TOP > > 外陰部にしこりが!バルトリン腺嚢胞の治療法と自分でできる治し方

外陰部にしこりが!バルトリン腺嚢胞の治療法と自分でできる治し方

腰の前で手でハートをつくる女性

自分の体にしこりを見つけると誰でもドキッとするものですが、女性の場合、しこりがデリケートゾーンに見つかると、けっこうショックを受けてしまいますよね。

デリケートゾーンにできたしこりは「バルトリン腺嚢胞」かもしれません。あまり知られていない病気ですが、若い女性にはしばしばみられる病気です。

バルトリン腺って何?治療は怖いの?そんな疑問を解消するため、バルトリン腺嚢胞の特徴や治療法について分かりやすく説明したいと思います。

外陰部にできる謎のしこり「バルトリン腺嚢胞」とは

外陰部のしこりは、主な原因としてバルトリン腺のトラブルが考えられます。その中で多いのが「バルトリン腺嚢胞(のうほう)」です。

バルトリン腺とは

バルトリン腺という名前は知っていても、バルトリン腺がどのような器官でどのような病気にかかるのか知らないという人も多いのではないでしょうか。まずはバルトリン腺について説明したいと思います。

バルトリン腺は、膣口(膣の入り口)の左右斜め奥にある、えんどう豆くらいの小さな分泌線です。膣口の膣口から見て時計の5時と7時の位置にあたります。

しかしバルトリン腺は皮下にあるので表面から触ることができず、開口部(穴)はとても小さいので、通常はどこにあるのか分かりません。

バルトリン腺には、スムーズに性交するために「バルトリン腺液」という粘液を分泌して膣口を潤す役割があります。性的に興奮するとバルトリン腺液が分泌されます。

バルトリン腺嚢胞とは

バルトリン腺嚢胞とは、バルトリン腺に嚢胞ができる病気です。嚢胞とは体の中にできる良性の袋のこと。

バルトリン腺の出口が詰まってしまい、外に排泄できなくなった液が溜まって嚢胞が形成されます。中の液体は無色透明の粘液です。

バルトリン腺嚢胞イメージ

嚢胞は左右のどちらかに生じます。嚢胞の中に液が溜まっていくにつれ水風船のように大きく膨らんで、小陰唇の内側が片方だけパンパンに腫れてしまいます。

バルトリン腺嚢胞ができても、もう片方のバルトリン腺はバルトリン腺液を分泌することができるので、機能自体に問題はありません。

バルトリン腺嚢胞の原因

バルトリン腺は開口部がとても小さいため、どうしても詰まりが起こります。バルトリン腺嚢胞は女性の2%にみられます。

しかしバルトリン腺が詰まる原因は、はっきり分かっていません。ただ、バルトリン腺嚢胞は20代の女性に起こりやすく、加齢と共に起こりにくくなるとも言われます。

まれに性感染症で発症することもあるとされていますが、バルトリン腺のう胞自体は性行為で起こる病気ではなく、細菌感染などの炎症を起こしていなければパートナーに悪影響を及ぼすことはないので安心してください。

バルトリン腺嚢胞の症状

バルトリン腺嚢胞自体は悪いものではなく痛みもありません。目立たない器官ということもあり、嚢胞が小さい場合は無症状で本人も気付かないことがほとんどです。

しかし少し大きくなると嚢胞が邪魔になり始め、陰部に不快な症状が出てくるようになります。

バルトリン腺嚢胞の症状
  • 小陰唇の左右の形が非対称になる
  • 外陰部を触ると片側だけにしこりがあることに気付く
  • 歩く時に不快感や痛みを伴うようになる
  • 性交の時に違和感をおぼえる

バルトリン腺嚢胞は放置するとどんどん大きくなり、中にはピンポン玉くらいの大きさまで腫れあがってしまう場合もあります。ここまで大きくなると常に不快感を伴い、生活にも支障をきたすようになってしまいます。外陰部のしこりに気付いたらすぐに対処をしましょう。

しこりが見つかった!バルトリン腺嚢胞はすぐに受診が必要?

デリケートゾーンにできるしこりは良性のバルトリン腺嚢胞であることが多く、がんなど悪性の病気が見つかることはまれです。また、バルトリン腺嚢胞そのものは命に関わる病気でもありません。

治療を急がない場合が多いのですが、治療せずに不快な症状を我慢するより治療してしまうほうが楽なので、気になる場合はすぐ婦人科を受診してください。

すぐ受診したほうが良い場合
  • 嚢胞が大きく、動くと圧痛が起こる
  • 何もしなくても痛む
  • 我慢できないほどの強い痛みがある
  • 嚢胞がでこぼこしている・しこりが複数出ている(別の病気の可能性がある)
  • デリケートゾーンのしこりができると共に発熱がある
  • 症状の有無に関係なく40歳以上である
受診を急がなくても良い場合
  • 40歳未満で、しこりがあっても痛み・不快感・発熱がない

