TOP > リウマチ

リウマチを探ろう

人間の体の中には、免疫機能というものがあり、ウィルスや細菌が体内に侵入しようとしたとき、その免疫が細菌やウィルスと闘って、体を守っています。

ですが、その免疫が、外部からの侵入者ではなく、自分の体の中を攻撃し始め、筋肉や関節に炎症を起こし、腫れや痛みを伴い、こわばってくる。この症状をリウマチと言います。男性よりも、女性に多く、30代~50代の方に発症する傾向が見られます。

病状が進行すると、関節内部にある軟骨や骨が壊され、変形していき、生活に支障が出てきます。また、倦怠感や微熱、食欲減退などの症状を伴う場合もあり、炎症が肺に及ぶと、息切れや呼吸困難を起こす原因になります。

昔は、リウマチは完治することは難しいとされていましたが、医療が進歩した現在、個人差はあるものの、改善することが出来るようになっています。朝起きたときに、手足がうまく動かない、左右複数の関節が痛む、痺れや痛みがある、などの症状を感じた場合は、早急に病院を受診しましょう。

こちらのカテゴリでは、リウマチの原因について、関節リウマチと呼ばれる女性に多いリウマチについて、リウマチの知識いろいろ、などをご紹介しています。

リウマチの原因とは

リウマチは、遺伝的要素が強い病気だと言われていますが、遺伝でなくても、発症する場合があります。

特に女性は、閉経後に症状が出やすいことから、女性ホルモンと関係しているのではないかと言われています。また、肩こりや冷え症がある方は、発症率が高いという統計もありますので、ストレッチ、血行促進などを心がけると、リスクを下げることが出来るでしょう。

・リウマチになりやすい人とは
リウマチは遺伝だけが原因じゃない!かかりやすい人の3つの特徴

リウマチは、遺伝的要素が強いとされていますが、両親にリウマチの症状があるからといって、必ずしもリウマチになるとは限りません。

ただ、リスクが高いのは事実ですので、症状が出た場合は、早めに病院を受診しましょう。リウマチは放置していても、治ることはなく、悪化するだけです。リウマチの原因を知り、正しい治療を受けましょう。

・身近にある原因
手足にしびれや痛みを伴うリウマチ!意外に身近な3つの事が原因!?

関節リウマチ

リウマチは、免疫異常によるものとされていましたが、腸内細菌が関連しているのではないか?という説が浮上しています。リウマチは、原因がはっきりしない難病でもあるので、その解明は、リウマチ患者の方たちには、何より望ましいことでしょう。

・細菌からリウマチ?
関節リウマチに腸内細菌が関連していた?!

30代を過ぎると、リウマチの症状を訴える女性が増える傾向があります。左右の指の第二関節、または手首などが痛む、痺れるなどの症状はありませんか?もし何等かの症状を感じられているのであれば、早急に病院を受診されてください。

また、リウマチに「冷え」は大敵とされています。体を冷やさないようにすることも、リウマチと闘っていく上では、大切なことです。

・女性のリウマチ
指の関節が痛みませんか?30代の女性に多い関節リウマチを治す方法

リウマチの心得

リウマチの症状が出たら、何科を受診すればいいのか?リウマチは完治するのか?などなど、リウマチに関して、知らないことはたくさんあると思います。その疑問を解明していきましょう。知ること、学ぶことは、リウマチと向き合う上でとても重要なことです。

・リウマチへの疑問
「リウマチは本当に治る?」などの疑問をスッキリ解消!5つのQ&A

関節に痛み、腫れの症状があり、関節や骨を変形させてしまうリウマチ。完治することは大変難しいとされている難病ですが、症状を和らげ、進行を予防することが出来るようになってきています。

自分の指が変形するかもしれないとなれば、不安も強く、怖いという気持ちも分かります。ですが、前向きに捉え、早期治療を始めることで、リウマチは緩和出来ます。落ち込む前に、治療を始めましょう。

・気持ちの持ち方
早期とはいえ、関節リウマチだと言われた!でも、落ち込まないで!

リウマチの患者さんは、体のこわばり、手足がうまく動かないことで、生活していくことに不便が生じます。まずは、リウマチの大敵「冷え」対策に、ホットカーペットや足元用ヒーターなどで、足元が冷えないようにしましょう。

トイレも、しゃがまなくていいよう、洋式トイレにされると便利ですし、玄関や階段などに手すりをつけると、生活が楽になります。不便さを嘆いているだけでは改善しません。リウマチと共に生きる手段を考えましょう。

・リウマチと共に生きる
チョットの工夫で快適生活!リウマチでも快適に暮らす5つのポイント

リウマチから見る合併症とは

リウマチは、免疫異常が大きく関係していることもあって、様々な合併症を起こすことがあります。リウマチだけでも厄介なのに、合併症までとなると、更に困ったことになります。

リウマチを専門としている、リウマチ科、または整形外科などで、適切な治療を受け、合併症のリスクを上げないようにしましょう。

・リウマチの合併症
こんなにあった!リウマチの恐ろしい合併症一覧!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る