TOP > > 生姜は体を冷やす?覚えておこう冷え性改善のための正しい利用法

生姜は体を冷やす?覚えておこう冷え性改善のための正しい利用法

shutterstock_114596095

冷え性改善の食材として思い浮かぶのは生姜です。生姜は体を温める効果があるからですね。

しかし生姜を大量に摂ったり、摂り方を間違えると体を冷やす結果になってしまいます。冷え性改善に生姜を摂る場合に効果的な方法を知っておきましょう。

生姜の効果

生姜といえば昔から漢方にも用いられるほど沢山の体に良い効果があります。今更ここに上げなくても誰でも知っている事かもしれませんが、代表的なものは体を温める効果ですね。

他にはどんなものがあるのでしょうか?いくつか上げてみます。

  • 免疫力を高める
  • 血行を良くする
  • 代謝を良くする
  • 殺菌作用
  • 脂肪を分解する

こうして上げてみると、体の熱を上げるものと関係する効能が多いです。やはり生姜は体を温める効果が高いのでしょうか?

生姜は末端を温め中心を冷やす

生姜にはシンゲロールという成分が入っています。このシンゲロールは体の中心の熱を手足に運ぶ作用があります。そのおかげで冷えやすい手足は温まりますが、中心部の熱を送り出す為に中心部の体温は下がってしまうのです。

また発汗作用もある為、風邪などの発熱時に熱を下げる時に用いられます。

冷え性改善に用いる時の注意点

生姜は体を温める効果と、熱を下げる効果の2種類の効果があります。真逆の効果なんです。冷え性の改善に生姜を効果的に取り入れたい時には、体を温める効果を最大に引き出す必要があります。

冷え性改善の為に熱を下げる効果を引き出してしまっては意味がありません。

食べ方や、生姜の種類によってその効果が体を温めるのか、熱を下げるのかを把握しておけば問題ありません。

熱を下げる生姜の食べ方

まずは冷え性改善において逆効果になる生姜の食べ方は、生姜を擦り下ろして薬味として使う食べ方と、お寿司などの添え物のガリで食べる方法です。

これらには解熱作用や殺菌作用がありますので、冷え性改善というよりは風邪の症状を改善させたい時に用いたいものです。

体を温める生姜の食べ方

体を芯から温める効果を引き出したければやはり生姜湯がお勧め!

生姜を熱する事により、シンゲロールがショウガオールという成分に変わります。ショウガオールは体の芯を温めてくれる成分です。

作り方も簡単で手軽なのも魅力ですね。

一番のお勧めは乾燥生姜

冷え性改善に最もお勧めなのは乾燥生姜です。生姜を乾燥させる事によって生姜の効果をより引き出す事が出来るのです。

生姜に含まれるシンゲロールは乾燥させる事によって一部がショウガオールに変化します。覚えていますか?ショウガオールは体の末端を温める効果がありました。

乾燥生姜は末端を温めるシンゲロールと、芯から温めるショウガオールのダブル効果になるのです!

乾燥生姜は簡単に手作り出来ます。

薄くスライスした生姜を重ならないように並べて2~3日天日干しにするだけ。乾燥させておいた生姜であれば、生姜湯を作るのも簡単です。

乾燥生姜のお風呂に入る

乾燥生姜の使い道は食べたり飲んだりするだけではありません。私のお勧めは生姜風呂です。

お湯に溶け出した生姜の成分で体を温めてみましょう。生姜の香りにも体にいい効果が沢山あるので、一度是非試してみてください。

では、その生姜風呂の作り方を紹介しましょう。

1.乾燥させた生姜をさらに細く切って、麺棒などで叩いて繊維を潰し香りが出やすいように仕込みます。

2.入浴する前に、あらかじめ作った生姜をガーゼの袋か何かに入れてお湯に浮かべておきましょう。

※そのまま乾燥生姜をお湯に浮かべてもかまいません。ただし、刺激成分が溶け出しますので、肌の弱い方は入浴する前に取り出しておきましょう。

いかがですか?私はこれでお風呂を出た後でも、しばらくぽかぽかとした温かさが続き、手足の先まで温まっていることを実感します。冷え性の方には本当にお勧めします。

生姜の摂りすぎは注意が必要!

生姜は殺菌効果も多く、刺激も強いため摂りすぎに注意しましょう。摂りすぎると胃が荒れたり、胃腸の粘膜を傷つけてしまいます。

生姜のスライスであれば1日5枚程度、生姜湯なら毎食後ほどに留めておきましょう。

生姜は「温めると冷やす」の真逆の効果のある面白い食材と言えます。症状に合わせた摂取の仕方ができれば、生姜を効果的に活用できます。冷え性改善の為に役立ててみてくださいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る