TOP > > 白砂糖が体に悪い理由と健康的に砂糖を取り入れる方法について

白砂糖が体に悪い理由と健康的に砂糖を取り入れる方法について

人が生きていく上で必要な栄養が「タンパク質・脂質・糖質」の三大栄養素というのは、みなさんも良くご存知かと思います。体型を気にしたり、肥満のリスクを考えた時、ダイエットをするのも良い事ですが、必要な三大栄養素が欠けてしまうとバランスが崩れるので、脳は体が飢餓状態であると判断し、命を守るために痩せにくい体を作ろうとします。

これではいくらダイエットをしても意味がありませんし、体調不良の原因となってしまいます。甘いものは太ると考えられていますが、これは食べ過ぎる場合です。脳の働きを助けるために糖分は必要ですし、三大栄養素のバランスが取れている事で体の機能も正常に近づきます。

白い砂糖が体に悪いと言われる理由

適度な糖分は必要ですが、白い砂糖に関しては摂取しない方がいいという考え方もあります。どこの家庭にもあると思われる白砂糖は、サトウキビから作りますが、精製して白くしています。精製した状態の砂糖は自然界には存在していません。

人の手を加え、化学的に合成した物で白くしているのです。極端な考え方をすれば、白砂糖は薬と同じだという人もいます。添加物によって白くした砂糖は、白砂糖という形以外にも様々なところで使われています。

スナック菓子、スイーツ、お惣菜やお弁当、外食、清涼飲料水など自分の家で白砂糖断ちをしても、知らない間にかなりの量を摂取しているのです。WHOでは1日あたりの砂糖摂取量を約25gまでが理想としています。

25g=小さじ6杯分に相当しますが、実際にはこれ以上を摂取しているのが現実のようです。白砂糖が体に良くないと言われるのは、体を冷やすからという理由だけでなく、知らない間に依存してしまいやすいからです。

習慣性が高いので、白砂糖を摂取しないとイライラしたり、無性に甘いものが食べたくなり我慢できなくなります。とは言っても、疲れた時に甘いものが欲しくなるのは誰にでもある事ですし、砂糖たっぷりのお菓子やスイーツを食べると元気が出たように感じるのも事実です。

白砂糖が体に与える影響

精製して作った白砂糖は吸収率が高いので、摂取してから短時間でエネルギーに変わります。これが甘い物を食べると元気になると感じる理由です。しかし早すぎる吸収力は、血糖値の上昇も不自然に高くしていまい、それと同じスピードで下降します。

簡単に言えば無理やりテンションを上げた反動が、一気にブルーな気持ちにさせるという感じです。これを他の栄養素が補おうとするので、栄養バランスは大きく崩れ、体にも大きなダメージとなります。

甘い物を食べると虫歯になると言いますが、これは歯を磨かないという理由以外にも、砂糖による栄養バランスの変化や、体を冷やす事で免疫力や抵抗力が下がり、病気のリスクが高くなるからだと考えられています。

砂糖で消費した分を補うために、カルシウムが代役を務めますが、今度はカルシウム不足がイライラの原因になるといった悪循環に陥ります。血糖値の急激な上昇と下降は、思っている以上に体に負担をかけますが、これが糖尿病のきっかけになるので、過剰摂取は想像以上に体にダメージを与えてしまうのです。

白砂糖断ちのメリット

完全に白砂糖を断とうとするのも難しいのですが、白砂糖が体に与える影響を考えて、白砂糖断ちを実践している人もたくさんいます。そういった人達の多くは、白砂糖を断つ事で初めて分かる嬉しい変化なども感じているようですね。

個人差もありますが、多くの人が冷え性が改善されたとしています。これによりむくみも解消されるので知らない間にサイズダウンしていたなど、ダイエット効果も出ているようです。原因不明の体調不良が改善されたというのも、冷えが解消された事による相乗効果の可能性が高いようです。

パソコンやスマホをよく使う人は、目の疲れがかなり改善されたと感じています。しかし生きていくために必要な糖質は、白砂糖断ちをする場合、どうやって補えばいいのか悩んでしまいますね。糖質はお米や麺類などにも含まれていますが、甘味が欲しい時は困ってしまいます。

体にいい甘味とは?

白砂糖が体に良くないという理由が分かっても、甘味は何で代用したらいいのでしょうか?自然界に存在していない物というのも、白砂糖が良くないと言われる理由なら、自然界に存在しているものを取り入れればいいのです。

白砂糖の代わりとなる物は、メープルシロップ・甜菜糖・甘酒・米飴です。これらは全て天然の甘味料です。程よい甘味がありますので、十分白砂糖の代わりになります。ただし、商品によっては添加物を使用している物もあるので、必ず100%無添加や、無加糖の物かどうかをチェックして下さい。

黒砂糖も体にいいとは言われていますが、今は黒砂糖にも精製して作られるものがあります。黒砂糖を選ぶ時も無農薬栽培や無添加と書いてあり、綺麗な状態で売られているものより、少し不格好な状態のものを探してみましょう。

天然由来の甘味は、体にも優しくゆっくり吸収されるので、下降も緩やかです。自然な状態でミネラルやビタミンも含まれているので、栄養バランスを崩す心配もありません。何よりも習慣性がないので、甘い物の過剰摂取も防げます。

旬のフルーツを乾燥させ、ドライフルーツにすると甘味が凝縮されるので、スイーツなどに甘味をプラスしたい時にも便利です。ヨーグルトとの相性も抜群です。また旬のフルーツは甘味も強いので、甘味を加えずそのまま煮込んでジャムにしても保存が効くので何かと便利です。

白砂糖の代わりになる物は意外と多いので、少しずつ変えて、体にいい糖質を取り入れていきたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る