TOP > > サルコぺニア肥満予防のための筋トレ効果を倍増させる秘訣

サルコぺニア肥満予防のための筋トレ効果を倍増させる秘訣

サルコぺニア肥満というものをご存知でしょうか?痩せて見える人でも、筋肉量が少なく、脂肪が多いことがあります。俗に言う隠れ肥満という状態ですね。このサルコぺニア肥満を予防する事は、生活習慣病を予防する事にもつながります。

今回は、筋肉量を増やすために簡単に楽しくできる筋トレや、その筋トレの効果を倍増させるための秘訣をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

運動で筋肉量を増やそう!

サルコぺニア肥満の予防には筋肉の量を増やすことが有効です。そのためには、運動が不可欠となります。そこで、おすすめの運動はフラダンスです。フラダンスは、インナーマッスルを強化することができるので、筋肉量のアップが見込めます。

そして脂肪を減らすこともできるので、たいへんおすすめの運動なのです。仲間たちと一緒に楽しく行うことができる点も魅力ですね。フラダンスはゆっくりとした動きなので、のんびりしたダンスに見えるかもしれませんが、足腰の筋肉が付く運動です。

激しい動きはありませんが、常に中腰で動き、意識が足腰に向いているため、筋肉をかなり使います。少しの時間フラダンスをするだけで、足がプルプルしてきます。筋肉が使われている証拠です。

筋肉はただ漠然と使うよりも、意識を向けて使うことによって、より一層しっかりと使うことができます。この方が筋肉を効率的に付けることができるようになるのです。

運動前に揉んだり、叩いたりすることで、その部分の脂肪が燃えやすくなるという話もあります。これも、その場所を意識することによる効果ではないでしょうか?

若いOLさんから年配の方まで、年齢を問わずに行うことのできるフラダンス。さっそく、お近くの教室を探してみてはいかがですか?生涯楽しむことができ、病気のリスクを減らし、さらには仲間までできてしまうかもしれませんよ。

栄養補給で筋トレの効果アップ

運動をしたら、栄養の補給も忘れずに行いましょう。筋肉量のアップを目指す時に特に積極的に摂取していただきたいのが、良質なタンパク質です。それも運動後30分以内に摂ることをおすすめします。

そこでおすすめする良質なたんぱく質というのは、マグロです。マグロには、BCAAという必須アミノ酸が豊富に含まれています。必須アミノ酸とは、体内で作ることができない物質なので、食べ物などから摂取する必要があります。

マグロのBCAAの含有量はトップクラスです。筋肉量を増やしたい時には、脂肪の多いトロの部分よりも赤みの部分を選んで食べるようにしましょう。マグロにはビタミンB6も豊富に含まれています。

このビタミンB6は、タンパク質の吸収や分解を助ける働きをする成分です。このため、タンパク質と一緒に摂ると効率よく吸収され、筋肉にすることができるようになるのです。

このようにビタミン類は、様々な種類を一緒に摂ることにより、より効果を発揮するようになります。そこでマグロのタンパク質をさらに効率的に吸収し、筋肉量を増加させる食べ方としてご紹介したいのが、丼です。

この丼には、マグロに加え、のりや納豆、鰹節をトッピングしましょう。これにはちゃんと意味があります。もちろんお味の方も美味しいですよ!まず、のりと納豆。このふたつには、ビタミンB2が豊富に含まれています。

このことによって、マグロのタンパク質がより一層、吸収や分解されるようになります。そして、鰹節。こちらには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンDなどといったいろいろな種類のビタミンが含まれているのです。

健康寿命を延ばしましょう

自分は痩せているから大丈夫、と見た目だけで油断できないのが、サルコぺニア肥満の怖いところです。冒頭でもお話ししましたが、サルコぺニア肥満は生活習慣病を引き起こす原因となりますし、寝たきり状態になるリスクも潜んでいます。

繰り返しになりますが、日本人の平均健康寿命は、寿命よりも男女ともに10年ほど短いのです。あなたが最後まで楽しく生きるために、今回の記事がお役に立てたら嬉しく思います。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る