TOP > 強膜炎

強膜炎は目の炎症

眼球や視力を回復させるレーシックなど、目についてはすごく大事なことはわかっていますが、強膜炎という病気についてだけはメカニズムがまだまだわからないことだらけだと言われています。

強膜炎とは

強膜炎とは強膜と言われる部分が炎症をおこすのですが、そもそもこの強膜というのがどこなのか?というと、目の中にあります。

眼球の中にはいくつかの膜があります。結膜炎などで結膜というのは聞いたことがあると思いますが、白目の中にある不透明な白い膜のこと、これが強膜です。

この強膜が何らかの理由で炎症することを強膜炎といいます。強膜炎が起こるメカニズムについてはまだまだわからないことだらけだとされています。

・強膜炎を患った人の生の声
強膜炎って知ってますか?目の疾患なんです。

例えば自己免疫が過剰に働いていると言う場合もあれば、梅毒や痛風などが原因ではないか?とされていますが、はっきりとはしていません。

強膜炎の予防と治療

ですので予防としては特にこれというような予防方法はありません。

まずは結膜炎などと同じように目に異物が入ったりしないようにすること、感染症などの病気があればそちらを先に治療することがあげられるでしょう。

治療についてはステロイドの投与や内服薬などを利用します。

ただ、強膜炎の原因というものは人それぞれでわからない場合が多いので、効果の出る方法を試すことになるかと思います。点眼から始まり、服薬に移って行き、ステロイドの投与に移るなどすることもあります。

強膜炎自体はまだまだわからないことの多い病気ではありますが、人間の体にはわからないことがたくさんあります。

ですので自分自身が一番わかっていると言わずに、痛みがあればすぐに眼科に駆けつけてください。それが一番早く治すための道です。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

  • 強膜炎って知ってますか?目の疾患なんです。

    皆さん、強膜炎ってしってますか?結膜炎や角膜炎ではなく、さらに目の深い部分の炎症。原因はハッキリしないのですが、放置すると深刻な事態を招きます。私の経験も踏まえ、ちょっと厄介な強膜...

キャラクター紹介
ページ上部に戻る