TOP > > こんなに暑いのに冷え性ではないですか?夏の冷え性に効果的な対策

こんなに暑いのに冷え性ではないですか?夏の冷え性に効果的な対策

暑い夏に欠かせない対策は「熱中症対策」ですよね。帽子や日焼け止めに水分補給など、暑さ対策には余念がありません。しかし、暑さ対策以外にも考えてほしい対策があるのです。

それが「夏の冷え性対策」なのです。暑い季節に冷え性対策なんて、おかしいと思われる人も多いと思いますが、実はこの季節にも注意が必要な症状なのです。

夏の冷え性とはどのような状態なのですか

暑い季節に冷え性とは変な話かもしれませんが、気が付かない人も含めて大勢の人がかかっている症状です。冷え性は「低体温」ではないので、体温計で計っても体温は平熱になります。

しかし、身体の内臓を中心とした一部が冷えており、それによる影響が手足や血流の悪さなどの症状に出てくるのです。また「肩コリ」「腰痛」「手足の痺れ」「頭痛」などの症状もあり、「生理不順」の原因にもなっています。

人間は外気温が上昇してくると身体の体温を一定にするため、自律神経が発汗を促すことで身体を冷やします。また冷たいドリンクやアイスクリームなどを食べることでも、体温を下げることが可能になります。

しかし、発汗作用に問題が生じたり、日常的に冷たい食品や飲み物ばかりを摂取していることで、身体が冷えてくることがあるのです。

夏の冷え性の代表的な原因を教えて下さい

本来、自律神経が行う発汗作用では、暑い環境では汗をかかせて放射熱で体温を低下させる働きがあります。しかし、その状態で急に冷房が効いている室内に入ると、自律神経が麻痺してしまい、汗をかき続けることがあるのです。

冷房下で汗をかく行為は、身体を急激に冷やすことになり冷え性の原因になります。また暑い日に冷房環境に長時間いることは冷え性の原因になりますので、外気温との差を5℃以内にするように心がけて下さい。

また冷たいジュース、アイスクリームなどの冷たい食品を日常的に食べ続けている人は、内臓が常に冷やされていることになり慢性的な冷え性になります。内臓が冷えてくると「消化不良」「下痢」「疲れ」などが表れ、夏バテの症状が出てくる結果になります。

これらの原因は冷えによる血流の悪さであり、血液の循環が悪くなることで冷えを感じることになるのです。身体は熱いのですがお腹の上部だけ冷たい場合は、胃が冷えていることですから冷たい物の食べすぎに注意が必要です。

暑い日にも関わらず手を触ってみると冷たい人がいますが、これらも冷え性からの血流不足で冷たくなっていると思われます。

身体の冷えは免疫システムにも異常をもたらすことが指摘されています。それは、内臓が冷えることで免疫システムに異常が生じ、病気やアレルギー症状にかかりやすくなると言うのです。平熱が低い人に花粉アレルギーが多いのも、免疫力の低下によるものと考えられています。

夏の冷え性に効果的な対策を教えて下さい

夏の冷え性対策には血流を改善する方法が必要です。そのためには食生活の改善や運動などを行うことが効果的だと思います。夏の冷え性対策を紹介します。

・冷たいのもばかりを食べないで暖かいものを食べるようにして下さい。特に暑い昼間は冷たいジュースでも良いですが、朝、夜は暖かいドリンクを飲むようにしましょう。(最低一日2回)

・生姜や根菜類などの身体を温める食品を多く食べましょう。冷たい飲み物でもアイスジンジャーティーなどもオススメです。

・ビタミンBを摂取しましょう。豚肉は豊富にビタミンBを含んでおり、身体を温めるエネルギーを作り出してくれます。

・お腹を冷やさない工夫をしましょう。夏でも腹巻をする若い人が増えています。寝る時にもお腹を冷やさない工夫をして下さい。

・お風呂はシャワーでなく湯船に入って身体を温めましょう。半身浴でゆっくり温めることは効果的です。またお風呂に炭酸性の入浴剤を入れるのも効果的です。

・運動を積極的に行いましょう。散歩などのウォーキングでも良いので身体を動かして血流を改善して下さい。

・マッサージで身体をほぐすことも効果があります。肩コリ、腰痛が酷い場合はマッサージも良いでしょう。

冷え性から自律神経失調症にならないために

たかが冷え性だからと放置しておくことで、自律神経に異常をきたす「自律神経失調症」を発症させる可能性が指摘されています。この症状になると自律神経の交感神経と副交感神経が上手く制御できなくなり、「睡眠障害」や「血圧異常」「過呼吸」などの症状が出てきます。

最悪では「うつ病」や「パニック障害」にも進行する可能性もあり、冷え性を安直に考えることは危険なことと言えるでしょう。暑い季節の冷え性対策、貴方はちゃんとできてますか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る