TOP > > 内臓から温めて冷え性改善に効果抜群! 白湯を飲む健康法とは

内臓から温めて冷え性改善に効果抜群! 白湯を飲む健康法とは

shutterstock_228471739

皆さんは普段どんな飲み物を飲んでいますか?冷たい飲み物は喉をスッキリ潤してくれるので、冷えた水や麦茶を愛飲している人も多いかもしれません。

でも冷たい飲み物ばかり飲むと内臓が冷え、あらゆる不調の原因となってしまうことがあるんですよ。特に冷え性の人に冷たい飲み物は禁物。

おすすめしたい飲み物は白湯(さゆ)です。「白湯ってただのお湯じゃない?」と敬遠している人も、飲んでみれば分かるその健康法を紹介していきます。

白湯を飲む健康法とは

白湯とは一度沸かしてさました「湯冷まし」のこと。何も入れていないお湯です。

普段の水分補給をほかの飲み物から白湯に替えるだけ。 それだけで健康になります。世間では「毒出し」「ダイエット」に良いとも言われています。

用意する物は水とヤカンです。白湯に使う水は水道水でもかまいません。水道水ならいつでも手に入り経済的なのもメリットです。

白湯の作り方

1.ヤカン(鍋など)に水を入れ、ふたをして強火で加熱する
2.沸騰したらふたを開け、火を少し弱めてそのまま10分間沸かし続ける。
3.冷めたものを飲む

大量に作る時はポットに移し替えて保温します。朝、1日分をまとめて沸かしておくのも良いでしょう。

ヤカンでも鍋でも構いませんが、もしあれば鉄瓶がベスト。鉄瓶で沸かすお湯が一番おいしいとも言われてます。

白湯に温度の定義はありませんが、水分補給の場合には50~60℃くらいがおすすめでしょう。

コーヒーを飲む時の適温が60~70℃とされているので、基準としてはコーヒーより少しぬるめと感じる温度の白湯をすすりながら飲むくらいで丁度良い、と考えます。

健康法として白湯を飲むなら

健康法として白湯を飲むなら、正しい飲み方で。白湯の量や飲み方を意識してみてください。

正しい白湯の飲み方

【白湯は1日800mlまで】
たくさん飲むほど健康になるわけではありません。1日に計800mlまでとします。とり過ぎると体に必要な栄養素も一緒に流してしまい逆効果です。

【1回に飲む量は150ml】
1回に飲む量は150mlくらいがおすすめ。一気に飲むのではなく5~10分くらいかけて少しずつ飲みます。 ゆっくり飲めば、白湯がやさしく体にしみ渡っていくように感じますよ。

【飲むタイミングを守る】
白湯を飲んで健康になりたいなら朝、食事中、寝る前には必ず飲んでおくのがポイント。その理由は以下になります。

朝…体温を上げ眠っていた体をシャキッと起こす
食事中…胃腸を温めて消化機能を促進させる
寝る前…体を温めて寝つきを良くする

白湯の健康効果

白湯を飲むと胃を温かいお湯が通り内臓の血行が促進され、次のような健康効果が生まれます。

胃腸の調子が良くなる

胃腸の血行が促進され、消化・吸収が良くなります。腸の動きが活性化されるので便秘予防にも効果あり。

冷えに伴う不調が消える

体全体の血行が促進され冷え症が改善されます。冷え性に伴う肩こり、腰痛、生理痛などの不調ともお別れすることができます。

基礎代謝が高まり脂肪が燃焼されやすくなる

内臓の温度が1℃上がると基礎代謝がおよそ10%高くなるとされています。基礎代謝が高いほど脂肪が燃焼されやすいので、太りにくくなります。

免疫力が高まる

平熱の高い人ほど免疫力が高く、病気にかかりにくいのです。白湯を飲み続けると血行が促進されて体温が上がり、免疫力が高まります。

疲れにくくなる

内臓の血行が促進され、老廃物を排出する役割を持つ腎臓や肝臓の機能が高まります。老廃物が溜まりにくいと疲れも感じにくくなります。

むくみが解消する

血液やリンパの循環が良くなり、体の余分な水分が尿として排出されやすくなります。そのためむくみがスッキリ解消されるようになります。

快眠できるようになる

体がポカポカして寝つきが良くなり、朝までぐっすり眠れるようになります。

美肌になる

白湯を飲むと老廃物が排出され吹き出物が出なくなります。また血液の循環が良くなると皮膚に栄養が行き渡り新陳代謝が活発になるので、きめを整えたりシミを防ぐなどの美肌効果も得られます。

…これらの効果が相乗し、体全体の調子もどんどん良くなっていくのです。

白湯はおいしい

ところで、白湯を飲んだことのない人は「全く味のない白湯が本当においしいの?」と思うかもしれません。実は正しい方法で用意した白湯は本当においしいんです。水道水で作った白湯もおいしいと感じられますよ。

ただし、白湯の味は人によって感じ方が違うと言われています。体の中がきれいな人はほんのり甘く感じ、毒素の溜まっている人ほど苦みや飲みにくさを感じるのだそうです。

筆者も半信半疑で白湯を飲んでみて、本当に甘みを感じておいしかった時には驚きました。以降はやみつきになっているんですよ。冷えを感じにくくなり、冬に重ね着する枚数が減ったのも嬉しいです。

最初はおいしくないと感じる人もしばらく飲み続けていると白湯によって毒素が排出されていき、白湯が美味しく感じられるようになります。白湯を飲んでみておいしくなかった人こそ、健康のために白湯を飲み続けてみてください。

楽しみながら飲みましょう

なんといっても水はリーズナブルですしカロリーも0kcalなので、ほかの飲み物を飲むよりも断然お得だと思いませんか。

健康法と言ってもそう堅苦しくとらえず、気軽に白湯を取り入れてみてください。必ず決められた方法で飲めなくてもかまいません。楽しみながら飲むことをおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る