TOP > > 甘党冷え性さんに朗報!あったかココアで冬を乗り越える

甘党冷え性さんに朗報!あったかココアで冬を乗り越える

「冷えは万病のもと」と言われるように、身体の冷えはさまざまな体調不良のきっかけになります。冷えの予防には身体の内側から温めてくれる食材を取り入れることがおすすめ。今回はあの生姜にも劣らないパワーを持つという、ココアについてご紹介いたします。

知られざるココアのチカラ

寒くなるとココアを飲んでほっと一息、体もポカポカと温まる。そんな記憶のある人もいるでしょう。このポカポカとした感覚、思い出の中のものだけではありません。実際ココアは生姜にも匹敵すると言われるほど冷え対策に有効な飲み物だったのです。

ココアに含まれる苦みと香り成分である「テオブロミン」という成分。これがココアのパワーの源。他の食べ物にはあまり含まれていないこの成分が毛細血管の血流量を上げてくれることにより、体温を上昇させてくれたり、酸素や栄養素を全身に行きわたらせてくれてくれます。

生姜を摂取した時などは温度の上昇が早く、身体が温まる感覚が分かりやすいかもしれませんが、逆に温度の低下も急速に進みます。ココアは血流量の上昇に伴って緩やかに温度の上昇と低下が進んでいくので長い時間にわたって身体が温まっている感覚を覚えます。生姜ほどのインパクトはないかもしれませんが、やさしく身体を温めてくれる優れた飲み物なのです。

ココアの効能

ココアの素晴らしい効果は温めてくれるだけではありません。毛細血管の血流量の上昇は、むくみの改善や肌の健康にも効果を発揮してくれます。その他、脳をリラックスさせてくれたり、集中力を上げてくれるのもココアに含まれるテオブロミンのおかげなのです。疲労回復や精神安定、動脈硬化、整腸作用など、何気なく飲んでいるココアにはたくさんの効能が隠れています。

効果を最大限に引き出す飲み方

こんなにたくさんの嬉しい効果をもたらしてくれるココア。できるだけ効率的に体内に取り込むためにもぜひカカオ100%のピュアココアを選んでください。

朝、朝食を食べる前の空腹時に飲めば腸を刺激して排便を促してくれます。また夕食後に飲めば体脂肪が蓄積されにくくなるという効果もあります。生姜や黒糖を混ぜて飲めば冷えとり効果はさらにパワーアップ!ほんのひと工夫することでココアの効果を最大限に実感してみては?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る