TOP > > 足がむずむずする!むずむず脚症候群の原因と検査、治療について

足がむずむずする!むずむず脚症候群の原因と検査、治療について

脚を動かさずにじっとさせていると、膝から下のあたりに違和感を覚えたり、虫が這っているような感じがして動かさずにはいられない。気のせいかもしれないけどやっぱり気になる・・・

そんな症状に心当たりがあったら、それは「むずむず脚症候群」という病気かもしれません。

悪化すれば眠りを妨げされるほどなのに、医師の間でさえも認知度はまだまだ高いとは言えないために診断がつくまでに時間がかかる場合もあります。

あまり一般的な病気ではありませんが、誰にでもかかり得る病気です。

そこで今回は、日常生活の中で簡単にできるむずむず脚症候群の改善方法をご紹介していきます。病院での治療と並行して実践していく事で、完治の道が近くなるかもしれませんよ。

むずむず脚症候群とは?その症状と原因

むずむず脚症候群は日本人の約2%~約5%程度がかかる病気とされ、日本人の発病者数が約200万人程度とそれほど多くありません。

また、日本人でむずむず脚症候群を発症する人は40代以上の女性に多いという傾向があります。もちろん男性患者さんもいらっしゃいますが、割合としては女性の方が1.5倍近くも多くなっているのです。

日中と比べ夕方~夜にかけて症状が出ることが多く、その不快感から睡眠障害を起こすことがあります。

夜中にしっかりとした睡眠がとれず、日中の疲労感や集中力の低下など日常生活にも支障をきたしかねません。夜だけでなく飛行機や映画館といった長時間同じ体勢でいなければならないようなシチュエーションで脚を動かさずにはいられない場合は、むずむず病の疑いがあります。

むずむず脚症候群の症状

横たわっている時やじっとしている時に主に脚にむずむずするような異常な感覚、不快感を伴う病気です。脚に起こりやすいのですが、腰に感じることもあります。また下肢以外に上半身など全身に症状があらわれることもあります。

  • むずむずと落ち着かない感覚
  • 虫が這っているような感覚
  • 針やピンで刺されたり、皮膚をぞぞっとなぞられているような感覚
  • 火照り
  • かゆみ
  • ぴくぴくする
  • 痛み など

人によって訴える感覚や強さが様々なので、医師も判断がつけにくいところがあるのも実情です。

やっかいなのは、じっとしていると不快感が強くなる事です。悪化すると毎日寝床に入るたびに起こるため、不眠を訴える人が多いのです。

足だけでも辛いのに、

  • 背中
  • 腹部
  • 腰 など

にまで広がってくることがありあます。むしろ足よりひどいという人もいますので、長引く不快な症状があれば、早めに病院で相談をしてみましょう

男性より女性に多い?むずむず脚症候群の原因とは

いまだにはっきりした原因は分かっていませんが、神経を伝達する物質のドーパミンや、鉄分が不足していることが関わっているのではないかと言われています。

女性はどうしても生理が起きるために鉄分の不足を招きやすくなります。妊娠がきっかけで起こるのも、体内の環境が変化するからかもしれません。日頃から栄養バランスを意識して食事を考えましょう。

もうひとつ言われているのは、脳からの指令がずれて伝わっているのではないかということです。筋肉が思う通りに動くのは脳から指示が出ているからですが、この指示が、何かの原因できちんと伝わらないために、神経や筋肉がうまく動いたり休んだりできなくなっているというのです。

そのほか、体質遺伝やほかの病気によって二次的に発症することが原因と考えられます。二次的にむずむず脚症候群を引き起こしやすくなる原因には次のようなものがあります。

  • 妊娠
  • 糖尿病
  • 慢性腎不全で人工透析を受けている人
  • パーキンソン病
  • 甲状腺機能低下症
  • 関節リウマチ
  • 線維筋痛症
  • うつ病で投薬を受けている人 など

この病気は放置しておくと睡眠不足やストレスから強い疲労感、うつといった症状を引き起こすので、早めに気づいて対処することが大切です。

むずむず脚症候群の症状を緩和する方法5つ

なかなか寝付けないときには冷湿布をふくらはぎに貼ってみてください。ヒンヤリとして脚の不快感を感じにくくなる効果があります。

そして、日常的に以下の5つのことを実践しましょう。症状が和らぎ、継続することで完治することができるかもしれません。

むずむず脚症候群の改善方法1.マッサージ

むずむず病の対処法としてまず試してみたいのがマッサージです。

夜寝る前に脚を揉み解し、こわばった筋肉を緩めてあげましょう。また青竹踏みのような足で踏めるものを用意して足の裏に圧力をかけるなど、膝下のふくらはぎから足裏まで丁寧にマッサージしましょう。

むずむず脚症候群の代表的な症状は、脚を動かすとムズムズ感が消えていくと言う事です。じっとしていると、脚がムズムズしてじっとしているのがつらくなります。しかし、脚を動かすことで、そのムズムズ感は嘘のようになくなってしまいます。

この症状に有効なのがマッサージなのです。とんとんと軽く叩く、リンパの流れを促すようにゆっくり揉む、といったマッサージをするだけで、症状が緩和されますのでお試しください。

むずむず脚症候群の改善方法2.カフェインとアルコールを控える

日常生活の中で出来る予防方法は、カフェイン・アルコール類を控える事です。でもなぜカフェインやアルコール類が良くないのでしょうか?まずは、カフェインがむずむず脚症候群に悪影響を及ぼす理由をご紹介します。

