TOP > > これで夏冷えを解消!家のお風呂で簡単にできる温冷入浴法

これで夏冷えを解消!家のお風呂で簡単にできる温冷入浴法

この夏は、連日のように猛暑日が続いていますね。でも、オフィスでは、冷房がキンキンに冷えていて、1日中オフィスワークをする人にとっては、夏冷えに悩まされる季節と言えるでしょう。

外に出れば、強い日差しと熱風に襲われ、オフィスに戻れば、そこは冷蔵庫。体に負担がかかるのも無理はありません。そこで、夏冷えで体調不良を感じている方のために、家のお風呂で簡単にできる、「温冷入浴法」をご紹介します。

つらい夏冷えを解消!体を芯から温める、温冷入浴法とは?

何となく、想像がつくかもしれませんが、「温冷入浴法」とは、簡単に言えば、熱いお湯と冷たいお湯に、交互に入る入浴法、ということです。夏は、どうしても、食欲が落ちるので、食生活に加えて、こうした工夫は効果的です。

ただし、何事も、自己流ではいけません。正しい、知識や方法に従って実践する事で、始めて効果が現れるというものです。それでは、温冷入浴の方法ですが、まず、はじめに、40℃~42℃くらいの少し熱めのお湯に、全身、肩まで、5分ほど浸かります。

その後、20度前後の冷たい水に、1分程浸かるのですが、家庭では、浴槽を2つ用意するのは難しいでしょうから、冷浴の代わりにシャワーを使い、冷水を全身にかけるようにします。

ここが、家庭で行う時のポイントです!夏場であれば、水道水の水をそのままかければ、良いでしょう。だだし、あまりに冷たすぎる水ですと、逆効果ですから、水温調節には、注意して下さい。

つまり、40℃~42℃くらいの少し熱いと感じるお湯に、5分浸かる。その後、水道水のシャワーを1分ほどかけ流す。という動作を、3回繰り返します。

そして、必ず、熱いほうのお湯に浸かって終わりにしましょう。ただし、家庭ではありませんが、温泉施設などで、高温のサウナに入った後で、冷水にザブーン、と入る人を見かけますが、これは、温度差が大きすぎ、心臓には、とても大きな負担がかかりますから、これはやってはいけません。

温冷浴が、夏冷えに効くのは、どうして?

熱いほうの湯、つまり、温浴をすることで、体中の血管が拡がり、血行が良くなります。その後、冷水を浴びることで、血管は急激に収縮します。この、血管の、拡張と収縮を繰り返すことによって、血管の壁が鍛えられ、血管は強くて柔らかくなっていきます。

同時に、血液の循環が良くなるので、夏冷えによって、縮んでいた血管が拡がり、体の隅々まで、血液が良くながれる、つまり、血流が改善するということです。これにより、昼間、冷房などで、冷たくなっていた体が、暖かくなり、夏冷えの予防や改善につながる、というわけです。

また、日中は、空調により、室温が一定の温度に保たれるため、体温の調節機能が、あまり働いていないのですが、温冷入浴をすることにより、体温の調節機能が刺激を受けるので、自律神経の機能を高める効果もあるのです。

さらに、自律神経は、ホルモンバランスを調節する機能とも関連しているので、特に、ホルモンバランスが不安定になりがちな、女性にとって、温冷入浴は、まさに、一石三鳥とも言える、とても効果の高い入浴法であると言えるのです。

もし、全身に水を浴びることに抵抗がある人や、普段から、半身浴などを行っているという方には、「部分的な温冷浴」でも十分に効果はあります。

部分温冷浴とは、体の一部だけ、温冷浴をするもので、例えば、足湯などを温冷浴で行うという事です。やり方は同じです。少し熱い湯と冷たい水の洗面器やバケツなどを用意して、同じ様に、交互に行って下さい。

足の血行が改善し、体温調節機能に刺激を与えるという点では、同じ効果が得られます。最初は、足の温冷浴から始めて、慣れてきたら、全身でやってみる、など、ステップを踏んでも良いと思います。

猛暑日が続きますが、外が暑いほど、オフィスや室内は冷えているものです。外気と内気の温度差が大きいほど、体も疲れています。自律神経が乱れ、夏冷えを起こしやすい状態です。

この方法であれば、ご家庭のお風呂でも、簡単に温冷浴ができると思います。夏冷えに悩まされている方々、是非一度、試してみてはいかがでしょうか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る