TOP > > 夏でもつらい冷えで悩む女性におススメな冷えを改善する朝の習慣

夏でもつらい冷えで悩む女性におススメな冷えを改善する朝の習慣

暑い夏でも冷えで悩む女性は多くいます。職場や外出先などで冷房の効いた室内にいることが多いと、冷えの症状が現れます。夏でも職場に使い捨てカイロを持っていくという人も珍しくありません。そんな夏の冷えを改善するために、朝の習慣にすると良いことがありますので、ご紹介します。

冷房が冷えを悪化させる原因

冷房の効いた室内にいる時間が長い人ほど冷えの程度が強くなります。これは、体の血流が悪くなることもありますが、もう一つの大きな原因は、汗をかきにくくなるということです。

人の皮膚は、熱くなると毛穴が開き汗をかいて、体温を下げるように調節します。また、逆に寒いときは、毛穴が閉じて汗をかかないようになります。

同時に皮膚から放出される熱を少なくするため皮膚の表面積が小さくなるように、血流や水分を少なくし皮膚を収縮させ、熱の放出を防ぐように働きます。

寒いと、体が縮こまったり、トイレの回数が増えることも、熱を放出するのを防ぐ働きによるとも考えられます。

また、寝ているときに冷房を使うという人も多いと思いますが、寝ているときは起きているときよりも体温が下がるので、体は余計に冷えることになり、自律神経の働きや新陳代謝が悪くなり、慢性的な冷えの症状も起こりやすくなります。

夏の冷えを改善する朝の習慣

夏の冷えを改善する方法は、朝、熱めのシャワーを浴びることを習慣にする、ということです。これは、体が汗をかく機能を働かせるためです。熱いシャワーを浴びると血管が拡張して、血液の循環が良くなり、汗をかきやすくなります。

汗をかくためには、汗腺の機能を働かせ、末梢の血液や水分の流れを良くする必要があります。この汗腺につながる血液や水分の流れが良くなることで、体温が上がりやすくなるので、汗をかく機能を高めるということは、体を温める機能を高めることにつながるのです。

また、血液の循環が良くなると、新陳代謝が活発になり体中にたまった老廃物を排出し、体の細胞の隅々に栄養が行き届くので、細胞が熱を作る働きを高めることにもつながります。

その他にも、血流が良くなると自律神経やホルモンの分泌に関わる機能が回復しますので、冷えによる様々な不調を改善することができるのです。

夜に半身浴などをして汗をかくのも良い方法なのですが、夏は暑いので、どうしてもお風呂に浸かることが面倒になり、シャワーだけで済ませる人も多くなります。夜、お風呂に浸かれない分、朝、熱めのシャワーを浴びることを習慣にすると良いと思います。

また、朝のシャワーに加えてビタミンEを摂るようすると、血管の弾力性を高めたり、血管の中をきれいにして、末梢の毛細血管まで血液が届きやすくなるので、冷えを改善する効果が一層高まります。

朝、熱めのシャワーを浴びることはそれほど大変なことではないと思います。気持ちもスッキリしますので、是非、試していただきたいと思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る