TOP > > 根菜は体を温め下半身の冷えも改善!でも体を冷やす根菜には注意

根菜は体を温め下半身の冷えも改善!でも体を冷やす根菜には注意

冬は根菜のおいしい季節です。根菜は体を温める食材でもあるため、冬になると体が冷える、特に下半身の冷えが強くなる人にとっては、嬉しい食べ物です。下半身が冷えてくると、女性の場合は生理痛や生理不順、男女問わず腰痛や便秘を起こしやすくなります。

寒くなると冷えも強くなり、このような下半身に起こる症状からも、気持ちが暗くなってしまいます。カイロで温める、お風呂で温まる、厚い靴下やタイツをはくというように、体の外から温めると同時に、根菜を食べることで体の内側、体の芯からほっこりと温まり、元気を取り戻したいものです。

この食べ物の体を冷やす、温めるというものは、東洋医学でいう食べ物の持つ陰陽からくるものです。陰の食べ物は体を冷やし、陽の食べ物は体を温めるといいます。ところが、根菜のことをよく調べてみると、陰の根菜もあり、逆に体を冷やしてしまうのです。

同じ食材でも、食べ方によって体を冷やす場合と温める場合もあります。根菜なら何でも良いというわけではなかったのです。

生で食べると体を冷やす根菜

生で食べると体を冷やす根菜があります。それは、ダイコン、ヤマイモです。ゴボウも生で食べると体を冷やすそうですが、ゴボウを生で食べることはほとんどないので、気にかけなくても大丈夫です。ダイコンは、生で食べると体を冷やし、煮て食べると冷やす作用はなくなります。

ダイコンを千切りにしたダイコンサラダやダイコンおろしは、冬の時期は胃を冷やしてしまうので、胃が冷えやすい人はたくさん食べないよう注意してください。肉類や醤油は体を温める食材なので、一緒に摂ると冷えを緩和してくれます。

生のダイコンは消化を助ける作用もありますので、肉をたくさん食べる時には冷えを気にしなくてもよいでしょう。また、たくあんは体を温める作用があります。ヤマイモも、生は体を冷やす作用があります。

ヤマイモは生で食べたいという人も多いでしょう。その場合はダイコンと同様に、醤油や、体を温める薬味と一緒に食べるとよいでしょう。尚、長イモは陰性で体を冷やし、ジネンジョは陽性で体を温めます。

生でも温めても体を冷やす根菜

ジャガイモは陰性の根菜で、生で食べても温めても体を冷やします。ジャガイモの旬は5~7月と初夏の時期ですから、体を冷やす食材なのです。冬にジャガイモを食べたい場合は、ポトフなどできるだけ長時間ゆでるとよいです。

体を冷やすことも温めることもない根菜

体を冷やす陰性の食べ物、体を温める陽性の食べ物の間に、体を冷やすことも温めることもしない、中間の食べ物があります。それを間性の食べ物といいます。根菜の中にも間性のものがあり、カボチャ、サツマイモが間性になります。

体を冷やすことがないので、冬の間、体が冷えている人も安心して食べてもよい食材です。カボチャといえば冬至に食べます。この冬至の時期にカボチャを常食していると、風邪の予防になるそうです。それは、カボチャに含まれるビタミンAとCが粘膜の抵抗力を強くし、細菌の感染予防の効果によるものです。

生でも体を温める根菜

生で食べても、温めて食べても体を温める根菜があります。それは、ニンジンです。ニンジンは温めると、更に性質が陽になり体を温めるという、体が冷えている人にとってはありがたい野菜です。

中国の古い薬物書『本草綱目』には、ニンジンの効能について「のぼせを下げ、中を補い、胸部および胃腸の働きを促し、五臓を安じ、食欲を増進し、益有りて損することなし」と書かれています。更に中国の昔の医学書『医林纂要(さんよう)』には、「腎と命門を潤し、元気を盛んにし、下腹部を温め、寒と温邪を除く」と書いてあります。

現代でも、ニンジンは万能野菜であるとよく知られています。活性酸素を除去し、免疫力を強くするβカロチンが豊富にあること、胃腸や肝臓を浄化するミネラルが含まれています。更に、体内に蓄積された有害な水銀を体の外に出すコハク酸カリウム塩も含まれており、体にとってマイナスとなる物質を摂取しやすい現代の環境にとっても、貴重な野菜なのです。

下半身を温める根菜

体が冷えていると、特に下半身が冷えてきます。下半身が冷えてくると、腎臓や大腸、生殖器など下腹部の内臓機能が低下し、足のむくみや頻尿、便秘、腰痛、生理痛、生理不順、男女ともに更年期障害を引き起こします。

そのため、これらの機能を回復するには、下腹部、下半身の血流をよくして温めることが、何よりも大事なことです。東洋医学には「相似の理論」という考え方があります。「人の体型は、いつも食べているものに似てくる」という理論です。

この理論からすると、人間の下半身は植物の根にあたり、下半身を強くするには根菜類を食べることが勧められています。根菜類でも特に、ゴボウ、ニンジン、レンコンがよいとされます。きんぴらゴボウやきんぴらレンコンにニンジンを混ぜたり、ゴマも入れると冷えに有効です。

ゴマに含まれるビタミンEは冷え性によく、末梢血管障害を解消させるという効能があります。体の冷えを改善させるには、時間と根気が必要です。じっくりと体の根にあたる下半身に気、血が流れるように、下半身に意識を向ける運動や、脚全体をやさしくマッサージすることで、食べたものが体となっていくことも感じてあげるとよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る