TOP > RSウイルス

RSウィルスが引き起こす症状

RSウィルス感染症はRSウイルスが原因の呼吸器の感染症です。特別なウイルスではなく、世界中に分布しており、風邪に似た症状で、子どもから大人まで幅広く感染します。

ただし、乳幼児がかかった場合、重症化することもあるので注意が必要です。特に、低出生体重児や心肺の疾患や免疫不全のある乳児は気をつけなければなりません。

こちらのカテゴリではRSウイルスの症状、予防方法、治療方法、免疫の上げ方についてご紹介しています。

・症状
潜伏期間は4日から6日間で、その後、鼻水、発熱が数日続き、その後よくなることが多いのですが、3割の人に咳がひどくなったり、呼吸困難、喘息のようなゼイゼイヒューヒューという音が聞こえるなどの症状が現れ、重症化する場合があります。

さらに、合併症として無呼吸発作、急性脳症などがあり、突然死の恐れもあります。特に生後1ヶ月未満の乳児は診断が困難な場合があり、死につながる可能性がありますので、気をつけたいものです。

・感染経路
感染経路は飛沫感染です。感染している人のくしゃみや鼻水、感染者と直接接触することや、感染者が触ったものから感染する間接感染などがあります。

予防方法について

RSウイルスは感染力は強いですが、ウイルス自体は強いものではありません。

・実は簡単に防げるRSウイルス

手洗いの励行、乳幼児のおもちゃなど口に入れる可能性のあるものなどのアルコール消毒をこまめに行うことで簡単に防ぐことができます。

重症化しやすい!乳児をRSウイルスから守るために知っておきたい事

・集団生活をしている兄、姉の風邪に注意

集団生活をしている兄、姉が風邪をひいている場合、RSウイルスと気づかないこともあるので、乳児がいる家庭ではたかが、風邪と油断しないことが大切です。

たかが風邪と軽くみないで!RSウイルス感染の危険性とその予防法

・ビールの原料「ホップ」がRSウイルスに効果がある!?
サッポロビールとサッポロ医科大学の共同研究により、ホップにRSウイルスを予防する成分が見つかりました。他にも様々な効能が確認されています。

RSウイルス感染にビールが効果的って本当?ホップの持つ凄い効果

治療法について

RSウイルス感染症の治療法は残念ながらありません。解熱剤を利用する対症療法のみです。
しかし、熱が出るという反応はウイルスと戦っている最中ということなので、むやみに解熱剤を使うことはかえって、ウイルスを元気にさせてしまい、病状を長引かせることにもなりかねませんので、どうしても辛そうな時のみ使用しましょう。

感染時の対処としては水分補給、衣類の調節、室内の湿度の調節、消化の良い食べ物での栄養補給が基本です。しかし、咳がひどくなったり、呼吸困難などになった場合はできるだけ早く、受診するようにしましょう。

大人になるまでに何度も感染しますが、感染するたびに免疫力が高まりますので、RSウイルスにかかっても軽い風邪程度の症状で治まるようになります。

乳幼児のRSウイルス感染が流行の兆し!RSウイルスの正体とは?

免疫力を上げる生活

普段から免疫を上げる生活をしていれば、風邪ひとつひかない元気な子どもになります。風邪のウイルスをもらってきてもちょっと体調を崩すのみで熱を出すことも少なくなるのです。子どもが元気でいてくれるだけで幸せですね。

・母乳で免疫力を上げる
母乳で育てると母親が持っている免疫が赤ちゃんにもつきます。これは有名なことですね。さらに母親が風邪やあらゆる病気を薬なしで治した時にできる抗体はとても強いものだという説があります。

そして、赤ちゃんの成長と共に母乳の成分も変わり、その時にあった免疫がつくのだそうです。最近は母乳が出ているのに1歳前後でわざわざ断乳する人も増えていますが、子どもがいらないというまであげてもよいという考え方もあるほどです。

母乳が出る場合はしっかり母乳を飲ませてあげましょう。

・むやみに解熱剤を使わない
風邪などで出る熱は体がウイルスなどと戦うための白血球を増やすときに出る反応です。ここで解熱剤を使って熱を下げてしまうと体は楽になったように見えますが、脳が勘違いをしてウイルスと戦う白血球を減らしてしまい、ウイルスだけが体に残ってしまうということです。

しかし、しっかり熱を出してウイルスに勝った体は、しっかりと免疫がつき、次にウイルスが入ってきた時に簡単にウイルスを撃退する免疫力がつくのです。最近では解熱剤を出さないお医者さんも多いです。

それはお医者さんがそのことをよく知っているからでしょう。子どもには自分で病気を治す力が備わっているので、風邪などの場合はおうちでゆっくりするのが一番の特効薬です。

・食事で免疫力を上げる
人間の体の中で免疫の鍵を握っているのは腸です。腸を健康に保つことで免疫が上がると言われています。腸内環境を整える食事で免疫力を上げましょう。

ヨーグルトや漬物、納豆などの発酵食品で腸内細菌のバランスを整えることが大切です。その他、酸味や苦味のあるものを取ることでも免疫力が上がります。

他に、かぼちゃのβカロテンには粘膜細胞を強化する働き、梅干には免疫細胞のマクロファージやナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあり、悪玉菌の殺菌効果があり、大根などの淡色野菜には抗酸化作用があります。

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る