TOP > > 顔は熱いのに下半身は冷たい!女性に多い冷えのぼせ対策

顔は熱いのに下半身は冷たい!女性に多い冷えのぼせ対策

女性に多く見られる症状の中に「冷え性」があります。冷え性は身体(特に手足や下半身など)が温まらずに、慢性的に冷えている状態で、多くが血行不良による痺れや腰痛、肩コリなどの症状が出ます。冷え性は特に冬場など気候が寒い季節に多いのですが、季節に関係なく1年中発症することもあります。

近年、気温の高い季節に冷え性を訴える女性が増加しているそうです。彼女らの症状を聞いてみるとあるキーワードが浮かんできました。それが「下半身は冷えていますが、顔は火照っています」なのです。

その冷え性は「冷えのぼせ」かも知れませんね

冷え性とは何らかの要因により血行が悪くなり、身体の細胞に栄養が行き渡らないことで発症します。つまり、栄養不足による発熱障害なのです。寒い季節で考えられるのは、寒さにより毛細血管が収縮してしまい血流が悪くなることです。

しかし、夏や秋ではこのようなことはないでしょう。特に下半身を中心に冷えており、反対に顔を中心とした上半身は火照っているのです。そこで考えられるのが「冷えのぼせ」なのです。

冷えのぼせの特徴は、下半身や手先は冷え性なのですが、上半身は冷えておらず頭は火照っています。この症状は季節を問わず発症しており、特に夏や秋に多く感じることがあります。

冷えのぼせの原因を探れ

たまに女性で「身体は冷えているのに、顔だけが熱く汗が出て困る」と言っている人を見かけますが、これは典型的な冷えのぼせの症状です。これらの症状は更年期障害とも似ていることから、適切な対応を取られていないケースもあります。

冷えのぼせは下半身の血流と上半身の血流の違いが原因であり、上半身と比較して下半身の血流が阻害されていることが問題となります。冷えのぼせを発症しやすい要因を紹介します。

  • クーラー環境で長時間過ごすことが多く、冷たい空気を下半身に浴びている。
  • 定期的な運動やストレッチを行わず、筋肉を動かすことが少ない。
  • 精神的ストレスで常に緊張状態にいる。
  • 矯正下着やガードルなど腰周りを締め付ける衣服を年中使用している。

これらが冷えのぼせの原因ですが、中でも年中衣服で腰周りを締め付けている人は注意が必要ですね。また筋肉の緊張状態は自律神経と密接な関係があることから、精神的なストレス要因も排除する必要があります。

冷えのぼせ対策はゆったりとした服装と精神だった

冷えのぼせを解消するには、日常生活における習慣を見直す必要があります。今までの生活を一新するのはなかなか難しいかも知れませんが、不愉快な症状を改善するためなのでぜひ実行しましょう。

■まず服装はゆったりしたものを選びましょう。暖かい季節に身体を締め付ける下着やパンツを穿いていると、下半身の血流のみが悪くなります。ゆったりとした衣服で血流改善を目指しましょう。
■寒い季節においても服装のバランスに注意しましょう。上半身はコート姿ですが、下半身が短いスカートのファッションを見かけます。上半身を温めて下半身を冷やす行為は冷えのぼせの原因です。身体全体のバランスに注意しましょう。
■ウォーキングなど下半身を使う運動を行いましょう。最低週に2回程度は実施して下さい。股関節を広げるストレッチも有効なので、時間がない人は自宅で十分な下半身ストレッチを行いましょう。
■ゆっくりとぬるめのお風呂で下半身を温めます。半身浴も効果的なのでお試し下さいね。
■冷房を浴びる場合は下半身が冷えることが多いので、ブランケットを使用して冷気をシャットアウトしましょう。
■タバコはニコチンの成分により血管を収縮させます。冷えのぼせの疑いがある場合は、タバコを控える方が賢明です。
■ゆっくりと大きな呼吸を心掛けましょう。小さく早い呼吸ではなく、定期的に深呼吸や腹式呼吸を行うことで、酸素量も増加して血流の改善に繋がります。

人間の脳は上半身が温まっていると、身体全体が温かいと勘違いすることがあるようです。その結果、下半身が冷えているにも関わらず、自分では気づかず冷えのぼせが発症してしまうのです。冷え症は寒い季節だけのものではありません。夏や秋にも十分気を付けた生活を送って下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る