バルトリン腺嚢胞そのものは自然治癒しやすい病気です。バルトリン腺の開口部がふさがっているだけなので、詰まりがなくなれば自然とおさまっていくので、無症状ならば受診を急ぐ必要はありません。

ただ、痛みや発熱を起こしている場合は、細菌感染による「バルトリン腺膿瘍」を併発し治療が必要になるので、産婦人科の受診が必要になります。

また40代以上の女性は、年齢的にがんのリスクが高い世代ということもあり、外陰部のしこりがあれば受診し、生検を受けることがすすめられています。生検とは患部の組織を採取してがん細胞の有無を調べる検査のことです。

40代以上の女性のしこりが外陰部のがんの可能性が高い、というわけではありません。念のために検査しておくのが安心ということです。外陰がんの発症リスクは10万人に0.5人とかなり低いものです。

温座浴で消える可能性もある

また、嚢胞の痛みが少ない場合に限り「温座浴」をすることで受診せずに自然に治る可能性があります。

温座浴は家庭にある物で簡単に実践できます。膣口の近くに痛みの少ないしこりを見つけたらバルトリン腺嚢胞ができていると想定し、まずは温座浴を試してみてください。

温座浴の方法
浴槽などにお尻がつかるくらいの深さにお湯をはり、お尻をつけて外陰部を10~15分くらい温めます。温座浴を1日に3~4回、数日間続けると嚢胞は自然に消えます。

温座浴をしても症状(痛み・小陰唇の腫れなど)がおさまらない場合は、ほかの病気にかかっている可能性が考えられるので産婦人科を受診してください。

治療は比較的簡単!バルトリン腺嚢胞の治療法

バルトリン腺嚢胞は、医師が患部の外観を見ただけですぐ診断が可能です。嚢胞が小さく無症状の場合は治療の必要がないため、医師の判断で「もし痛くなったら、また来てください。」と言われて帰ることになります。

嚢胞が大きく不快感を伴う場合は治療が行われます。バルトリン腺嚢胞の治療には次の種類があります。

  1. 腺穿刺吸引
  2. バルトリン腺開窓術
  3. カテーテル留置
  4. バルトリン腺嚢胞摘出術

バルトリン腺嚢胞の治療①穿刺吸引

穿刺吸引とは、局所麻酔をしてからバルトリン腺嚢胞に注射針を刺し、嚢胞の中に溜まった分泌物を吸い出す治療法です。処置後は感染予防のために抗生物質を投与します。

短時間で済む処置のため、診察室でそのまま穿刺吸引を受けて帰ることが可能です。麻酔や処置で痛みを感じることもありますが、体の負担が軽く入院の必要もありません。

嚢胞が小さくなるので不快感や痛みがすぐに消えますが、再びバルトリン腺の開口部が詰まって再発する場合が多く、根本的な治療にはなりません。

バルトリン腺嚢胞の治療②バルトリン腺開窓術(造袋術)

バルトリン腺開窓術は、嚢胞の一部を切開して窓を作って中の分泌物が常に流れるようにし、嚢胞の中に分泌物が貯まるのを防ぐ治療法です。嚢胞が2~3㎝より小さい時には行いません。

開窓術(造袋術)とは、嚢胞の一部を縦や楕円形などに切開し、できた穴を皮膚と縫い付けて外部に開通する窓を作り、嚢胞に分泌物が貯まるのを防ぐ手術です。

バルトリン腺嚢胞の治療造袋術

局所麻酔または全身麻酔(静脈麻酔で眠った状態)が必要になる手術ですが、処置自体は20分程度の短時間で済み、基本的には入院せずに帰ることができます。

術後は、縫い目が腫れしばらく痛みが残りますが、腫れは数日でおさまり、傷口の痛みは鎮痛剤で抑えることができます。開窓術(造袋術)によって女性機能が影響を受ける心配はありません。

バルトリン腺嚢胞の治療③カテーテル留置

カテーテル留置とは、嚢胞の一部を少し切開してから、嚢胞の中にカテーテルを入れて留置し、開口部を作る治療法です。

カテーテルとは、先端にバルーンのついた柔軟なチューブのことです。カテーテルを嚢胞に入れてからバルーンを膨らませて1ヶ月程度留置することで開口部を作り、カテーテルを取り除きます。

他の処置と同様に局所麻酔で行う短時間の手術です。カテーテルを入れている間は性交も可能ですが、不快感があるかもしれません。

バルトリン腺嚢胞の治療④バルトリン腺嚢胞摘出手術

ほかの治療法を実践しても再発や感染を繰り返す場合は、根本的な治療法としてバルトリン腺嚢胞を摘出する手術を行います。

ほかの治療に比べて体の負担が大きく、2~3日の入院が必要になります。また術後もしばらくは腫れや痛みが残ります。

処置後の過ごし方

治療後2~3日はシャワーのみという指示が出るかと思います。処置後の入浴、生活上の注意点については医師の指示に従いましょう。しばらくは傷口から軽い出血や分泌物がみられますが、次第におさまるのであまり心配はいりません。

