TOP > > あかぎれや冷え症に効く!冬にオススメ柚子湯の効果について

あかぎれや冷え症に効く!冬にオススメ柚子湯の効果について

冬至にはお風呂に柚子を浮かべた柚子湯に浸かるという習慣が日本にはあります。この柚子湯はただの習わしではなく、特に寒い冬に気になる様々な症状に良い効果が期待できるのです。冬至に限らず、たまには柚子湯のお風呂に入って温まってみてはいかがでしょうか。

ビタミンCがあかぎれに効く!

柚子にはお肌に良いとされるビタミンCが豊富です。特に皮の部分に多く含まれているため食事で摂ることは難しいですが、お風呂に入れて成分が溶け出したお湯に直接肌を浸けるのは簡単です。

ビタミンCは肌の保湿や再生に必要な成分ですので、柚子湯に入れば冬場に痛くてつらいあかぎれやひびわれの症状に効果があります。冬の乾燥による肌の諸症状に柚子湯はぴったりなのです。

洗面器にお湯を張り柚子の皮や果汁を入れて手などを浸けるだけでももちろん効果はあるでしょう。しかし、あかぎれの症状を治す以外にも柚子湯には嬉しい効果がありますので、ぜひお風呂で全身浸かることをオススメしたいと思います。

精油成分で血行促進!

柚子はビタミンCが豊富なだけではなく精油(エッセンシャルオイル)の成分が含まれており、この成分には血行促進作用があります。この作用により、柚子湯は体を温めて冷え症を改善するのはもちろん、肩こりや神経痛の緩和にも効果があるのです。

また、この成分は肌の表面に膜を張るような働きもするため、柚子湯に入った後はお風呂から上がっても湯冷めしにくいのが特徴です。血行を良くして体が内側から温まり、風邪の予防にもなります。

寒い時期には体の芯から温まる柚子湯でリラックスしながら冷え症・風邪対策をしましょう。冷えが原因である冬のしもやけの症状改善も期待できますよ。

柚子湯の入れ方

一口に柚子湯といってもただ実をそのまま浮かべるだけでなく色々な入れ方があります。丸ごとではなく輪切りにして浮かべるのも一つです。

輪切りにした柚子をそのままかもしくは乾燥させてガーゼ素材の袋などに入れてから使うと片付けも楽でよいでしょう。ほかにも乾燥させた皮だけ、絞った果汁だけを入れるという方法もありますので、色々試してみてくださいね。

ただし、柚子のようなかんきつ類をお風呂に入れるとどうしても肌にチクチクと刺激があります。初めての時は柚子の量を少なめにして様子を見てください。小さいお子さんや赤ちゃんには刺激が強いかも知れませんので注意しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る