TOP > > その冷え性、原因はミネラル不足の可能性!あなたの食事は大丈夫?

その冷え性、原因はミネラル不足の可能性!あなたの食事は大丈夫?

冷え性の原因のひとつにミネラル不足があります。ミネラル、ビタミンが不足すると糖から熱をつくる事が出来なくなり、体温の上がりにくい身体になってしまいます。誤った食事制限による栄養不足や偏食の他に、精製食品を利用し過ぎている事も原因の1つとして考えられています。

精製食品とは、本来含まれているミネラルやビタミンを意図的に取り除いた食品のこと。主に白米、白砂糖、小麦粉、塩化ナトリウム等がそれにあたり、長期保存や大量生産には欠かせない形です。

しかし玄米や三温糖の様な非精製のものと比べると栄養素が偏っているものがほとんどで、代謝の為に身体に備蓄された栄養素を消費してしまいがち。他の食品とバランス良く利用する事で、きちんと栄養素の五角形を描く必要があります。

「リン酸・PH調整剤」にご用心!少ないミネラルが更に少なく

コンビニやスーパーなどで販売される惣菜や食品の多くは、保存を目的としてミネラルが非常に少ない、もしくは意図的に含んでいないものが多く、それらに頼り過ぎた食生活はミネラル不足の大きな要因です。

また同様に保存目的で使用されるリン酸(リン酸塩)やPH調整剤はミネラルの吸収を妨げる事がわかっており、ただでさえ少ないミネラルを更に減少させてしまう厄介な存在です。近年販売されている食品にはかなりの確率で利用されている為、原材料にこれらの表記がある際にはよく考えて利用する様にしましょう。

ミネラルと言えば「塩」、そのイメージは間違い?

ミネラルと言えば塩のイメージから、塩分をきちんと摂れば大丈夫と考えがちですが、安価な塩に多い精製塩には上記と同様の理由からほとんどのミネラルが失われており、不純物も多く、塩分だけを過剰に摂ってしまっているケースがあります。

製造法によって塩のミネラルは大きく左右されます。岩塩などは栄養豊富そうに見えますが、実際には塩化ナトリウムの塊でミネラルをほとんど含みません。海水を煮詰めて作られた純粋な塩が最もミネラルを多く含みますが、一般的に塩だけでミネラルをまかなうのは難しく、効率的ではありません。

賢くミネラル摂取!憧れの「冷えしらず」へ

ミネラルとひとくちに言っても様々で、これさえ食べておけば大丈夫、というものは存在しません。重要なのはミネラルを欠いた食品ばかり口にしない事、そして栄養バランスを考えた食事を摂る事が大切です。

時間の都合でどうしてもコンビニを利用する必要がある場合でも、野菜ジュースなどの無添加に近いものを積極的にプラスしてみましょう。アーモンドなどのナッツは栄養豊富でミネラルも多く、食事のサポートにお勧めです。

飲料水にミネラルウォーターを利用するのも効果的。できるだけヨーロッパ産のものに多い高硬度のものを選びましょう。市販のサプリメントを活用するのも、現代のライフスタイルに合った良い方法と言えます。

冷えは健康の大敵です。基礎体温が男性より低く、ミネラルのひとつ、鉄分が不足しやすい女性は特に冷えに悩まされがち。毎日の食生活から見直して、憧れの「冷えしらず」を目指しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る