TOP > > 足のほてりは冷え性よりヤバイ!冷えとり靴下を試してみよう

足のほてりは冷え性よりヤバイ!冷えとり靴下を試してみよう

眠る時に、真冬でも足が暑くて布団から出してしまう。足がほてってだるさのせいで寝つきが悪い。そんな経験はありますか?「私って暑がりだからだわ」と放置してはいけません。それは、ほてりが特徴の重度の冷え性です。そんな方におすすめなのが、最近話題の重ね履き冷えとり靴下です。それって何でしょう?

ほてりで寝付けないほど足が熱い!私の経験

子供の頃から真冬でも靴下が嫌いで、いつも裸足で過ごしていました。体が冷えているなんて微塵も思った事が無く、暑がりだから靴下なんて履きたくない、なんて周りにも公言していたほど。

何時ごろからか、真冬の寒い中でも夜布団に入ると足の裏が熱くほてり眠れず、布団から足だけ出すというスタイルが定着しました。それを大人になるまで、なんの疑問も持たず過ごしてきたのです。

足がほてる時は、決まって足の内側からジンジンとするような感覚で落ち着かず、酷い時には足全体がだるくてむくむようになり、あまりに寝付けない時は、足を壁に投げ出して高さを作って眠っていたほど。そこまでの症状が出て、ようやく「これはおかしいぞ?原因は何だろう?」と思うようになったのです。

ほてりとは冷えだった

足のほてりとだるさを解消すべく、むくまない生活に取り組みました。水分を取って利尿作用を促したり、リンパマッサージをしたり…。しかしどれも続かず、一時効果を見ても結局また眠れない、だるい足の症状がやってきます。

そんな時、知り合いから「今、こんな面白い事やってるの!」と、冷えとり靴下の事を教えられたのです。新しいもの好きの私は直ぐに調べてみました。冷えとり靴下とは、どうやら足からくる冷え性を改善させ、体の毒素を排出しやすいようにする為の、靴下をかさね履きする健康法の事でした。

私には関係ないわと思いながらも、毒素を排出するという効果に興味が出て、靴下を実際に買いにいく事にしたのです。お店では数種類の冷えとり靴下が売っており、陳列棚の説明書きにはこんな事が書き込まれていました。

「足がほてって眠れない人にオススメの靴下。ほてり冷え性を解消しよう!」
足が熱くてほてるのは、自覚のない重度の隠れ冷え性の症状だったのです。

冷えとりをしてみたところ

足がほてって熱い事と、冷え性との結びつきがよく分からないと思われますよね?足のほてりの症状とは、冷えが極度に進んだ状態であり、冷えた足を温めるために脳が発熱指令を出し、急激に血液の循環を良くしようと働く時に起こるのです。

また、冷えた足は水分も停滞し、むくみやすく、さらに循環を悪くさせている為に、余計足がだるくなってしまうのです。ほてりタイプの隠れ冷え性は自覚が無いために、むくみ、だるさ、腰や肩の凝りとして現れ、さらには内臓まで冷やし不活発にする為に、注意が必要なものだったのです。

私のように、暑がりだからと放置している方、要注意ですよ!!早速靴下を履いて寝てみました。暑くて脱いでしまうだろうと予想していたのに、足のだるさやほてりも全く感じず、朝までぐっすり眠れたのです。しかも、むくみがちだった顔と足が、むくむ事も無くスッキリしていたのです。今までの冷えの不快感を悪影響を実感した出来事でした。

冷えとり靴下の特徴とその効果

冷えとり靴下の特徴は、天然素材の絹、綿、絹、綿と交互に4枚はくのが基本です。肌に直接触れる1枚目は絹の5本指靴下→次に綿の5本指靴下→3枚目に絹の丸足靴下→1番上が綿の丸足靴下となります。(冷えが酷い方はさらに靴下を重ねていきます。)

さて、何故絹の靴下を履くのか?綿ではだめなの?交互にはくのは何故?その疑問に答えていきましょう。絹はデトックス効果があります。夏は涼しく通気性があり、冬は暖かく保温してくれます。足の裏からは大量の汗が出ます。1日でコップ1杯分出るとか!

その中には体内の沢山の毒素が混じっているのですが、絹のデトックス効果でより毒素を排出しやすくなるのです。絹が吸い取った毒素の混じった汗を2枚目の綿の靴下が受け、靴下の中に湿気がこもるのを防ぎます。最初の2枚が5本指靴下なのも、指股から出る毒素を吸い取りやすくするためです。

注意点!足裏には沢山のつぼがあり、毒素が出やすいポイントで靴下が破れやすくなったりするそうです。破れた部分が体内の弱い部分を表しているとか。さらに、冷え取りを始めると、足裏がジンジンと脈打つ感覚が現れます。これも毒が出ていたり、今まで自覚の無かった冷えに敏感になってきた症状との事。

いかがでしたか?冷え性を改善するには、やはり体内から変えていく必要がありますが、冷えとり靴下で補助やケアをしながら、冷え対策を真剣に考えてみませんか?私は続けていますよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る