TOP > > 初夏なのに冷え性の人が増加中!ふくらはぎのむくみを解消しましょう

初夏なのに冷え性の人が増加中!ふくらはぎのむくみを解消しましょう

気が付けば季節も冬から春へと移行し、もうすぐ夏がやってきますね。気温も日々上昇している感じで、汗ばむ日も多くなってきていますよね。しかし、そのような気温の中でも寒さを訴える人が最近多くなっているのです。

いわゆる「冷え性」の人々なのですが、特に若い世代に増加が見られるそうなのです。

冷え性にはいくつかの種類があるようで、「手足だけが冷たく感じる」ことや「身体全体が冷たく感じる」などが挙げられます。中には身体自体は温かいのに、脳では寒く感じるなんて症状も見られるようです。

冷え性は血流の問題が関係しているの?

それでは身体が冷える原因には何が考えられるのでしょうか?実は身体全体に張り巡らせている血管こそがその問題だったのです。血管は血液を身体全体に運ぶ道のような存在ですが、これは全身の細胞に栄養を届ける重要な働きがあります。

つまり、血管に問題が生じれば細胞に栄養が届かなくなり、その部分の細胞は活発に活動することが出来なくなります。細胞が活発に活動できなくなることは、細胞から発する熱も少なくなり身体が冷えてくると考えられるのです。

言ってみればストーブに灯油が届かなくなるのですね。特に心臓から離れている指先や足先などは血流の影響を受けやすく、血流が悪くなることですぐに冷たく感じてしまうのです。

血流が悪くなる原因にふくらはぎが関係していた

血流が悪くなるには様々な原因が考えられていますが、多くは「外気温の低下による血管の収縮」が関係しています。これは寒さにより身体の血管が収縮してしまい血流が悪くなることですが、特に気を付けなくてはならない部分があるのです。

それが「ふくらはぎ」だったのです。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれており、身体の末端部分である足に溜まった血液を心臓に戻す働きがあります。通常、あまり意識していませんが、歩くことはふくらはぎの筋肉を動かして血液をポンプアップしていたのです。

このふくらはぎが何らかの原因で正常に働かなくなることで、身体の血流が阻害されて冷え性につながるという訳なのです。

特に最近の若い女性の中には、冬場でもスカートを着用している人が多いと思います。その結果、春になってもふくらはぎの筋肉が硬いままで、本来のポンプの役割を果たせなくなるのですね。

冷え性にはふくらはぎのマッサージが有効

冷え性の人には肩コリや腰痛を持った人が多いのですが、これは血流が悪いことから起こる症状と言えます。これと同様に冷え性の人の大部分が、ふくらはぎの筋肉が硬くなっています。

このような症状への対策としては、ふくらはぎのマッサージが有効だと思います。

まずは、お風呂に入ってゆっくり身体全体を温めます。40℃程度のお湯にゆっくりと浸かって、汗ばむくらいに身体を温めて下さいね。ふくらはぎのマッサージは、いきなりやると筋肉を傷めてしまう可能性がありますので十分注意して行いましょう。

◆床に足を伸ばして座り、つま先を前に伸ばす感じで足の甲を開きます。

◆今度は踵はそのままで、足先を上に戻します。このストレッチをゆっくり3分程度行って下さい。アキレス腱が伸びる感覚とふくらはぎが伸縮する感じがあるでしょう。

◆次にあぐらの姿勢をとって、片足ずつふくらはぎのマッサージを行います。ふくらはぎの外側、内側にそって指で軽く押してマッサージします。

◆最後にふくらはぎの中心を指で押しながらマッサージします。全体を揉んでも良いですね。

ふくらはぎのマッサージは少し痛いくらいが効果的ですが、強すぎると筋肉を傷めてしまうので注意しましょう。弾力のあるふくらはぎで血流改善しましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る