TOP > 風疹

風疹を知る

風疹とは風疹ウィルスに感染することによって発症する疾患で、発熱、発疹、リンパ節が腫れます。好発年齢は5歳から15歳ですが最近は大人の間で流行しています。

さらに、女性が妊娠初期に感染した場合、先天性風疹症候群が起こる可能性があります。風疹は感染症法により第五類感染症に指定されており、感染時は届出の対象になっています。学校保健法では発疹が消えるまで出席停止になります。

風疹は「3日はしか」とも呼ばれていますが、はしかとはまったく別の感染症です。

・症状
感染初期は鼻水、のどの痛み、咳、リンパ節の腫れ、目の結膜充血など、風邪に似た症状が現れます。その数日後に全身に発疹が出ます(3~5日)。

発熱もする場合がありますが、感染者の半分くらいは発熱しません。完治するのは1週間から10日程度。子どもがかかった場合は症状が軽かったり、症状が出ない場合(不顕性感染)もあります。

一般的に子どもがかかる病気という認識が強いですが、風疹抗体のない大人がかかると重症化しやすく、脳炎や肝機能障害なども併発してしまうことがあるため、気をつけなければなりません。

潜伏期間が2~3週間で、感染者の咳やくしゃみなどの飛沫により感染します。

・治療法
もし風疹にかかっても慌てることはありません。風疹は強い症状がなく、自然に治ります。治療方法は特になく、発熱で辛い時に、解熱剤を使用する程度です。ただし、大人は重症化しやすいので気をつけましょう。

予防について

予防方法としては予防接種があります。子どもの場合1歳代で1回接種、二回目が小学校入学の前年に1回。他、流行している時は、大人でも風疹の抗体を調べて抗体がなければ予防接種しておくとよいでしょう。

女性は接種後2ヶ月間は避妊しなければなりません。また、マスク、手洗いを徹底していれば流行していてもかかりにくくなります。

・抗体がつきにくい人もいる!?
基本的に1度かかると2度とかからないと考えられている感染症ですが、ごく稀に以前風疹にかかったことがあっても2度かかる人もいます。

予防接種も同様に、なかなか抗体が付かない人も全体の5%くらいいます。特にこれから妊娠する可能性のある方は妊娠前に一度風疹の抗体検査を受けておくと安心です。もし抗体がつきにくい体質だとわかってもマスクと手洗いで防げます。

1度かかったからと安心できない!風疹は2度かかることがあるらしい

・大人がかかると怖い!風疹を予防しよう
もともと風疹は特別な治療をしなくても自然治癒する病気ですが重症化すると合併症や先天性風疹症候群など恐ろしい病気を併発してしまうこともあります。正しい知識で予防し、大人になってからの発症を防ぎましょう。

貴方は抗体を持っていますか?本当は恐ろしい風疹の正体を探る

・予防接種の副反応について
予防接種には副反応の可能性があることをご存知ですか?軽いものから重篤なものまであります。軽いものですと発疹、発熱、リンパ腺の腫脹、関節痛などで、風疹の症状が軽く出るような感じになります。

しかし、重篤なものになるとアナフィラキシーショック、血小板減少性紫斑病など命に関わることもありますので、きちんと理解し、納得したうえで、体調のよい時に受けるようにしましょう。

また、心臓血管系疾患、腎臓、肝臓に疾患のある方、発育障害などの基礎疾患や過去に接種後2日以内に発熱、アレルギー反応のあった方、過去にけいれんを起こしたことのある方。

また過去に免疫不全の診断を受けたこと、もしくは近親者に先天性免疫不全の方がいる方など予防接種を受ける際に医師に相談しなければいけない方もおられます。

特に小さな子どもの中には熱性痙攣を起こしやすい子もいます。接種の前にしっかりと今までの既往症などを医師に伝え、相談した上で接種しましょう。

風疹大流行に注意

2012年4月頃に東南アジアで流行し始め、海外旅行などで渡航した人々が感染し、日本で発症し始め、2013年頃より日本でも爆発的に流行しています。2014年に入り、大きく減少していますが、まだまだ油断はできません。

日本中でも大流行!風疹ってどんな病気?予防は?大人も急増中!

・20代から40代の男性に感染が多い理由は?
昭和37年から54年生まれの男性は風疹の集団予防接種を受けておらず、昭和54年から62年生まれの人は女性も集団接種が廃止になってしまい、個人で受けに行かなければならなくなったため接種率が低くなり、抗体のない人が多くなっています。

女性で20代後半から30代後半の方もかかりやすくなっています。その年代に当てはまる方は自分に抗体があるかどうかを一度確認しておきましょう。

20~40代の男性は要注意?春から夏に流行する風疹はなぜ怖いのか

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る