TOP > > 緊張しすぎる貴方は単なる恥ずかしがり屋?それとも社会不安障害?

緊張しすぎる貴方は単なる恥ずかしがり屋?それとも社会不安障害?

Fotolia_46102748_Subscription_XXL

日本人は恥ずかしがり屋が多い?!

日本人の性格は、一般的に真面目で勤勉な為に社交的な場や大勢の人の前で緊張する性格だと言われています。結婚式のスピーチや、自分の意見を発表する場などで、緊張をした時のことを思い出してみてください。

声がうわずったり、全身から汗が出てきたり、目の前が真っ白になったり・・。緊張しないようにと考えてしまうと、益々緊張してしまい、悪循環に陥った経験がある人も多いと思います。

社会不安障害とは?

単なる恥ずかしがり屋は、性格的なものですし、緊張は誰でもするものです。しかし、この緊張がエスカレートし、性格という範囲ではすまされない人がいます。

社会不安障害という心の病気ですが、あまり知られていないのが現状だと思います。心療内科や精神科で薬物療法や心理療法などを受けることができるので、尋ねてみるとよいでしょう。

この病気の症状は、あらゆる社交の場で現れ、会社で電話に出たり、会議で話をしたり、知らない人との会話などでも緊張し、震えたり吐き気がしたりと身体症状が現れます。

恥ずかしがり屋か?社会不安障害か?

病気か、そうでないかのボーダーラインが分かりにくい病気の一つです。もちろん専門の病院を受診すれば分かりますが、社会不安障害を持つ人は、日常生活に支障をきたしている状況があることに注目すれば、病気を理解しやすいと思います。

強い緊張で身体症状が現れたり、恥ずかしい思いをすることを避ける為に不登校になったり、出社拒否したりという状況が、日常生活に支障をきたしていると言えます。

放っておくと、他の心の病気を併発してしまうかもしれません。早期に専門病院を訪れるべきでしょう。治療を受ければ、回復可能な病気です。また、思春期などに発症し、不登校になった子供が実は社会不安障害になっている場合もあるので、親が気づいて、受診を促すことも大切です。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る