TOP > > 辛い冷え性をなんとかしたい!養命酒の効果があなたを助けます!

辛い冷え性をなんとかしたい!養命酒の効果があなたを助けます!

以前私が通っていた理髪店の店長が、「養命酒がこんなに良いものだとは思っていなかった・・・」としきりと言っていた事があります。その頃は聞き流していたのですが、この養命酒、確かな効能が間違いなくあるようです。

養命酒と聞くと男性向けの商品の様に感じる方も多いと思いますが、じつはこの養命酒、女性の悩みで常に上位にランクインされる冷え性に非常に効果的なのです。そのせいか養命酒のテレビコマーシャルも最近は女優が出演する事が多くなっています。

30歳以上の女性の8割は体調に不安を感じている!

30~50歳の女性の8割以上は何らかの体の不調を抱えています。女性は30歳を境に、見た目や体質も変化を感じやすくなるようです。肌の張りやツヤに変化を感じ、それによって精神的にも落ち込んでしまう人もいるようです。

女性の感じる体調不良は、疲れやすい・肌荒れ・冷え性等が代表的です。これら症状は、東洋医学では「未病」と言われています。これは「病気が発症していない予備群」の事を言います。現代の30~50歳の女性は8割がこの未病の状態にあるのです。

養命酒がなぜ体に良いのか?

養命酒には14種類の生薬が配合されています。複数種類の生薬を配合する事で、幅広い効果が得られるのです。その生薬の効き目をさらにお酒の力で引き出しているのです。養命酒を飲む事で、アルコールが体の血行を良くします。

それによって14種類含まれた生薬が、血流に乗って体中に行き渡ります。そしてその生薬が体内から体を温め、代謝を高めます。それによって人すべてに備わっている自然治癒力を向上させるのです。このメカニズムが女性に多い冷え性の解消に一役買ってくれるのです。

養命酒のアルコール分はどの程度?

さて、養命酒の効能は解っていただけたと思いますが、酒と言うからにはアルコールが関わってきます。アルコールは強い方、弱い方あると思いますが、養命酒のアルコールは14%、一回の服用は20mlです。「酒気帯び運転」の罪に問われる基準が、アルコール度が大体15%前後の清酒で考えた場合半合(90ml)との事。

量としては問題は無いのですが、アルコールの影響に関しては個人差があるので、注意が必要です。やはり運転前は控える事をお勧めします。アルコールを温めたりして飛ばして飲む方もいるようですが、アルコールも効能の一つの為、余りお勧めできません。

アルコールが苦手な方は、少ない量から始めると良いでしょう。規定量20mlを一日3回というのが理想ですが、アルコールで体調を崩しては元も子もありません。規定よりも少ない量で、一日一回就寝前に飲む事から始めては如何でしょうか?漢方は少量でも長く続ける事が重要です。

400年の歴史を持つ薬用養命酒、上手く生活に取り入れて体質改善、冷え性に負けない体を作りましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る