TOP > > 人前で話せないのは病気?気になる人は社会不安障害のチェックを

人前で話せないのは病気?気になる人は社会不安障害のチェックを

昔から多かった社会不安障害

人と話したり人前で何かしなければならない時の緊張が強く、社会生活に支障が出てしまう症状を「社会不安障害」といいます。

社会不安障害は昔から多かった障害で、対人恐怖症などが知られています。日本には300万人以上もの患者がいるのではと推定されているので、そう珍しい病気ともいえないようです。

社会不安障害のチェックをしてみましょう

人と話したり人前で何かするのが苦手だという人は、社会不安障害のチェックをしてみましょう。以下の行為で苦手だと感じるものがないかチェックしてみてください。

  • 人前で電話に出る
  • 上司や取引先の人と話をする
  • 人前でスピーチをする
  • 人前で仕事や勉強をする
  • 人前で字を書く
  • 初対面の人と話す
  • 人と違った意見を言う、断る
  • あまり知らない人と視線を合わせる
  • あまり知らない人に電話をかける
  • 人の集まった会場に後から遅れて入る
  • 外出先のトイレで用が足す
  • パーティやグループ活動に参加する
  • 飲食店から人前で食事や飲酒をする
  • 人を用事に誘う

これらは多かれ少なかれ誰でも苦手と感じることのある行為ばかりです。しかしこれらの行為に対して強い苦手意識があり、回避したいと感じるものが多い場合には社会不安障害の疑いがあるかもしれません。

社会不安障害の種類

社会不安障害には次のような種類があります。

・対人恐怖症・・・人と接する時に極度に緊張してめまいや動機などの身体症状が起こる。
・赤面恐怖症・・・人と接する時に緊張から赤面してしまう。
・視線恐怖症・・・人の視線が気になって緊張してしまう。
・電話恐怖症・・・電話をかけたり出たりするのが苦手。

これらの社会不安障害には「また起こるのではないか」という強い不安を伴い、苦痛から行為を回避しようとするのが特徴で、重い場合には社会生活に支障が出てしまうこともあります。

早目に受診を

社会不安障害は性格の弱さから起こるものだと誤解される場合も多いのですがそうではなく、発症のメカニズムには脳や脳内伝達物質に関係があるとも考えられており、専門医の治療が必要な病気になります。

精神科では簡易構造化面接法や社会性不安障害の重度をチェックする尺度によって社会不安障害かどうか判断します。(ちなみに上記のチェック項目のような内容です。)

社会不安障害の治療には薬物療法や認知行動療法が用いられます。社会不安障害はうつ、アルコール中毒、パニック障害などを併発しやすいため、早めに受診して治療を行うことが必要です。

社会不安障害は治療によって改善しやすい病気と考えられています。もし一人で不安に悩んでいるという人は一度精神科、心療内科を受診してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る