カフェインには覚せい作用があります。つまり、眠れなくなる可能性があるのです。むずむず脚症候群は、不眠を伴う症状が出る事も珍しくありません。

それに加え、カフェイン配合のコーヒーや緑茶などを飲むと、不眠症状が悪化する可能性があります。また、ムズムズ症候群の症状自体を悪化させることもあるのです。その為、カフェインを飲むことを止める事がむずむず脚症候群の予防につながるのです。

では、アルコール類がむずむず脚症候群に悪影響を及ぼすのはなぜなのでしょうか?それは、アルコールにはむずむず脚症候群の症状を悪化させる作用があるからです。

毎日お酒を飲むのが生きがいと言う人には、少し酷ですが病状を悪化させない為にもアルコールは控えてください。そうすることで、むずむず脚症候群の不快な症状から解放されるかもしれませんよ。

むずむず脚症候群の改善方法3.鉄分を摂る

ずむず脚症候群の発症原因については、いまだに解明されていない部分も大きいです。ただ、鉄分不足が発症原因になっているのではないという声もあるのです。

日本人は鉄分不足の人が多いと言われていますよね。鉄分が多い食材、

  • 青魚
  • レバー
  • ブロッコリー
  • ホウレンソウ
  • あさり

などをしっかり日常的に摂りたいものです。

むずむず脚症候群の改善方法4.軽めの運動を続ける

むずむず脚症候群の予防改善方法は、毎日軽めの運動を続ける事です。やはり毎日続ける事が大切ですから、最初張り切りすぎて2日~3日でやめてしまっては元も子もありません。ですから、毎日無理なく続けていける運動を見つけてください。

  • ウォーキング
  • 軽いジョギング
  • ストレッチ
  • ラジオ体操

など、なんでもいいのです。ご自身にあった毎日続ける事が出来る運動を探しましょう。

むずむず脚症候群の改善方法5.寝る前に温める?冷やす?

眠る前に温かいお風呂につかったり、冷たいシャワーを浴びたりすることです。でもこれでは、温かい方が良いのか、冷たい方が良いのか分からないと言う人もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、人によって温かいお風呂に使った方が良い人と、冷たいシャワーを浴びた方が症状が改善する人とに別れます。どちらが合うのかに関しては、実際に試してみなくては分かりません。ですから、両方試してむずむず脚症候群の症状が改善された方を続けていきましょう。

むずむず脚症候群は睡眠外来へ!検査方法、薬による治療について

むずむず脚症候群にかかると、病院で治療を受ける事となります。でも、いったいどのような検査や治療が行われているのでしょうか?治療方法などを知らないと、何となく不安で病院に行きそびれたりしますよね。

むずむず脚症候群はそれほど患者数の多い病気ではありません。その為、行く科によっては、うつ病などと誤診されることもあります。そこでお勧めしたい科は、睡眠外来などの睡眠障害に強い科です。

むずむず脚症候群は不眠の症状をともなう為、睡眠外来のドクターはむずむず脚症候群に関する造詣が深いのです。つまり、誤診されるリスクが低いと言う訳です。

他には

  • 精神科
  • 神経内科
  • 睡眠障害の専門医がいる病院

で相談するのがよいでしょう。

本人は悩んでいるのに周りの人からはなかなか理解してもらいにくい病気でもあります。軽視することなく専門医に相談することで周囲の理解を得られるかもしれません。

むずむず脚症候群の検査方法

むずむず脚症候群は、病院でどんな検査がされるのでしょうか?主な検査方法は2種類あります。

血液検査

血液検査では、鉄が欠乏していないか、糖尿病などの基礎疾患がないかなどを調べます。

むずむず脚症候群は鉄が欠乏する事が原因で発症する事も多いと言われているため、血液検査でこういった項目が調べられるのです。

終夜睡眠ポリグラフ検査

終夜睡眠ポリグラフ検査は、1泊2日の入院を伴います。むずむず脚症候群だけでなく、睡眠時無呼吸症候群の時にも同様の検査が行われます。

終夜睡眠ポリグラフ検査を受ける事で、睡眠時の体の機能についてや、睡眠の状態について知る事が出来ます。その為、正確に「むずむず脚症候群」か「否か」が把握できます。

病院では問診と血液検査、終夜睡眠ポリグラフ検査などが行われるという事になります。

終夜睡眠ポリグラフは入院を伴う検査とはなりますが、保険適応内で受ける事ができます。その為負担額は10000円前後とそれほど大きくありません。

むずむず脚症候群に処方される薬

実際にむずむず脚症候群であることがお分かった場合、いったいどのような薬が処方されるのでしょうか?もちろん病院や患者さんによって処方される薬は異なりますが、

  • ドーパミン受容体作動薬
  • ドーパミン製剤
  • 抗てんかん薬
  • 抗痙攣薬

などがむずむず脚症候群の治療薬として使われることが多いようです。

このように病院で、問診、血液検査、終夜睡眠ポリグラフ検査などで病気の症状を確認します。そして、それぞれの病状に合わせて薬が処方されるのです。

軽度のむずむず脚症候群の場合、薬で簡単に治る事もあります。ですからむずむず脚症候群が疑われる場合は、早めに病院で診察を受けましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る