おりものシートまたは生理用ナプキンを当て、こまめに取り換えると患部を清潔に保つことができます。

処置後は通常の生活を送ることができますが、傷口を保護するためにも処置をした日から2~3日間はなるべく安静にして過ごしましょう。医師の許可があれば性交も可能です。

バルトリン嚢胞の治療を受けた人はなるべく体を温めるようにし、傷口が回復したら温座浴を習慣にすると回復促進と再発予防が期待できます。

見過ごしに注意!バルトリン腺嚢胞と紛らわしい病気

バルトリン腺嚢胞は自然に治ることも多い良性の病気ですが、バルトリン腺嚢胞に似たほかの病気は病院での治療が必要になります。自己判断で「バルトリン嚢胞だから病院に行く必要はない」と決めつけて治療が遅れてしまうことのないように注意しましょう。

バルトリン腺の病気には次の種類があります。

バルトリン腺の病気①バルトリン腺炎

バルトリン腺炎は、バルトリン腺の開口部から細菌が侵入してバルトリン腺に炎症を起こす病気です。バルトリン腺炎には急性と慢性があります。

急性バルトリン腺炎の症状
  • 片側の膣口周辺が赤く腫れる
  • 陰部にかゆみ、痛み、ほてりを感じる
  • 動くと痛みが強くなる
慢性バルトリン腺炎の症状
  • 片側の膣口周辺に軽い痛みや不快感をおぼえる
原因
バルトリン腺に大腸菌、ブドウ球菌といった体の常在菌が侵入したり、性行為によってパート―からクラミジアなどの細菌に感染してしまうために起こります。慢性バルトリン腺炎は急性バルトリン腺炎から移行することが多いです。
治療法
検査で感染の原因菌を特定し、抗生物質を服用して細菌を駆除します。

バルトリン腺の病気②バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺膿瘍(のうよう)は、細菌感染によるバルトリン腺の炎症が悪化し、バルトリン腺に膿が溜まってしまう病気です。

症状
  • 熱を持ったしこりができて大きく腫れる
  • 圧痛がある
  • 動くと疼痛が起こる
  • つぶれると黄緑色の膿が出る
  • 発熱することもある
原因
バルトリン嚢胞やバルトリン腺炎から移行して発症することが多いです。開口部が塞がって膿が溜まってしまうために起こります。
治療法
鎮痛剤で強い痛みをしずめ、抗生物質で細菌を抑えて炎症をやわらげます。バルトリン嚢胞と同じく穿刺吸引や開窓術によって、しこりの中の膿を排出する治療が必要になります。

外陰がん

外陰部にできる悪性腫瘍を「外陰がん」といいます。女性特有のがんのおよそ3%と発症頻度は低いものの、初期症状のしこりはバルトリン腺嚢胞と似ているため、念のためにその存在は意識しておきたいです。50~60代の女性に多く見られる病気です。

症状
  • 外陰部の表面に痛みがなくでこぼこした腫瘤(こぶ)ができる
  • 患部に治りにくい潰瘍ができる
  • 排尿痛や熱感を伴うようになる
  • かゆみを伴う

バルトリン腺嚢胞のしこりは表面が滑らかですが、がんのしこりは次第にただれたりでこぼこしたりしてくるので、観察すれば見分けがつくようになるはずです。

原因
加齢によって起こりやすくなる外陰部の皮膚病「硬化性萎縮性苔癬」やヒトパピローマウイルスの感染などが原因に挙げられます。子宮や膣のがんから転移して発症することもあります。
治療法
リンパ節に転移すると5年生存率が50%以下に下がります。早期から自覚症状が出やすい病気です。違和感をおぼえた時にすぐ受診することが大切です。

治療法はステージ(がんの進行度)によって異なり、根本的な治療法はがんと周辺組織の切除、リンパ節の切除になります。進行している外陰がんは切除が難しいので化学療法や放射線療法でがん細胞を死滅させます。

誰でもかかる可能性のある病気です!悩まずすぐ治しましょう

あまり知られていない病気ですが、バルトリン腺嚢胞の特徴や治療法がおわかりいただけましたでしょうか。最後にもう一度、バルトリン腺嚢胞の特徴を最後におさらいしておきましょう。

  • デリケートゾーンにできる比較的ありふれたできもの
  • 悪性の病気・性感染症ではない
  • 必ずしも手術が必要とは限らない
  • 手術は短時間で済む簡単な処置
  • 大きな嚢胞は、痛みを我慢するより処置を受けたほうが早く楽になる

デリケートゾーンは人に相談しにくい部分なので「がんなどの悪い病気では?」「痛い治療をするのかな」と不安になっても、病院にも行けずに悶々と悩んでしまう人も多いことと思います。

適切な処置で嚢胞を治すことのできた女性の多くが「しこりがある時は怖かったけど、意外に簡単に治って良かった」とホッとしています。大切な体なのでトラブルは早く治し、自分で健康を守っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る