TOP > > 手足に汗をかく多汗症の人は冷え性も注意した方が良いって本当?

手足に汗をかく多汗症の人は冷え性も注意した方が良いって本当?

手足に汗をかく人は冷えやすい

多汗症と言われて、手のひらや足の裏に異常に汗をかく人がいます。普通は暑い時に汗をかくのですが、多汗症の人はストレスを感じた時にも異常に汗が出ます。つまり、気温が暑かろうが寒かろうが、常に汗をかいてしまうのです。

汗は暑くなった体温を外へ逃がしていく役目があります。夏の暑い時には有効なのですが、多汗症の人は冬にも異常に汗をかくため、手足から体温が逃げてしまい、冷え性になってしまっている人が多く見受けられます。実際多汗症の人は手足が冷たい人が多く、寒がりです。

また、太っているから冷え性のはずはないと思われがちですが、太っていても多汗症の人は冷え性の人が多いのです。

汗をかく原因を考えてみる

一概には言えませんが、やはり多汗症の人は緊張しやすく、ストレスなどが自律神経を刺激してしまい、大汗になるようです。

多汗症の人は、女性でも男性でもたくさんいます。汗をかく量があまりにも多く、手をつなぐことが出来ない、人前に出られない等々、悩んでいる人が大勢います。

今は、たくさんの治療プログラムもありますが、出来るだけストレスをためない生活を心掛けましょう。

一説には、冬に汗をかいて冷えるのは、夏の暑い時に手足を冷やし過ぎるからだというのがあります。冷やし過ぎた末端の手足の代謝が悪くなり、その影響が冬にも出てくるというのです。

また、多汗症による冷えは、ひょっとしたら病気が潜んでいることもあります。甲状腺の機能が亢進すると、代謝が高まって全身に大汗をかくことがあります。更年期障害でもホルモンのバランスが崩れて汗をかきます。

いずれの時も、冬場はその汗が体温を奪ってしまい、冷えてしまったりするのです。急に多汗症になって冷えるようになったら、きちんと健康状態を調べるようにしましょう。

冬でも大汗をかいて冷える人は

代謝が悪い人が多いので、特に下半身がむくみやすくなっています。定期的に続けられる運動で筋肉をつけて代謝を上げるようにしたり、お風呂に入る時は半身浴がオススメです。

体を冷やす食べ物も避けた方が良いようです。特に糖分の多い間食は控えましょう。根菜類やネギやショウガ、チーズやニンニクなどは体を温めてくれる食品です。特にショウガは昔から冷えに良いとされてきています。積極的に摂ることをオススメします。

実は体の冷えを徹底的に改善したら、多汗症も改善した、という人もいるくらいです。

多汗症で冷え性の人は、年間を通して体を冷やし過ぎないように心掛けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る