TOP > > 夏なのに体が冷える!?いったいナゼ?夏の冷え、解消法はコレだ!

夏なのに体が冷える!?いったいナゼ?夏の冷え、解消法はコレだ!

夏真っ盛りですね。毎日のように、猛暑日が続くようになりました。暑さで、シャツもベトベト、毎日ヘトヘトだという方も多いでしょう。

しかし、オフィスで働いている方の中には、「猛暑日だろうが、オフィスは、毎日キンキンに冷えているし、寒くて、体が冷えて、仕方がない、何とかして!」という声を良く耳にします。

一見、矛盾しているようですが、夏は、冷房の利いたオフィスで働く人にとっては、「夏の冷え」に悩まされるシーズンであるとも言えるわけです。

女性の大敵! 夏の冷え、その症状とは?

夏の冷えの症状は、いくつかありますが、特に女性に多い代表的なものを挙げてみたいと思います。まず、食欲不振。これは、女性だけに限りませんが、食欲がわかず、毎日、お茶漬けや、そうめん、アイスクリームなどばかり食べていて、その上、水分は、摂りすぎてしまう。

こういう方は、いませんか?栄養価が低く、冷たい食事ばかりだと、体からエネルギーが生まれず、結局、体は芯から冷えてしまいます。食欲不振→冷たいモノばかり食べる(食生活の乱れ)→夏の冷え、というふうに、つながっていくのです。

また、一日中、冷えたオフィスにいると、血行が悪くなるので、「頭痛」や「肩こり」、「手足のしびれ」といった、血行障害による症状が現れます。これらの症状は、夕方に近づくにつれて、悪化しやすい症状です。

頭痛やコリを感じたまま、良い仕事はできるはずもありませんね。そして、女性の場合は、月経不順や、生理痛がひどくなる、ということも起こってきます。生理が何日も遅れたり、生理が重い日が多くなったり、生理痛がひどくなる、といった症状は、夏の冷えによるものと考えられます。

また、「足のむくみ」を訴えるかたも多いでしょう。これは、体が冷えることで、血液やリンパの流れが悪くなるために起こります。他にも、腹痛や下痢や便秘を繰り返したり、夏風邪を引いてしまう、というように、夏の冷えによって、さまざまな、症状が現れます。

夏の冷え、その対策は?

まずは、当たり前の事ですが、冷房の設定温度を上げることでしょう。この夏も、節電のため、冷房の設定温度を上げる会社なども多くなりました。できるだけ、オフィスの管理者に働きかけてみましょう。

それでもダメなら、冷房の風が、できるだけ当たらないように、机の位置をずらしたり、ついたて板のようなものを取り付けることもできます。他にも、手や足をなるべく露出しない服装にするとか、カーディガンやひざかけを用意したり、腹巻やレッグウォーマーなどで対処することもできますね。

自律神経のバランスを崩さないことも大切です。睡眠を十分にとり、規則正しい食事をとることは、体力を回復させる上でも、基本ですね。また、暑いからといって、入浴は、シャワーだけではなく、しっかりと湯船につかること。

外は暑いかも知れませんが、体は芯から冷えていますので、半身浴なども効果的です。自律神経のバランスを崩さないよう、ストレスをためず、適度に運動することもこころがけましょう。

栄養が偏りがちになるので、炭水化物やビタミンをできるだけ、摂るようにしましょう。女性に不足しがちな鉄分は、納豆やレバー、ひじきやほうれん草に多く含まれるので、食事にも注意しましょう。

また、豚肉料理や、玄米、豆類には、ビタミンB群が豊富などで、効率てきにエネルギーを産生するのに良い食材です。自分の周りの環境を整えることと、自分自身で心掛けることを、整理して、積極的に、夏の冷えに対処していきましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る