TOP > 社会不安障害

社会不安障害を知ろう

社会不安障害とは、SADとも呼ばれ、性格などの問題ではなく、心の病のひとつです。他人に悪い評価をされ、また繰り返すのではないか。

注目される行動(人前で、話すことやご飯を食べること、電話に出る、文字を書くなど)に強い不安を感じ、苦痛を伴う。など、本人が不安だと思う場面に直面したとき、顔がほてる、息苦しくなる、動悸がする、口が渇く、汗をかく、めまいやパニック発作を起こす、などの症状が身体に現れます。

これらの不快症状や、不安感、恐怖を起こしたくないという思いから、自分の苦手な場面を避けるようになるため、日常生活に支障をきたすようになります。

思春期から大人でも若い世代の方に発症することが多く、次第に慢性化し、人前に出ることに恐怖を感じるようになって「うつ病」などの精神疾患の引き金になることにもなりかねません。

この社会不安障害は、まわりの方が思っている以上に患者本人は悩んでいる場合が多く、うつ病の方よりも自殺を考える方が多いという統計もあります。苦しい間は急かすようなことはせず、病気なのだという理解をし、見守ってあげてください。

こちらのカテゴリでは、社会不安障害の病気かどうかのラインについて、社会不安障害のセルフチェックの方法、社会不安障害の治療方法、などをご紹介しています。

病気のボーダーライン

社会不安障害なのか、単なる恥ずかしがり屋なのかを見極めるのは難しいことですが、はっきり分かるものとして、日常生活に支障をきたしているか、いないかが上げられます。

人前に出ると強い緊張のために体が動かなくなる。恥ずかしい思いをすることを避けたいがために、登校拒否、出社拒否をする。などが、日常生活に支障をきたすと言えるものです。治療を受けることで、回復可能な病気ですが、周囲の人の理解が必要となります。

・病気かどうかのライン
緊張しすぎる貴方は単なる恥ずかしがり屋?それとも社会不安障害?

社会不安障害かどうかをチェックする項目がありますので、ご紹介します。ご自分でセルフチェックをされてみてください。また、と一言で言っても、社会不安障害はいくつかの種類に分けられます。

対人恐怖症、赤面恐怖症、視線恐怖症、電話恐怖症です。これらに当てはまる症状があるという方は、早めに病院を受診しましょう。早く治療を始めれば、それだけ悩みから早く解放されることにつながります。

・セルフチェックをしてみよう
人前で話せないのは病気?気になる人は社会不安障害のチェックを

社会不安障害の治療方法とは

社会不安障害は、社会というよりも人との社交に強い不安を持つことから、2008年に、日本精神神経学会により社会不安障害から社交不安障害に名称が改められました。

社交不安障害の方というのは、うつ病の方よりも自殺願望が強く、周囲の人が思っているよりももっと深刻に自分の症状に悩まれています。

治療としては、他の精神疾患と同じく、薬物療法と精神療法が用いられます。精神疾患の薬というのは即効性がないため、飲み続けることが必要となります。周囲の方は、不用意な言葉をかけないよう注意し、薬をきちんと飲んでいるかなどのサポートをされてください。

・社会不安障害の治療法
7人に1人がかかえる社会不安障害とは?そしてその治療方法について

社会不安障害に効果がある食材とは

社会不安障害は、気の持ちよう、性格などではなく、心の病です。そのことをしっかり理解されてください。社会不安障害の方は、常に不安と向き合っている状態にあります。

その不安を抑える効果があるとされている食材がありますので、ご紹介します。爽やかな香りを持つ柑橘系のオレンジは、その香りを嗅ぐだけでも不安が解消されることが分かっていますし、カモミールティーには抗不安物質の薬と同じ効果をもつ成分が含まれています。

これらの食品を積極的に摂取することで、不安が軽減できるでしょう。

・効果があるオレンジ
人付き合いが苦手…「社会不安障害」の治療にオレンジが役立つ!

あがり症の克服

あがり症のお子さんというのは、自分に自信がないお子さんに多く見られます。日本は協調性を大事にした教育であるため、同じことができないと仲間外れにされたりしがちです。お子さんの苦手なことではなく、得意なことを伸ばす子育てを目指しましょう。

また、親の都合でお子さんの評価をしないように。どんなお子さんにも良い面があります。その面に自信を持たせてあげてください。

・子供の上がり症
子供のあがり症は必ず克服できる!基本的な4つの対応策

あがり症を放置していると、社会不安障害に発展していく恐れがあります。人前でのスピーチや文字を書く、何かを食べるという行為の最中に、人目が気になることから起きるものです。

ですが、案外人というのはそう気にしていない場合が多いので、ネガティブに捉えないように気を付けましょう。話すことにコンプレックスがあるという方は、普段からトレーニングをしておくというのもよい方法です。

・自分に向き合う
放置すると不安障害に悪化も?あがり症を自分で克服する方法とは

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る