
腸閉塞
腹部に帯状疱疹が現れた場合、まれに合併症で腸閉塞にかかることがあります。便が出にくくなったり突発的な腹痛に襲われたりします。

高齢者だけの病気ではない?免疫力の低下で最近は若い人もかかりやすい

帯状疱疹は高齢者に起こりやすい病気として知られてきました。患者の約7割は50代以上です。ヘルペスウイルスは免疫力が低下した時に活性化する性質があり、加齢と共に免疫力が低下するために50代頃から帯状疱疹にかかりやすくなってしまうのです。

しかし帯状疱疹は全ての世代で発症する病気なので、若い人は関係ないと油断しないでください。帯状疱疹にかかる人の数は年々増えてきており、中でも10~20代で帯状疱疹にかかる人が多くなってきているのです。

その理由として、現代人に免疫力の低下している人が増えたことが考えられています。

若い人でも

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活習慣

などがきっかけで免疫力が低下しやすくなります。

普段から体調管理を心がけて免疫力を維持することが大切ですし、帯状疱疹とはどのような病気か知っておいて疑わしい症状が出たらすぐ受診できるようにしておくことがのぞましいです。

帯状疱疹を発症するのは一生に1回だけ、その確率は6~7人に1人となっていますが、疼痛や帯状疱疹後神経痛が怖い!という人は予防対策として水痘・帯状疱疹ワクチンを接種するのも良いでしょう。

任意接種で費用は1万円程度かかりますがメリットは大きいと思います。

帯状疱疹にかかったら?悪化させないために生活で注意したいこと

帯状疱疹には合併症のリスクもあるので、できるだけ早く治したいものです。普段通りに…と言わず、ある程度のポイントを押さえた生活で早く完治を目指しましょう。

帯状疱疹にかかったら:とにかく休養をしっかりとる

ご説明したとおり、帯状疱疹いかかる原因は疲労やストレスであることが多いです。まずは心と体の疲れをとってください。

とにかくゆったりと生活する事が大切です。運動などは避けて、安静に過ごすことがポイントです。

そして、リラックスできる時間や十分な睡眠時間を確保してください。

帯状疱疹にかかったら:患部を清潔にする

温めるという点で入浴は大丈夫です。石けんも使っていいのですが、ゴシゴシこすって発疹をつぶさないように気を付けるようにします。入浴後は、タオルでそっと押さえるように拭き、必要であれば塗り薬をつけます。

水泡性の発疹が出ている場所はシャワーで優しく洗い流して清潔に保ちましょう。

湯船につかると肌の痛みが和らぐと言う人も多いです。お風呂につかった後はまたシャワーで優しく流してください。いずれにしても、帯状疱疹が現れている部位を清潔にしておきましょう。

帯状疱疹にかかったら:アルコールを控える

アルコールには血管の拡張作用があるのでできるだけ控えましょう。血管拡張により疱疹が悪化してしまいます。

帯状疱疹は一般的に2~4週間程度で完治すると言われています。それほど長い期間ではありませんので、ドクターからGOサインがでるまでは飲酒を我慢するのが一番です。

帯状疱疹にかかったら:食事はバランス良く摂る

帯状疱疹にかかる原因として免疫力が落ちている可能性が高いです。免疫力をアップさせることで完治が早まりますし、症状の悪化を防ぐことが出来るかもしれません。

栄養を摂って少しずつ抵抗力を取り戻すことが必要です。特にビタミンB12で血液の流れをよくしましょう。

免疫力アップ方法はたくさんありますが、バランスの良い食生活を送る事も有効な方法です。偏食はせず、バランスの良い食事と食事の時間を心掛けましょう。

どんな病気か特徴を理解しておき早期受診を心がけましょう

帯状疱疹はもし発症してもすぐ受診して治療を受ければ痛みや後遺症を回避することができること、また早期の受診が大切だということがお分かりいただけたでしょうか。

帯状疱疹は命に関わることが滅多になく、適切な治療で軽く済ませることも可能な病気です。帯状疱疹の特徴や対処法について予め知識を持っておくと、いざ発症した時に安心です。

高齢者だけでなく若い人もかかりやすい病気ということで、今回の記事を目に止めてくださった方のお役に立てたら幸いかと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る